芸能人・有名人のウワサ話

中村佳穂の高校大学や経歴などプロフィール!京都発の大天才と言われる理由やおすすめ曲一覧

細田守監督の新作「竜とそばかすの姫」の主題歌を担当している中村佳穂ちゃん。
新進気鋭のシンガーソングライターなんですよ。

その才能に対する評価は高く「京都発大天才」と言われています。
いや、これは間違いないですよ。

今回は、中村佳穂ちゃんの

  • 出身高校
  • 出身大学

などのプロフィールについてご紹介します。

また大天才と言われる理由、おすすめの一曲についても詳しくご紹介しましょう。

Sponsored Link

中村佳穂のプロフィール

名前:中村佳穂(なかむら かほ)
生年月日:1992年5月26日
出身地:京都府
好きなもの:絵と音楽

2歳のころからピアノを始め、音楽のたのしさにのめり込んでいきます。
ご両親は教師をされていたようで、習い事はたくさんだったということです。

その中でも好きだったのが、ピアノと絵画で幼稚園の頃から自分の将来は絵か音楽か本気で悩んでいたようです。
それは高校に入っても答えが見つからず、高校時代は美術部と吹奏楽部に所属していました。

吹奏楽部では「フルート」と「サックス」を担当していたそうです。
更に、指揮者としても活躍していたんだとか。

大学入学直前までどちらに進むか迷いに迷い、音楽の道に進むことを決め、20歳ころから本格的に活動を開始。
その後、26歳にはスペースシャワーミュージック内に自身のレーベル「AINOU」を立ち上げて、同じタイトルのアルバムを発売します。

才能をメキメキを発揮していくことになるんですが、幼少期から常に音楽に触れる機会が多く、お母さんの影響を強く受けていたようです。

Sponsored Link

中村佳穂の出身大学は?

音楽の道に進むことを決めた大学時代。
中村佳穂ちゃんの大学どこだったのか、というと、京都精華大学です。

この大学はすごくアーティスティックな大学で、面白い学部もあります。
例えば「マンガ部」とか「デザイン部」など。

その中でも中村佳穂ちゃんは「人文学部」を専攻していたようです。
実は中村佳穂ちゃん、美大に進学することが決まっていた時期もありました。

美大に進学して、絵を描きながら音楽も・・・という気持ちでいたんだそうです。
しかし、卒業制作を描いている時に涙があふれたんだそうです。

何故涙が出てきたのか。
それは泣きたいほど音楽がしたい、と言う自分の気持ちの表れだったと言います。

この事から美大に進むのを辞め、京都精華大学に進学することを決めたんですね。

中村佳穂の出身高校は?

出身高校については不明です。
しかし、美術色の強い普通科だったと言っています。

この時についていたあだ名が「人間ジュークボックス」。
何故かというとともだちが中村佳穂ちゃんに「次はこの曲!」とリクエストするんだそうです。

そこで、中村佳穂ちゃんはアレンジを加えながらリクエストの曲をピアノで演奏していたんだとか。
これって簡単そうに見えて、相当なピアノの腕前がないとできませんよ。

しかも素敵にアレンジするんですからすごいですよね。
その時に友達に言われた曲を即興で演奏するんですから、譜面があるわけでもありません。

こう考えると相当な音楽センスが必要になってくるんですよね(^^)

京都発大天才と呼ばれるのは何故?

中村佳穂ちゃんは「京都発大天才」という通り名(?)があります。
一体誰がそんなことを言いだしたのかは分かりませんが、中村佳穂ちゃんの実力ならそう呼ばれても不思議ではありません。

そしてその名前を裏付けるように、多くのアーティストさんたちが彼女を認めているんです。

例えば、

高野寛さんです。
ミュージシャンとしても活躍されていて、実は京都精華大学の特任教員としても活動されています。

中村佳穂ちゃんが在学していた時も講義をしていて、高野寛さんは「ポピュラーカルチャー学部」でした。
中村佳穂ちゃんは「人文学部」なので、学部が違うんですが、高野寛さんの講義に出たり・・・と交流があったようです。

更に、「くるり」の岸田繁さんも中村佳穂ちゃんについて

こんな風に語っています。

他にも

米津玄師さんも称賛しています。

これには驚いたようで、中村佳穂ちゃんが

ツイッターでこんな風に反応していました。
そりゃあ、米津玄師さんにこんな風に言われちゃったら驚きますよね。

米津玄師さんも、岸田繁さんも、高野寛さんも一流中の一流なので、その人たちが中村佳穂ちゃんを「すごい」と言っているんです。
なので、中村佳穂ちゃんが「京都発大天才」というのも頷けますね。

中村佳穂ちゃんのおすすめの曲!

ではでは、そんな中村佳穂ちゃんを知っていく上で是非とも聞いて欲しい曲をランキングで7曲ご紹介します。

第1位「きっとね!」

いや、本当に、音楽のセンスの塊というものを見せつけられた一曲です。
中村佳穂ちゃんの曲はたくさんありますが、その中でも、一番素晴らしく評価も高い曲ではないでしょうか。

数々の音楽番組でも何度か紹介され、中村佳穂ちゃんを知らなくてもどこかで聞いたことがあるかも?という人も多いのではないでしょうか?

第2位「そのいのち」

続いては随分と迷いましたがこの曲です。

すごく良い意味でラフに聞くことができる歌だと思いました。
それでいてどこかゴスペルのような曲調で、一緒に「あ~~~」とか歌っちゃってる自分がいるんですよね。

良い歌です。

第3位「忘れっぽい天使」

3位はこちらです。

前半の曲が「忘れっぽい天使」そして、後半の曲が先ほどご紹介した「そのいのち」ですね。
中村佳穂ちゃんの独特の声で、透き通るような歌詞が突き刺さってくるんですよね。

第4位「AINOU」

第4位はこちらです。

自分で音楽活動を始めた時に、最初の一曲として送りだしたのが「AINOU」という曲です。
フジロックフェスで演奏したようです。

本当に嬉しそうに歌っていますよね。

第5位「アイアム主人公」

続いてはこちらです。

超特急の曲!といった感じですよね。
でも、ラップの部分では絶妙に緩急が付けられていて、聞いていて全く疲れないというなんとも不思議な曲です。

ここまでご紹介してきた中村佳穂ちゃんの曲とは一味違います。
でもだからこそ、中村佳穂ちゃんの音楽層の厚さが分かりますよね。

第6位「You may They」

この曲は、何が面白いのかというと、タイトルを日本語読みすると「ゆうめいぜい」となるところです。
曲のテーマもそれで、有名になりたい!という野心を抱えて毎日を大切にしていくことを歌っています。

この曲は、米津玄師さんをプロデュースしていたmabanuaさんがマイベストとして取り上げた一曲としても有名です。
動画はありませんでした・・・。

ごめんなさい。

第7位「LINDY」

続いてはこちらです。

中村佳穂ちゃんの魅力をギュ!と濃縮したような一曲です。
乗りやすいリズムで一緒に楽しめる曲ですね。

中村佳穂ちゃんはネクストブレークではない

中村佳穂ちゃんの魅力についてご紹介してきました。
いかがでしたか?

ハートフルな歌声と、センスの塊のようなメロディ。

一度聞くとハマってしまってずっと聴いてる、と言う人も少なくありません。
中村佳穂ちゃんは、次に来るアーティスト、ではありません。

すでにもう中村佳穂ちゃんは始まっているのです。
これから、きっとたくさん活躍することでしょう。

一緒に応援していきたいですね。

以上「中村佳穂の高校大学や経歴などプロフィー!京都発の大天才と言われる理由やおすすめ曲一覧」をお送りしました。



-芸能人・有名人のウワサ話

© 2021 ホンマでっか!?ウソでっか?CH Powered by AFFINGER5