未分類

芸人シマッシュレコード島居・嶋田の本名や出身高校・大学など学歴!バンドマン時代のエピソードも

音楽ネタを操る人というのは結構います。
もう出尽くしたでしょ、と思ってたんですけど、新しい音楽ネタを繰り広げている芸人さんを発見しました。

それがシマッシュレコード
「あくまでもイメージ」という最強ワードを引っ提げて超絶な毒をぶっこむ芸人さんです。

そこで今回はシマッシュレコードの2人の

  • 本名
  • 出身地
  • 最終学歴
  • 元々はバンドマン

などについてご紹介していきたいと思います。

シマッシュレコードはこんな人!

シマッシュレコードは嶋田さんと島居さんの2人で結成されているコンビ芸人です。

メガネをかけている方が嶋田さんで、かけていない方が島居さんです。
耳に残るキャッチーなフレーズと思わず噴き出しちゃう言葉に虜になっちゃう人も多いはず。

では、早速、それぞれのプロフィールを見ていきましょう。

シマッシュレコード嶋田のプロフィール

まずは嶋田さんです。

  • 名前:嶋田修平(しまだ しゅうへい)
  • 生年月日:1980年9月30日
  • 年齢:42歳(2022年10月現在)
  • 身長:175センチ
  • 体重:70キロ
  • 血液型:O型
  • 出身地:徳島県徳島市
  • 所属事務所:吉本興業
  • 趣味:映画鑑賞
  • 特技:アコースティックギター・ベースギター

2010年までは『TOKYO無鉄砲』というトリオで活動していました。
メンバーは

  • たかくら伝説(今はたかくら引っ越しセンター)
  • 豊田ダイス(豊田大祐)

で、ギターを使ったりはしていなかったようです。
2010年2月に解散し、島居さんと一緒にシマッシュレコードを結成することになるんですね。

「あくまでもイメージ」ネタではお互いにメインボーカルを務めています。
しかし他にもネタがあり、そういった時は嶋田さんはコーラス担当をされているんですね。

それにしても歌が上手い。

嶋田さんはバンドマン

高校に入ると、バンドを結成しベース担当だったんだそうです。

その頃から音楽にものめり込むようになっていったんだそう。
大学に進学しますが、そこでもバンドを組んでいて、メンバーは「絶対にプロになるぞ!!」という熱い意気込みを持っていたメンバーだったと言います。

そんなメンバーとの間に、気持ちのズレのようなものを感じるようになったんだそうです。
ある日、バンドにいることが自分に嘘をついているような気持ちになりバンドを辞めると決心します。

その事を話そうとしたその日に、バンドのボーカルと彼女の間に子どもができ、バンドは解散してしまったんだそうです(^^;
これは運命的ですね。

嶋田さんの夢は小学生のころから変わっていない

小学校の頃から芸人になりたい!とひそかに思っていた嶋田さん。
高校卒業時には両親に

芸人になりたいからNSCに行かせて欲しい!

と懇願します。
しかし、ご両親からは猛反対にあってしまい、ここでは一旦芸人の道をあきらめることに。

それでもどうしても諦めきれないのと、バンドが突然の解散というタイミングで大学も中退することになりました。
一年間、バイト生活を続け、NSCに入るための資金をため東京校へ入ったんだそうです。

2005年に入学しますが、同期には

  • チョコレートプラネット
  • シソンヌ
  • 向井彗(パンサー)

などがいたんだそうですよ。

シマッシュレコード島居のプロフィール

続いて島居さんです。

  • 名前:島居俊介(しまい しゅんすけ)
  • 生年月日:1981年10月27日
  • 年齢:40歳(2022年10月1日現在)
  • 身長:173センチ
  • 体重:65キロ
  • 血液型:A型
  • 出身地:長崎県対馬市
  • 所属事務所:吉本興業
  • 趣味:映画・DVD観賞
  • 特技:将棋・ギター

2010年までは『フレンチブルドッグ』というコンビで活動していました。
同期の菅原知明さんと活動して、2008年にはM-1グランプリにも参加しています。

他にも

  • エンタの神様
  • 爆笑レッドカーペット

にも出演したりもしていましたが、2010年2月に解散しています。

島居もバンドマンで大正大学出身

嶋田さんも学生時代にはバンドを組んでいましたが、島居さんもまたバンドマンだったんですね。
高校までは地元の学校に通っていた島居さん。

大学では大正大学に進学し、上京します。
音楽サークルに入り、ドラムとして活動します。

当時のバンドは

  • 笑い一切なし
  • 尖った感じ

というガチめのバンドだったんだそうですよ。
島居さんとしてはこのバンドの雰囲気になじめず、結局は脱退してしまうんだそうです。

島居も小さい頃からの夢を追いかける

大学時代に地元に帰り、友達との飲み会で島居は

芸人になりたいんだけど、親には言えてないんだよね。

と、飲み会に来ていた先生にポツリとこぼしたんだそうです。
幼少期からお笑いが大好きで、ふざけることも大好きだった島居さん。

思わず出た本音、というところでしょうね。
大学のために再び上京すると、両親から連絡がきます。

すると

先生から聞いた。芸人になりたいんならなればいい。

といってくれたんだそうですよ。
そして2004年にNSC東京校に入学します。

同期には

  • トレンディエンジェル
  • オリエンタルラジオ
  • はんにゃ
  • フルーツポンチ

などがいたんだそうです。

シマッシュレコード結成までの道筋

2人は最初から出会い、コンビを組んでいたというわけではありませんでした。
嶋田さんは『TOKYO無鉄砲』として、島居さんは『フレンチブルドッグ』として活動していたんですよね。

解散の時期は同じですが、そこで初めて・・・というわけでもないんです。

解散前から2人で活動していた

吉本興業の劇場、神保町花月では2人は「リョウイチケンイチ」というユニットを組んでネタを披露したりもしていました。
きっかけは神保町花月でギターの弾ける芸人が集まるという仕事があったんだそうです。

そこで2人が舞台で歌ネタを披露したんだとか。
ちなみに

  • リョウイチ(島居)・・・エレキギター、ボーカル担当 舞台中、走りまわり踊る
  • ケンイチ(嶋田)・・・アコースティックギター、ベース担当。ハモリ、リョウイチの話を聞かない

という特徴があるんだそうです。
どんなネタかというとその時の出演者を捕まえて『僕たちの新曲聞いて下さい!』と歌ネタを披露するのがお約束なんだそうです。

しかし出演者からは嫌がられることが多いのもまたお約束だそうですよ。

解散時期が全く一緒だった

2人がそれまで活動していたグループの解散は2010年2月ということなんですよね。
ほとんど同じ時期に解散しています。

この事から、これまでユニットを組んだこともある2人が集まって新しく『シマッシュレコード』を結成したというのも自然な流れに感じますね。
コンビ名は2人の苗字に共通する『しま』と2人の名前に共通する『しゅ』からつけられています。

そして地元のCD屋のイメージに・・・ということで「レコード」をつけたんだそうですよ。
2丁拳銃やアップダウンなどと一緒に音楽のライブ出演も多いんだそうです。

ネタ作りは島居さんの担当だそうです。
曲作りは2人で行うことも多いんだとか。

神保町花月では、色んな作曲を行っていたりもしているんだそうですよ。
なかなかに音楽センスの必要な仕事をされていますね。

シマッシュレコードの即興ネタが面白い

シマッシュレコードの嶋田さんのインスタグラムには芸人さんたちとの楽屋での様子がアップされています。
そこには楽屋に居た人のイメージを勝手に歌にするものなんですよね。

歌うのも凄いですが、歌われた芸人さんのリアクションもすごく面白いです(^^)
さらに!

こがけんさんは自分でネタを歌っちゃってる!
さすが歌上手なだけありますよね(笑)

とっても仲の良いのが伝わってきます。
こんな風に、和気あいあいとした中でノビノビとされていますね。

これからも自由に、そしてちょっと昭和レトロな感じで頑張って欲しいです。



-未分類
-

© 2022 ホンマでっか!?ウソでっか?CH Powered by AFFINGER5