バレンタインデー

バレンタインのお菓子の意味はあげるもので違う!チョコは?飴やクッキーやマカロンなら?【一覧】

バレンタインが近づいてきました!
なんだかわくわくそわそわしちゃう季節になってきましたね。

大好きな彼に渡すチョコですが、最近ではチョコ以外のものを渡す人もいるんだとか。
でも、注意して下さい!

何気なく選んだそのアイテム、実は隠された意味が込められているかもしれません!
キャンディクッキーマカロン

他にもケーキグミ、どれにどんな意味があるのか?
今回はそのあたりをザザ!っと一気にご紹介します。

Sponsored Link

贈るものには心をこめて

バレンタインデー お菓子 意味 NG おすすめ

バレンタインデーの王道と言えばチョコです。

チョコには一体どんな意味が込められているのかというと
『あなたの気持ちをそのままお返しします。』
という意味だそうです。

これは相手との関係によって意味が変わってきますよね。

だからこそバレンタインデーにはチョコなんですよ。
え?なんで?と思ったことでしょう。

少し考えてみてください。

チョコって一口に言いますが、バレンタインデーに送るチョコって

  • 本命チョコ
  • 友チョコ
  • 義理チョコ

とそれぞれ、色んな意味がありますよね。

なのでチョコ自体にはそこまで意味がありませんが、チョコの種類を分けることで相手への気持ちを込めているものとうことになるんです。
バレンタインデーにチョコというのは、最強なのかもしれませんね。

Sponsored Link

チョコはホワイトデーにこそ注意しなくてはいけないもの

先ほどチョコには「あなたとおなじ気持ちをそのまま返します。」という意味があるとご紹介しました。
もし本命の彼にホワイトデーのお返しとしてチョコを貰った・・・となるとどうでしょう。

相手は「あなたと同じ気持ちを返します。」⇒「これまでと同じ関係でいましょう」という意味が込められることになります。
ホワイトデーに返す場合には注意が必要ですね。

バレンタインのお菓子はそれぞれに意味がある

チョコ以外にもバレンタインデーに贈るお菓子はたくさんあります。

たとえば

  • キャンディ
  • クッキー
  • マカロン
  • タルト
  • マフィン
  • グミ
  • マシュマロ
  • ドーナツ
  • バウムクーヘン
  • キャラメル
  • ケーキ
  • カップケーキ
  • ブラウニー
  • ガトーショコラ
  • マドレーヌ
  • マロングラッセ
  • 金平糖

などなど。

それぞれに込められた思いがありますので、参考にして下さいね。

バレンタインに贈るお菓子の意味①「飴やキャンディ」

あまりバレンタインデーに飴やキャンディを贈るというのは馴染みがないかもしれません。

しかし、キャンディには
『あなたが好き。』
『長く続く関係でいたいな。』
といった意味があります。

キャンディやアメって口の中に入れてからなくなるまで、長く楽しめるお菓子ですよね。

恋人との関係を更に続けるというので贈るのも良いですね。
しかし、友チョコとしてのアイテムにするのも良いと思います。

本当に一生の友達でいたいと思う相手に贈るのも良いですね。

<飴やキャンディを贈る相手>

  • 本命
  • 大切な友達

バレンタインに贈るお菓子の意味②「クッキー」

チョコ以外で何を贈ろうかなと考えた時に、一番手に取りやすいアイテムがクッキーです。
手作りをしよう!と考えている人にとってもクッキーというのは取り組みやすいのではないでしょうか?

一度にたくさんの数を作ることができますし、バリエーションも豊かです。

だからこそ、クッキーには
『友達でいよう』
という意味があるのです。

一度に量産できるので、やはり義理のプレゼントとして渡すのに適しているというのが理由です。

友達や義理チョコを贈る相手というのが良いですね。

<クッキーを贈る相手>

  • 義理
  • 友達(大勢)

バレンタインに贈るお菓子の意味③「マカロン」

サクッと食べれてちょっと上品な気持ちになれる「マカロン」。
手作りするには相当なコツが必要になります。

そんなマカロンには
『あなたは特別な存在です。』
といった意味があります。

最近では、マカロンブームもありコンビニなどでも手軽に買えるようになりました。

しかし、基本的にはパティスリーやデパートなどで買うお菓子というイメージがあります。
少し高級なお菓子というイメージなので、特別感がありますよね。

ですからマカロンを贈る相手は少し特別な相手となるのです。
好きな人や恋人に贈るのはもちろん、普段から言い表せないほどお世話になっている相手に贈るにしても良いですね。

<マカロンを送る相手>

  • 本命
  • 大切な相手
  • すごくお世話になっている恩人など

バレンタインに贈るお菓子の意味④「タルト」

タルトケーキは型崩れがしにくく、バレンタインのプレゼントとして人気の高いお菓子です。
中をチョコにしたり、フルーツたっぷりにしたり、と相手の好みに合わせやすいというのも人気の秘密ですね。

ですが、タルトケーキには特別な意味はありません
どんな関係の相手にも贈ることができる万能アイテムとなっています。

義理でも、本命でもOKなんですよね。
しかもタルトケーキって少し豪華に見えるので、義理チョコとして渡しても見劣りがしにくいというメリット付き。

義理で贈る人が多い場合はお財布が厳しくなるかもしれませんが、そこまで多くなければ気軽に贈ることができるアイテムです。

<タルトを贈る相手>

  • 特になし(どんな人に贈ってもOK)

バレンタインに贈るお菓子の意味⑤「マフィンやカップケーキ」

マフィンやカップケーキは、ほぼ同じ意味になっています。
というのも、マフィンをどの種類に位置付けるかで意味が違うからです。

マフィンを「パン」としてとらえるか「ケーキ」としてとらえるかの違いです。
しかし、バレンタインデーに贈るお菓子としてマフィンをチョイスするのであれば「ケーキ」の種類になりますよね。

となると、マフィンはカップケーキと同じ意味になります。

意味は
『あなたは特別な存在です。』
となります。

バレンタインとなると、甘い印象の強いイベントですが、マフィンは甘いものばかりではありません。

バターなどを使いますが、海外では朝食にマフィンを食べると言う人も少なくありません。
なので、甘いものが苦手・・・という人にも渡すことができるアイテムなんです。

<マフィンやカップケーキを贈る相手>

  • 本命
  • 特別な相手
  • 大切な人
    (特に甘いものが苦手な人には甘くないマフィンを渡すのがおすすめ)

バレンタインに贈るお菓子の意味⑥「グミ」

スーパーやコンビニで手軽に買うことのできるグミですが、バレンタインに贈るのはおすすめしません。

なぜならグミには
『あなたのことが嫌い』
という意味があるからです。

由来は定かではないので気にしない人は多くいると思います。

でも、意味って知ってしまったらなかなか手を出しにくくなってしまったりしますよね(^^;
バレンタインに贈るのは控えた方が良いかもしれません。

<グミを贈る相手>

  • 基本的に全員NG

バレンタインに贈るお菓子の意味⑦「マシュマロ」

フワフワとした食感のマシュマロ。
中にチョコレートなどが入っているものも多いですよね。

マシュマロには
『あなたの事が嫌いです』
というグミと同じ意味があります。

マシュマロって口どけが良いですよね。

口に入れたらすぐになくなってしまう、それぐらい長続きしない関係でいたいという意味が込められたとされています。
バレンタインには贈らない方が良いアイテムですね。

<マシュマロを贈る相手>

  • 基本的に全員NG

バレンタインに贈るお菓子の意味⑧「ドーナツ」

真ん中に穴があいているドーナツには
『あなたの事が大好き!』
という意味があります。

穴を英語でいうと「hole」ですよね。

これを同じ発音の「whole」とかけて「あなたのことが大好き!I like you a whole bunch.」となっています。
ディズニー映画「アラジン」で流れる「Whole new world」の世界ですね(^^;

ちょっと違うか・・・。
ですが、「大好き!」という意味があるので、本命の人に贈るにはバッチリなアイテムですね。

<ドーナツを贈る相手>

  • 本命

バレンタインに贈るお菓子の意味⑨「バウムクーヘン」

結婚式の引き出物としても人気の高いバウムクーヘン。

人気の理由は年輪のように重なった生地が
『幸せがいつまでも続きますように。』
という意味になったからだとか。

ですが、バウムクーヘンを贈るには本命に贈るというよりも、夫婦やパートナー、長く付き合っている相手などに贈るのが良いかもしれませんね。

<バウムクーヘンを贈る相手>

  • 夫婦
  • パートナー

バレンタインに贈るお菓子の意味⑩「キャラメル」

キャンディより濃厚な味わいのキャラメル。
温かく懐かしい感じがしませんか?

キャラメルには
『一緒にいると安心する。』
『安心できる存在。』
といった意味があります。

心を許している相手に贈ると良いかもしれませんね。

<キャラメルを贈る相手>

  • 本命
  • 心を許している相手(恋人・友達)

バレンタインに贈るお菓子の意味⑪「ケーキ」

ケーキは本当に多種多様ですよね。

  • 生ケーキ
  • パウンドケーキ
  • ガトーショコラ
  • ブラウニー

などがあります。

どのケーキもカップケーキなどと同じように特別な意味はありません。

どの人にどんな風に贈っても失礼にはならないアイテムです。
しかし、ホールケーキを大勢に渡すというのは何とも労力や金力の必要なものです(^^;

なかなか難しいかもしれませんね。

<ケーキを贈る相手>

  • どんな人に贈ってもOK

バレンタインに贈るお菓子の意味⑫「ティラミス」

ケーキのカテゴリーの中の1つですが、ティラミスには特別な意味があります。

それは
『私を元気にして。』
『私を気にかけてよ。』
といった意味があります。

ティラミスの名前の由来もここからきています。

イタリア語では「Tiramisu」となります。
「Tira」には「引っ張る」、「mi」は「私」、「su」は「上に」となっています。

なので私を上に引っ張り上げて!という意味が転じて「元気にしてよ!」となったんですね。
しかし、このティラミス、隠された意味もあり夜遊びをする男の人に女の人が振る舞ったという歴史があるお菓子でもあります。

つまり「私を気にかけてよ」というのも「お相手してよ」という意味がこっそり隠されているんですね。
ということで、義理で贈るのには全く適していないお菓子です。

<ティラミスを贈る相手>

  • 恋人同士
  • 夫婦

バレンタインに贈るお菓子の意味⑬「マドレーヌ」

マドレーヌは貝殻の形をしている焼き菓子です。

これには
『仲良くなりたい。』
といった意味が込められています。

マドレーヌはそもそもキリスト教の巡礼のシンボルでもあり、ホタテの貝殻の形に焼きあげるのが伝統です。

日本では二枚貝は夫婦円満や縁結びなどを連想させ縁起が良いとされています。
貝殻がぴったりと合わさるということから『仲良くなりたい』という意味になっているんですね。

<マドレーヌを贈る相手>

  • 恋人同士
  • 夫婦
  • 友達
  • 本命

バレンタインに贈るお菓子の意味⑭「マロングラッセ」

栗を丸ごと砂糖で煮詰め、ブランデーで香り付けをしたお菓子がマロングラッセです。

マケドニアの英雄であるアレキサンダー大王が最愛の妻に贈ったということから
『永遠の愛を誓う証』
という意味が込められるようになりました。

しかしこれは男性から女性へ贈るお菓子となっているので、バレンタインには少々不向きかもしれません。

ですが、意味は『永遠の愛』なので、絶対に贈ってはダメ!というものではありません。

<マロングラッセを贈る相手>

  • 夫婦
  • 恋人

バレンタインに贈るお菓子の意味⑮「金平糖」

お星様のような形をしている金平糖。
かわいらしくて色んな色もあって綺麗ですよね。

金平糖も飴のように長く味わえるということから
『あなたとの関係を長く続けたい。』
『あなたの事が好き。』
という意味があります。

<金平糖を贈る相手>

  • 本命
  • 恋人

迷った時は・・・

ここまでバレンタインに贈るお菓子の意味をご紹介してきました。
結局何を上げれば良いのか・・・と悩んでしまいますよね。

しかしもし、悩んでしまったのなら基本に戻ってチョコを選ぶのはいかがでしょうか?

本命や恋人には張り切って手の込んだものを用意し、義理の人にはチョコにする!など・・・
無難な方法はたくさんあります。

是非、バレンタインデーを楽しんでくださいね。

以上「バレンタインのお菓子の意味はあげるもので違う!チョコは?飴やクッキーやマカロンなら?【一覧】」をお送りしました。



-バレンタインデー

© 2022 ホンマでっか!?ウソでっか?CH Powered by AFFINGER5