伊坂幸太郎のおすすめ作品ランキング!過去の映画化作品の一覧も♪

2015年11月に公開される映画「グラスホッパー」、ご存知ですか?

この作者である伊坂幸太郎さんですが、この作家さん、新作を書いては毎回話題作として注目を集めるんです。

もう、これはもうスルメと一緒の効果ですね。
「噛めば噛むほど味が出る」というのが伊坂幸太郎の味です!

そこで!
今回は一度入ると病みつきになる、伊坂幸太郎ワールドへの誘いとしましてオススメ作品のランキングなんてものをご紹介いたしましょう!
過去に、どんな作品が映像化されてるのか?なんていうものも一覧としてご紹介しますね。

ではでは、早速いってみましょー!(^^)/

Sponsored Link

伊坂幸太郎でオススメ作品って何があるの?!

大好きな作家さんの作品を紹介する時に、何を基準に選べばいいのかなんてすごく迷っちゃいますよね!
これはもう私の独断と偏見によるものだと思いますが、次に本や映画で何にトライしようか迷った時の参考にしていただけたら、と思います(^^)

ちなみに!

伊坂幸太郎さんの作品というのは、語り手が次々と変わっていくタイプの作品が多いのです。
核になる人物が必ず複数います。
そしてその核になる人物が巧妙に交差していくんですね。

そこでミステリーが深まったり、サスペンスになったりとします。
この時の登場人物が交錯する瞬間が、何とも言えない伊坂幸太郎作品の醍醐味であり、中毒性が強くなるんですよ(^^)

では今回はオススメ作品、10本をランキング形式でご紹介しましょう!!

Sponsored Link

伊坂幸太郎 オススメ作品 第10位!「死神の精度」

さっき、核となる人物が複数出てくるんですよって言ったにも関わらず、この作品は死神「千葉」が1人で主人公をしています。

でも、物語は彼の話だけではありません。
死神「千葉」に課せられた使命は、7人の人間の「死」を見届けることなんです。

つまり短編が7本あると考えていただければいいかと思います。
死神サイドから見た「人間」というのが非常にリアルで伊坂幸太郎さんの空想力に感服します。

しかも、この話、最後の7人目を読んだ時に、ホロリ、とさせてくれます。

伊坂幸太郎 オススメ作品 第9位!「重力ピエロ」

主人公は血が半分しか繋がっていない兄弟です。
しかもこの弟の「春」は、兄にとっては自分の母が無理矢理にその・・・された時にできた子供なんです。

なんとも救いようのない暗い話のような気がぷんぷんしますよね!
でも、伊坂幸太郎さんはこのどうしようもない暗い話も超軽快なタッチで進めていくんです。

伊坂幸太郎、おそるべし!です。

物語の全体を流れるのは遺伝子の話です。
暗い上に難しいからどうかなあ、と思わなくても大丈夫です。
なんか知らないけど、全部読んでた、って感じになりますよ(^^)

伊坂幸太郎 オススメ作品 第8位!「陽気なギャングが世界を回す」

今回の主人公は、「銀行強盗」です。
4人組です。

読んでいると、その登場人物がすごく濃くて、銀行強盗なのに、陽気なんです。
何というか、ルパンを見た時のような爽快さがこの小説にはありますね。

この作品を読んでいると、時系列をうまくトリックに使って、何度もページを行ったり来たりして読みました(笑)

続編もありまして、かなり人気度の高い作品だと思います。
続編も併せて読みたい人はこちら

伊坂幸太郎 オススメ作品 第7位!「フィッシュストーリー」

4本の短編集です。
何だか伊坂幸太郎で短編ってすごく珍しい感じがします。

どの作品も甲乙つけがたく、何をお勧めしようかと考えたんですが、やっぱりここは表題にもなっている「フィッシュストーリー」かなあ、と思います。

この話しは売れないバンドが作った1枚のCDが奇跡を起こすという話です。
もしかしたら「地球を救う」かもしれない?!なんていう結構スケールの大きな話ですね。

分量やページ数も他の作品に比べて少ないので、短時間でスカっとできる作品ですよ。

伊坂幸太郎 オススメ作品 第6位!「グラスホッパー」

グラスホッパーの意味はこの作品に出会うことで知りました(笑)
意味は「バッタ」そしてアメリカのロケットという意味もあるようですね。

このグラスホッパーのあらすじについては、激しくネタバレしてますがこちらの記事をどうぞ


更に、この続編・・・というか、同じ世界観を受け継いだ話があります。

それが「マリアビートル」です。
併せて読みたい作品ですね。

伊坂幸太郎 オススメ作品 第5位!「魔王」

他人にある言葉を喋らせることができる安藤。
賭けごとに滅法な強さを見せる安藤の弟、潤也。

この兄弟が主人公です。

時代は現代ではなく犬養首相を中心とした少数野党が勢力を持ち始めた時です。
一党独裁になりそうな日本で、1つの論派に傾いてしまいそうになっている時に、1人の人間として何ができるのか?
という、もしも、の話です。

完全フィクションなんですが、それでも1人の人間としてとっても考えさせられる深い物語です。

そして、これにはガッツリ続編があります。
そのタイトルは「モダンタイムス」

この作品、上下巻あり、ボリュームもすんごいことになってるんですけど、是非とも併せて一気に読みたいです。
この「モダンタイムス」は時代が現代になっていて、主人公はSEことシステムエンジニア!

しかも内容は、検索エンジンで「あるキーワード」を検索した人間が襲撃される、といったちょっと衝撃的なテーマです。

こんなにもネット依存している私としてはいつ襲撃されるかわかったもんじゃありませんよ。

伊坂幸太郎 オススメ作品 第4位!「ラッシュライフ」

伊坂幸太郎が注目されるきっかけとなった作品です。

全体を通して展開される物語は4つ。
この4本の物語が交錯し、ぶつかり合い、やがて一本に繋がっていくのは「さすが!」の一言に尽きます。

主人公は、泥棒を生業としている男は新たなカモを物色中。
父親が自殺された青年は神に憧れる。
女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。
職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。

この4人の物語がそれぞれ交わる始まりは「歩くバラバラ死体」という何とも奇妙な現象。

もう、ページをめくる手が止まりません!

伊坂幸太郎 オススメ作品 第3位!「ゴールデンスランバー」

首相殺害の濡れ衣を課せられた男が主人公です。
実際のモデルはケネディ大統領殺害の罪を着せられたオズワルトです。

主人公は完全な濡れ衣ですから逃走劇が中心です。
しかしこの逃走劇の息もつかせないほどのスピード感は他にありあませんよね!

サスペンスでもあり、スリルでもあり、そしてエンターテインメント作品でもあり!
最後はホロリ、ですね。

伊坂幸太郎 オススメ作品 第2位!「オーデュボンの祈り」

デビュー作です。
伊坂幸太郎を語るならこの作品を外してたら、笑われちゃいますよ!!
それぐらいの衝撃作です。

コンビニ強盗に失敗した青年、伊藤はある島にたどり着きます。
そこでは驚くべきことに人語を操り未来を予知できるカカシ「優午」が島民から崇拝されています。

しかし、そんな「優午」、ある日、殺されちゃうんです!
なんと被害者はカカシ!!

なんで自分の未来を予知できなかったのか?

「オーデュボンの話を聞きなさい」

という「優午」の最後のメッセージを元に、伊藤が真相に迫っていくのです。

何とも不可思議な世界にはまってしまう感じですね。

伊坂幸太郎 オススメ作品 第1位!「アヒルと鴨のコインロッカー」

やっぱり色々悩みましたが、不動の一位はこれでしょう?!
これこそ!これこそ!!!って感じなんですよ。

引越してきたアパートで知り合ったのは見るからに悪魔な感じの青年でした。
初対面なのに、この青年は「一緒に本屋を襲わないか?」とか「狙いは広辞苑一冊」なんていうどうにも信じられない話ばかり。

それなのに主人公は襲撃の夜、モデルガンを手に取り本屋の裏口に立ってしまうんです!!

さあ、続きが気になってきたでしょう?!
とっても面白いから是非とも読んでくださいね!

こんな風に、オススメ作品、10個をご紹介しました。
本当にどれもこれも伊坂ワールド全開でして。

もう一本、選べと言われたらとっても困るんですが、最近読んだ中で面白かったのを1つご紹介すると
「火星に住むつもりかい?」です

番外編、ということで、こちらも是非!

初心者にオススメ作品!

魅力は分かったけど、活字ってなんか苦手なんだよね~。
なんていうあなた、分かります!その気持ち。

私も人に勧めても勧めても、活字はちょっと・・・と敬遠されたことはあるんです。
しかも、多数。

そこで、伊坂幸太郎さんの作品で初心者でも無理なくサクっと読めるものをご紹介しましょう。

初心者でも気軽に楽しめる伊坂幸太郎ワールド その① 「チルドレン」

何故、これをお勧めするのかというと、これはそこまで重たくない小説だからです。

小説初心者だとしてもいつの間にかページが進み、気が付くと読み終えてた、という具合になるものなんですよ。
コアなファンの中では「チルドレン」という作品は「あんまり・・・」と評判が良くないのですが、最初のとっかかりとして読むのならこれがいいのかもしれませんよ(^^)

初心者でも気軽に楽しめる伊坂幸太郎ワールド その② 「砂漠」

次にオススメしたいのはこの作品です。

麻雀が好きな方ならぜひともこれを読んでみて欲しいですね。
主人公は大学生で、彼らの学生生活がテンポよく展開されています。

ネットでも

「硬すぎず、でも軽薄じゃない。
軽快なテンポな上にちょっとしたサプライズ」

との評判です。

文庫にもなっていますので、ハードカバーを手に取るのはちょっと・・・と思われた方でも行けるんじゃないでしょうか?

他にもたくさん・・・

他にも多数ありますので、本当に作品を読むときに必要なのは相性だと思います。
初心者が読みやすい、と感じるのは先にオススメ作品で紹介した「死神の精度」も短編集(連載ではありますが)なので、一話完結で読みやすいかと思います。

しかもこの短編集、物語は変わっても「千葉」という主人公は変わりませんので、混乱もしないのでは?と思います。

あとは、ロックが好きなら「フィッシュストーリー」がオススメですし、
ユーモアがぎっしり詰まった、「ジャイロスコープ」なんかも読みやすいですよ。

「ジャイロスコープ」も短編集です。
7つほど入ってますが、2015年6月に発売されたので最近の伊坂幸太郎さんを気軽に楽しむことができるんじゃないでしょうか?

ああ、本当に才能のある人って羨ましいですね(*^_^*)

最近では半身浴と共に、読書をなんて方もいらっしゃいますから、伊坂幸太郎さんの本をお風呂場に持ち込んで大笑いしながら入浴、なんてのもいいんじゃないでしょうか?

(P.N.オレンジ)

こちらの記事もあわせてどうぞ♪


以上「伊坂幸太郎のおすすめ作品ランキング!過去の映画化作品の一覧も♪」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

映画グラスホッパーのあらすじを完全ネタバレ!原作小説の結末を暴露!
映画グラスホッパーのキャスト一覧!銀髪の殺し屋の山田涼介が話題!
実写映画四月は君の嘘のあらすじをネタバレ!広瀬すずらキャストの紹介も
2015年秋ドラマのあらすじ一覧!視聴率予想と原作も紹介!イケメン多め♪

[TVドラマ・映画]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ