生活・育児の豆知識

手帳の書き方における色分けのコツとルール!おすすめは3色?4色?

新しい年。
新しい年度。

それにあわせて手帳を新調するという人も多いと思います。
新しい手帳ってこれからどんな風に使おうかな!なんてワクワクしてしまいませんか?

最近では手帳のためのグッズもたくさんあって何を使おうかな?なんて迷っちゃうことも。
そんな時に私が良くしちゃうのがあれもこれも!と欲張ってしまい結局見にくくなっちゃうということです。

毎年そんな失敗を繰り返した私はようやくある法則を見つけたんです。
それは手帳の書き方にはルールがある!ということ。

このルールを守って色分けやコツを掴めば、とっても綺麗な手帳が作れますよ!
そして手帳をまとめるなら3色ボールペンが良いのか、4色ボールペンが良いのか?についても詳しくご紹介しますね。

Sponsored Link

手帳ってそもそも色分けが必要?

手帳 見やすい 書き方 コツ 色

手帳の使い方は千差万別、十人十色です。
色分けをする人もいれば、シンプルイズベスト!と1色で書きこんでいく人もいます。

手帳と言うのは自分が予定を把握しやすければ良いので、どのタイプで使っても間違いはありません。

でも、ここからは

  • いつも手帳を色分けしてるんだけどなんだか見にくい
  • 黒一色で書きこんでいると大事なものを見落としてしまうことがある

なんて言う悩みを持っている人に是非活用して欲しい方法なんです。

Sponsored Link

手帳の色分けは3色?それとも4色?

ボールペンなどを見てみると、4色ボールペンや3色ボールペンなどが良くありますよね。
ビジネスシーンでもこのボールペンは多機能で効果を発揮していると思います。

それを手帳にも活用してしまいましょう。
結論から言うと、手帳の色分けは4色がおすすめです。

4色ボールペンというと

というタイプが多いですよね。

もちろん最近では自分で好きな色を組み合わせるタイプもあります。

その場合でも、この基本の色に近い色の組み合わせを選ぶのがおすすめです。

例えば
ピンク・水色・ネイビー・黄緑
などですね。

必ず、暖色系と寒色系の2種類を入れることをおすすめします。

それは色が持つそれぞれの視覚的効果も重なってきます。
少し詳しくご紹介しますね。

赤がもたらすイメージ

まず、赤です。
信号機にもあるように赤には「危険!とまれ!!」といった意味がありますよね。

これは大きく注意を集めたい時に使うと良い色とされています。
とても重要で目立たせたい箇所に使いましょう。

ですが、あまり使いすぎると返って読みにくくなります。
赤は文字を書くというよりは線をひいたり丸などの記号をつけたりする時だけにするようにするとスッキリしますよ。

青がもたらすイメージ

青には「誠実さ」というイメージがこめられています。
街灯の色も蛍光色から青に変えただけで犯罪発生率が下がったという研究結果もあるぐらいです。
(引用元:http://mille-p.net PDF

青には心を落ち着かせる効果があるので、手帳では基本色として使います。
他にも、青は情報が頭に入りやすく視覚的にも優しい色です。

勉強や考え事をする時にも「青が良い!」とされているので、是非手帳にも青を使うようにしましょう。

黒がもたらすイメージ

黒はとてもシャープなイメージを持たせてくれます。
しかしそれと同時にどこか少しネガティブなイメージも抱かせてしまうのです。

なので黒は基本色にはしません。
手帳を開けて予定が黒色でびっしり埋まっていたらどうでしょうか?

手帳を開くのが億劫になってしまいませんか?
なので、手帳の基本色は青にして黒は書類を書く時や、必要な時だけにしておくと良いですね。

緑がもたらすイメージ

緑はこの4色の中では積極的に前に出てこない色なので、控えめにしておきたい情報を書くのに向いています。

例えば

  • 補足事項
  • 自分の考え
  • メモ

などです。

手帳の色分けルールはこれ!

手帳の色分けを重要度に並べてみると
赤>青>緑
となります。

こうなると黒の出番がないから3色で良いのでは?と思うかもしれません。

しかし、手帳の様式を思い出して下さい。
手帳にはボールペンなどを刺すことができる部分がありますよね。

こんな風に1つ穴が付いていると思います。
ここに刺すことができるボールペンは当然1本です。

普段、手帳を書き込む時には黒は使いませんが、手帳以外の用途でボールペンを使うことってたくさんありますよね。
そんな時に、手帳のところに4色ボールペンがあれば、わざわざ黒のボールペンをもう一本鞄の中に入れておく必要もなくなるのです。

特にビジネスシーンであれば黒のボールペンというのは必需品といっても良いでしょう。
このことから私がおすすめするのは4色ボールペンでの色分けです。

手帳は情報を整理するためのツール

最近では、ビジネスシーンではクラウドで共有できるスケジュール管理が主流になってきています。
確かにスケジュールを大人数で共有するとなると、この方法が一番間違いが少なくて良いのかもしれません。

しかし手帳というのは自分で予定という情報を整理するために使うものです。
情報を整理し管理することで自分が今月どんな風に予定を組めば良いのか、を視覚化することができるのです。

是非自分のお気に入りの手帳を見つけて、手帳を開くたびに幸せになれるような手帳を作って下さいね。

以上「手帳の書き方における色分けのコツとルール!おすすめは3色?4色?」をお送りしました。



-生活・育児の豆知識

© 2021 ホンマでっか!?ウソでっか?CH Powered by AFFINGER5