生活・育児の豆知識 行事・イベント

2023年(令和5年)のGW(ゴールデンウィーク)はいつからいつまで?何連休かカレンダーでチェック

祝日休日というのは、なんだかワクワクしませんか?
特に近年では、あまり旅行に行けないという期間が続きました。

いい加減、どこかにお出かけしたい!
そう言えば、2023年のゴールデンウィークってどうなったっけ?と思いました。

今回は2023年(令和5年)のGWについて

  • いつからいつまで?
  • 何連休にできるのか?

といったことをカレンダーでチェックしていきたいと思います。

Sponsored Link

2023年(令和5年)のGWは5連休が確定!

2023年 カレンダー 5月 ゴールデンウィーク GW
まずは、2023年5月のカレンダーをご覧ください。

カレンダーでもわかるように、5月3日~5月7日までの5連休が確定しています。

土曜日が出勤という方は申し訳ないんですが・・・
学校や土日がお休み!というお仕事の人は特別に有給休暇を使わなくても5連休が確定です。

Sponsored Link

GWの期間っていつからいつまでだったっけ?

GW(ゴールデンウィーク)というのは毎年、4月29日から始まります。
昭和の日ですね。

GWには前半と後半の連休が存在し、何連休になるのかな?とワクワクするものです。
しかし2023年(令和5年)のGWは始まりの日(4月29日)が土曜日のため、振替休日はなし。

2023年のゴールデンウィークは

  • 4月29日、30日の2連休
  • 5月3日~7日までの5連休

といった形になります。

なんだか少し残念な気もしますね(^^;

GW(ゴールデンウィーク)の由来などについては、こちらの記事でご紹介しております。
あわせてご覧ください。

間の平日は有給休暇で

GWにあわせて有給休暇を取るというのは珍しくありません。
2023年(令和5年)のGWは有給休暇がとりやすいかもしれませんよ。

というのも、有給休暇をとる日数が少ないからです。

GW期間中の平日は

  • 5月1日(月)
  • 5月2日(火)

の2日間のみ!

この2日間をお休みにすると

  • 4月29日(土)~5月7日(日)

なんと9連休ができ上がるのです!

9連休もあれば、どこでも好きなところに旅行できますし、旅行の疲れを癒してから出勤することも可能です。

休みが長すぎて、出勤するのが嫌だなあとも感じてしまいそうですが、それでもまとまったお休みというのは何をしようかワクワクしますね。

2023年(令和5年)のGWを逃すと次は少し先になっちゃうかも

GWというのは、その年の曜日によって何連休になるか変わってきます。
なので、7パターンあってそれを毎年毎年繰り返しているんですね(当然)。

2023年は有給休暇を2日取れば最大9連休となります。
こんなにも簡単に大型連休にできるのは、もしかすると2023年ぐらいしかないかもしれないのです。

ということで、少し先のGWまで見てみましょう。

<2024年>

  • 4月27日(土)~29日(月・祝)
  • 5月3日(金)~5月6日(月・振替休日)

3連休と4連休の組み合わせ、間の平日3日を有給申請すれば最大10連休!

<2025年>

  • 4月29日(火・祝日)
  • 5月3日(土)~5月6日(火・振替休日)

飛び石連休。
4月26日から頑張れば、4月28日(月)と4月30日(水)、5月1,2日(木、金)を有給申請すれば11連休!

だけど、そんなに一度に有給休暇がとれるか微妙なところ・・・という方は少なくないのでは?

<2026年>

  • 4月29日(水・祝日)
  • 5月3日(日)~5月6日(水・振替休日)

後半に4連休確定。
4月29日の前後に2日ずつ平日があるので、これも有給休暇をとるにしてもどちらかになるかな?って感じですね。

後半にあわせてとれば4月29日~5月6日までの8連休に。
前半に取得できれば4月25日~29日の5連休と5月3日~6日までの4連休になります。

<2027年>

  • 4月29日(木・祝日)
  • 5月1日(土)~5月5日(水)

後半に5連休確定。
4月30日に有給休暇を取得できれば7連休となります。

といった感じです。
誰にも気兼ねなく有給休暇を取得できる会社にお勤めなのであれば2025年が一番多く連休をとれます。

しかし、GWは誰もがたくさん連休にしたい期間。
有給休暇申請が多いと思うようにとれないこともありますよね。

なので、2023年(令和5年)は曜日の巡り合わせも良く、大型連休に無理のないスケジュールでおすすめです。

2023年(令和5年)は当たり年なのかも?

2023年で3連休以上となる連休は何と7回あります。

  • 1月7日(土)~1月9日(月)成人の日
  • 5月3日(水)~5月7日(日)GW
  • 7月15日(土)~7月17日(月)海の日
  • 8月11日(金)~8月13日(日)山の日から続くお盆休み15日まで?
  • 9月16日(土)~9月18日(月)敬老の日
  • 10月7日(土)~10月9日(月)スポーツの日
  • 11月3日(金)~11月5日(日)文化の日

3連休あれば家族や友達と旅行に行くのに予定も立てやすいですね。
特に、お盆休みは8月17日(木)と18日(金)を休めば10連休になりますよ。

是非、これまでお出かけできなかった分、時勢が許せば旅行などを楽しみたいですね。

以上「2023年(令和5年)のGW(ゴールデンウィーク)はいつからいつまで?何連休かカレンダーでチェック」をお送りしました。



-生活・育児の豆知識, 行事・イベント

© 2022 ホンマでっか!?ウソでっか?CH Powered by AFFINGER5