嵐 BLAST in 宮城アクセスツアーHIS編!JTBとの比較やおすすめの人気プランは?

嵐 BLAST in Miyagiのオフィシャルツアーの申し込み開始も連休明けと迫ってまいりました!

今回はオフィシャルツアーを企画している2社の「H.I.S.」の詳細をご紹介しつつ、前回お届けしましたJTBのプランとの比較までやってしまおうと思います!

どうぞチャンネルはそのままっ!(笑)

Sponsored Link

嵐 BLAST in 宮城H.I.S.のオフィシャルツアーの詳細

ARASHI BLAST in Miyagi アクセスツアーのご案内
H.I.S.イベントセクション

JTBは7つの基本プランを用意してますが、H.I.S.は11プラン
ただしJTBは基本プランから派生するプランが2つ更にありますので合計は9つ。
この時点では選択肢の多いH.I.S.に軍配が上がりそうですね。

JTBの基本プランや詳細については前回の記事を見て頂くとして…
H.I.S.のプランをざっとご紹介します。

Sponsored Link

嵐 BLAST in 宮城H.I.S.のプラン

H.I.S.のプランは、下記のとおり。

  • A:日帰り|各地発着 往復バス
  • B:0泊2日|各地発着 往復バス|車中1泊
  • C:0泊3日|往復バス|車中2泊
  • D:1泊2日|往復バス|仙台1泊
  • E:1泊2日|往復バス|一ノ関1泊
  • F:1泊2日|往復バス|山形1泊
  • G:1泊2日|往復航空機|仙台1泊
  • H:1泊2日|会場→盛岡ホテル間片道送迎|盛岡1泊
  • I:1泊3日|復路のみバス|仙台1泊・車中1泊
  • J:1泊3日|往復バス|山形1泊・車中1泊
  • K:1泊3日|往復バス|仙台1泊・車中1泊

JTBに比べると少し細かいと言うか…弾丸度が上がってる気がしますね。
何と言ってもバス利用が多い
それと1泊以下のものばかり

JTBの方が観光も出来そうなゆったりめプランもあるのに対し、H.I.S.はバタバターと慌ただしくなりそうな印象を受けます。

JTBのバスプランは「バスのみ」と「バス+宿泊」があって6プランですが、良く見ると車中泊が少ないんですよね。
それに比べてH.I.S.の車中泊の多さ!
弾丸ツアーを物語っております。

気になるバスの詳細を予想してみる

JTBは自社で長距離移動観光バスを持っていますがH.I.S.の方はどうでしょう?

自社で持っているH.I.S.号と言うバスがあるようですがサイトには「9台に増えました!」との記載がTOPページに…

まさか…9台で回すのでしょうか…
いや、そんなはずはないですよね。
普通に考えて無理です。

と言う事は外部委託になるのでしょうか??
そうなってくるとその外部委託先によって快適度や利便性が全然違ってくるのですが…
公にしていない部分でもっと自社バスを持っている可能性も無きにしも非ずですがこの辺りどうなんでしょう?

バスについての詳細が現時点では全く発表されていないのでかなり不安になりますね。
実際、発表されるのかどうかも怪しい所です。
いざ出発と言う時にやっとお披露目…的なものがありそうな気がします。

バス移動は長時間の旅になりますし、自由度がかなり低くなるので出来るだけ快適にと思いますよね。
シートひとつで疲れ方が全く違いますし…

気になる価格で比較してみる

プランごとに価格にはばらつきがありますので、東京発の同じ工程のプランがありますのでそれで比較してみましょう。

<JTB>

バスプラン 0泊2日(車中1泊)
http://www.jtbbwt.com/section/daishi/abm/bus.html

こちらが東京か新宿発で19,900円となっています。

<H.I.S.>

こちらは東京(新宿駅周辺)発のみで19,800円。

価格差は100円
違いはと言うと発着場所がJTBは東京と新宿となっているので便利な方を選択する事が出来ますね。

JR東京駅から山手線で新宿までの所要時間はおおよそ30分ほど。
中央線を使えば約13分ほどのようですので、時間的なメリットと言うよりは選択肢が多い分当たる確率が高くなる…かも?と言ったところでしょうか。

ちなみに全てのプランの中で最高金額はこんな感じに
<JTB>

JRプラン
「2泊3日ホテル1泊+旅館1泊」が71,000円
※発着地:東京/2日目宿泊地:松島。
4名1室利用の場合

<H.I.S.>

往復飛行機プラン
「1泊2日」が67,900円/1名1室利用の場合。
仙台市内ホテル泊

ここで見えてきたのがH.I.S.にあってJTBにはない「飛行機」を使ったプラン
H.I.S.は格安海外ツアーなどに強いので飛行機を使ったプランを企画しやすかったのかもしれませんね。

ただ工程を見ていてびっくりしたのがこの往復飛行機プラン
仙台市内のホテル泊とだけ書かれていて「終演後、各自にて宿泊ホテルへ」との一文が…

今回最大の難関である会場からの脱出がプラン外とは…!

ちなみにJTBのJRプラン「2泊3日ホテル1泊+旅館1泊」は終演後はシャトルバスで仙台市駅までは送ってくれるようですね。
どうせならホテルまで送ってくれれば…とは思いますが、会場から脱出する方法を用意してくれているだけマシかもしれません。

両社見比べてみてやはり価格でいうなら断然H.I.S.
金銭的に余裕があって申し込み当日先着順の戦いに挑めるのであればJTB…

そう、JTBのツアー申し込みが「先着順」と言うのが最大のネックなんです。
ネット回線が勝敗を決めると言っても過言ではありません。

なのでJTBは第一候補で挑んで、駄目だったらH.I.S.に急いで移動と言う形が鉄板でしょうか。

当日、JTBが激戦になるのは火を見るより明らか…皆様の検討をお祈りいたします。

ここまでを踏まえてお奨めはどれ?

時間的な余裕であったり、体力の問題、トラブルが少なそう…
あえて「金銭的」な部分を取っ払って考えるとJTBのJRプランに軍配が上がると私は予想しました。

飛行機は時期的に台風で遅れたり飛ばなかったりするリスクがありますよね。


そしてあまり知られていないかもしれませんが高速夜行バスは道路の混雑状況によっては遅延する可能性もあります。

なので一番リスクが低い移動手段となると新幹線ではないかと言うのが私の考えです。

さらに、新しい情報です。荷物に関して。

  • H.I.S.:バスの車中に荷物を残して現地入りする事が可能
  • JTB:一旦バスから全ての荷物を降ろさなくてはならない

とのこと。

そして、現地までのアクセスを確実に確保できるのであれば一番リスクが少ないのは

<JTB>

終演後送迎付き宿泊プラン

<H.I.S.>

会場→盛岡ホテル間片道送迎(盛岡市内ホテル泊)

これが最強な気がしますね。
時間的に余裕も取りやすそうですし、何より会場から逃がしてくれてホテルまで送り届けてくれる!

しかしこのプランも「会場まで行くのをどうするか」と言うラスボスクラスの課題が待ち構えています。

あっちが立てばこっちが立たない。
どのプランにするか相当迷うことになりそうですが、少しでも参考になれば幸いです。

最後にもう一度発売開始の詳細をご案内!

JTBサイト

http://www.jtbbwt.com/abm/index.html
※先着順
発売開始 7月22日(水)14:00~
販売終了 7月30日(木)18:00まで

H.I.S.サイト

http://www.his-j.com/kanto/corp/group/event/arashi/index2015.html
※抽選
申込期間   7月22日(水)16:00~7月25日(土)15:00
当落結果発表 7月30日(木)18:00~

残り数日となっておりますが、オフィシャルツアー狙いの方はよく吟味して、争奪戦に挑んでくださいね!

(ライター:櫻宮ヨウ)

以上「嵐 BLAST in 宮城アクセスツアーHIS編!JTBとの比較やおすすめの人気プランは?」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

嵐BLAST in Miyagi!JTBアクセスツアー&ひとめぼれスタジアムへの交通手段まとめ
嵐BLAST in Miyagi!のアクセスツアー!JTBのプランの発売日や値段を比較!
松本潤のメンズノンノ8月号表紙の画像まとめ!あの美少女力を撮影したカメラマンは誰?
大野智の個展FREESTYLE2015の会場(場所)と日程!混雑やチケット入手方法も

[ジャニーズ]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ