大久保嘉人の嫁を襲った胞状奇胎とはどんな病気?原因と予後や治療方法!

可愛い息子3人の息子と、父。
見事なまでに、幸せな家庭を絵に描いたようなその写真。

しかし、その写真には多くの愛が溢れていました。

三人の子どもに囲まれて、満面の笑みを浮かべているのは、川崎フロンターレ所属、FWの大久保嘉人(おおくぼ よしと)さん。

ご自身のインスタグラムに投稿されたこの写真。

もう既にご存知の方も多いと思いますが、病気のため、「抗ガン剤治療」を受ける事になった奥様の、不安を和らげるため、息子さんたちと話し合い、皆で坊主にしたそうです。

大久保さんは

「一人じゃないよ、僕たちがいるよ」

……そんなメッセージを奥様に贈りたかったんでしょうね。

愛に溢れる、大久保ファミリーの温かさに、思わず涙しそうになります。

今回は、大久保さんの奥様が罹った「奇胎後hcg存続症」の原因となった、「胞状奇胎」について、ご説明していきたいと思います。

Sponsored Link

「胞状奇胎」とは?

「胞状奇胎」
妊婦さんの400人~500人に1人と言う確率で、起こってしまう異常妊娠をこのように呼びます。
医学的には、「絨毛性疾患」の一つと言われています。

絨毛性疾患とは、妊娠時の胎盤を形成する、「絨毛細胞」(正式名称は”栄養膜細胞”または”トロホブラスト”)から発生する、病気の総称です。

400人~500人と言う数字を見てわかる通り、この病気に罹る確率は低めです。
そのせいか、知名度が低く、存在すら知らない人の方が多いと、言われています。

残念な事に、この病気を患ってしまうと、妊娠を継続する事は難しく、流産してしまう事となります。
更には、絨毛ガンになるリスクもある、怖い病気でもあります。

「胞状奇胎」は、卵子と精子が受精して出来た受精卵が、子宮の内膜に着床し、妊娠が成立すると、下記の2つに分かれます。

  • 受精卵が胎児へと変化する「胎芽細胞」
  • 胎盤や卵膜へと変化する「絨毛細胞」

この絨毛細胞のみが、異常な増殖を起こし、水泡状態になっていきます。

その水泡がやがては、子宮の中を覆い尽くしてしまう事を「胞状奇胎」と読んでいます。

顕微鏡で見ると、肉眼的に「ブドウの房」のように見えるため、「ぶどうっ子」や「ブドウ子」等とも呼ばれています。

Sponsored Link

「胞状奇胎」の原因は?

主な原因は、「染色体異常」と言われています。
そして胞状奇胎は、主に2種類存在します。

  • 受精後に卵子の核が、「不活性化」、もしくは「消失」してしまい、精子の核のみが「分裂増殖」してしまう事が原因になる「全胞状奇胎」
  • 正常な1つの卵子に、2つの精子が侵入してしまう事が原因になる「部分胞状奇胎」

40歳以上の高齢妊娠や、逆に20歳以下の若年妊娠で、発生率が高い傾向があると言われています。

どんな症状が起こる?発見方法は?

受精後に、受精卵が子宮の内膜に着床し、発達する時に異常が現れてきますので、妊娠初期である「2か月~4か月」頃から、少しずつ症状が出てきます。

症状の一例

  • つわりが尋常じゃなく重い
  • 茶色いおりものが出る
  • 出血がある
  • むくみ、蛋白尿、高血圧……などの妊娠高血圧症候群のような状態
  • つわりが酷く、切迫流産の症状がある場合

上記のような症状が、特徴として挙げられています。

超音波の検査により、早期に異常が発見できるそうなので、上記の症状に覚えがある場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。

おなかの赤ちゃんへの影響

先ほどご説明した中にある通り、胞状奇胎になってしまうと、妊娠を継続する事は不可となります。
ただし、「全胞状奇胎」ではなく、「部分胞状奇胎」の場合、話は少し変わってきます

「胎児の染色体が正常」かつ、「胞状奇胎と正常妊娠の双胎」と診断されれば、妊娠を継続する可能性はゼロではないとされます。

ですが、これも先ほどご説明したとおり、胞状奇胎が、絨毛ガンへ移行する可能性も否めません。
妊娠を継続できたとしても、大きなリスクを伴うため、慎重な医師の判断・経過観察が必要です。

治療法について

この病気の最善の治療法は、胞状奇胎を摘出する事。
つまり手術によって、摘出するのが、最善の策となります。

部分的な除去手術(子宮内容除去手術)

流産の時と同じ要領の手術となります。
胞状奇胎の部分だけを除去する事が出来ます。

この手術の場合、1回目の手術が終わったら、1週間ほど日を置いて、2~3回に分け、再度手術を行う場合もあります。

胞状奇胎の妊娠後は、絨毛ガンが発生する可能性が高いので、術後は長い期間をかけて、経過観察する必要があります。

子宮全摘出手術

40歳以上で、この病気を発症した場合は、若年妊娠よりも、胞状奇胎を除去した後に、「絨毛ガン」が発生するリスクがかなり高くなります。

もう妊娠を希望しない場合は、子宮ごと、胞状奇胎を摘出する手術を、行う場合もあります。

予防法はあるの?また妊娠する事は出来る?

この病気は、染色体異常が原因とされているため、予防法はありません。

何かを食べていれば良いとか、何かをすればい良い、と言うようなことはありません。

逆を言えば、何かをしたからと言ってなる訳でもありませんので、決してご自身を責めたりしないでください。

治療後、また妊娠を望むのであれば、通院し、しばらくの期間、管理・経過観察等がが必要となります。

さらに、その経過観察等が行われる期間、最低でも半年~1年間は、避妊が必要となります。

経過観察等の後、医師の許可が下りれば、また妊娠をする事は可能です。

なお、胞状奇胎は一度なったから、また罹ってしまう……と言うタイプの病気ではありません

カラダやココロと向き合って、無理せず、お医者様に相談しながら、次の妊娠を目指しましょう。

母体へのリスク……そして「奇胎後hcg存続症」とは

大久保さんの奥さまも、流産してしまい、「胞状奇胎」であることが判明。

その為、手術での治療を試みましたが、その後の経過が芳しくなかったため、「奇胎後hcg存続症」と言う病気を発症してしまいました。

この「hcg存続症」とは、ガンの一歩手前の状態で、治療には抗がん剤を必要とします。

先のご説明の中であげた「絨毛がん」も、この「hcg存続症」も、殆どが治る「がん」「病気」と言われています。

抗がん剤や放射線治療が、効果をよく出してくれるそうなので、きちんと治療を受けていれば、問題ないと言われています。

知る事、早期発見が重要

いくら、治るガン、治る病気だと言っても、この病気について知らなければ、早期発見も難しくなります。

気付かないまま放置していたら、母体にも、大きなリスクを伴う事となります。

なので、妊婦さんには、この病気について、ぜひ知っておいて欲しいです。

ですが、みんながみんな罹る訳ではありません。

だから、必要以上に不安になる事は無いんです。
1つの知識として、頭の片隅に置いておいてくれれば……そう願うばかりです。

大久保さんの奥様も、どうか早く良くなるよう、祈りたいと思います。

(ライター:櫻宮ヨウ)

以上「大久保嘉人の嫁を襲った胞状奇胎とはどんな病気?原因と予後や治療方法!」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

乳がん初期症状をセルフチェックする3つの方法!脇の下やひきつれに注目
佐々木健介と北斗晶に学ぶ夫婦円満の3つの秘訣!
胆管がんの初期症状や生存率!川島なお美のワインなどアルコールは原因か?
溶岩ヨガ・ホットヨガの効果について!篠原涼子がおしゃれイズムで紹介!

[健康, 芸能人・有名人のウワサ話]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ