手作り 工房系 ランドセル 2019 人気

生活・育児の豆知識

手作り工房系ランドセル2019の人気と違いを徹底比較!注目の特徴と価格についても

更新日:

デザイン性よりも機能性や品質重視のパパママが注目しているのは、工房系ランドセルです。
工房系ランドセルは職人さんが手作りしてくれ、ランドセルメーカーのように大量生産できないランドセルのことを指します。

大量生産ではありませんので、希少価値もあります。
1つ1つ手作りなので、あたたかみも有ります。

では、一体どんな工房系ランドセルがあるのかご紹介します。

Sponsored Link

人気NO.1の土屋鞄


まず、人気で有名なのが土屋鞄です。
毎年、カタログを請求するだけでも倍率が高く、すぐになくなってしまっちゃうという人気の工房系ランドセルです。

ランドセル職人が手掛けるランドセルで、丁寧な仕事が際立つランドセルです。

注文すると途中で工房から手紙がきて、
「今、あなたのランドセルは、ここまで作っていますよ。」
という内容が書かれていたりします。

自分のランドセルができ上がっていく過程がきちんと感じることができて入学に期待が持てますね。

公式サイト:https://www.tsuchiya-randoseru.jp/
販売開始日:2018年4月18日~
※現在は受け付け終了のものもたくさんあります
価格帯:5~12万円程度

Sponsored Link

ランドセルメーカーの老舗中の老舗!大峡製鞄

ランドセル 工房 手作り 土屋鞄 人気
(画面キャプチャ)

続いては昭和10年から創業を開始している大峡製鞄です。

百貨店で見るものはもちろん、最近では「ビームス」や「コキチカ」、「モギカバン」などともコラボしています。
また、有名なところでは、国立・私立小学校のランドセルも手掛けています。

ランドセル作りに対して、一切の妥協のないランドセル工房です。
とっても高級なものもあり、全てコードバンで作られたランドセルは172800円となっています。

公式サイト:https://www.ohbacorp.com/
販売開始日:2018年6月19日~(WEB)
価格帯:4~17万円程度

大峡製鞄とコラボしているこどもビームスのランドセル。

 

上品な可愛さ!中村鞄製作所

老舗の確かな技術が集結されたランドセルです。

とにかく背負いやすさにこだわりを見せ、背当て部分には「シャトルクッション」を使用しています。
これはNASAでも使われている激しい震動に耐えられるクッションなんです。

宇宙に行っても大丈夫なクッションをランドセルにも使うんですから、負担は少ないですよね。

公式サイト:https://www.nakamura-kaban.net/
販売開始日:2018年4月18日(全国で一斉販売開始)
価格帯:4~8万円程度

中村鞄製作所では、電話での予約販売(0800-800-8941)も受け付けています。
※店舗では、アウトレットランドセルの販売もあるようです。

※2019年度の受付はすでに終了しているようです。

レトロな雰囲気が重厚感をもたらす鞄工房山本

アンティーク調の金具や落ち着きのあるカラーが人気の鞄工房山本です。

 

工房系の中でも豊富なカラーバリエーションを誇ります。
また、それと同時にレトロなデザインと革の色で、いつまでも色あせない美しさを保つことのできるランドセルでもあります。

一貫されたランドセル作りをしており、とにかく丁寧に作り上げてくれます。

公式サイト:https://www.kabankobo.com/
販売開始日:2018年5月13日~
価格帯:5~17万円程度

価格には開きがありますが、一番高いものは全てコードバンというものです。
とても高級感が溢れますよね。

色鮮やかなランドセル!黒川鞄工房

◦ こんばんは❤️ 昨夜大安の日に 待ちに待ったランドセルが 届いたので 記念にpostさせてください😍💚 ◦ GWに銀座ショールームへ 伺い決めたランドセル。 息子も「黒がいい!」と、 ぶれなかったので すんなり決まりました😊❤️ 私はキャメルもいいなー…と 思ったのですが、そこはグッと堪えて🤣 ◦ ため息でるほど カッコいいランドセルです☺️ スムース牛革の光沢と柔らかさ‼︎ 素敵😍 ◦ ランドセルをつくっている 職人の皆様♡ 素晴らしい御品ありがとうございます。 ◦ #黒川鞄#黒川鞄ランドセル#黒川鞄工房#ランドセル#新一年生#待ち遠しい#男の子ママ#ありがとうございます#工房ランドセル

haruさん(@haru_san_7)がシェアした投稿 -

革の色が鮮やかで、小学校生活が楽しくなっちゃうランドセルです。

ロングフラップやブライドルレザーなど、他では見たことのないようなデザインが豊富でもあります。
ロングフラップというのはかぶせ部分が底の部分まであり、丸みを帯びていて、なんだかあたたかく感じるデザインです。

公式サイト:https://www.kurokawa-kaban.com/randoseru/
販売開始日:2018年3月29日~
価格帯:7~21万円程度

こだわりのランドセルなので、それに伴い価格も上昇しております。

ぴかちゃんランドセルの池田屋

 

「ぴかいち背カンするピタ」が特徴のぴかちゃんランドセルも販売しています。

シンプルなデザインでも、ステッチ部分や淵部分のカラーバリエーションなどが豊富なランドセルです。
カラーオーダーメイドランドセルもあり、選べる楽しさを感じることができます。

公式サイト:http://www.pikachan.com/
販売開始日:2018年4月12日~
価格帯:4~9万円程度

工房系ランドセルでも、十分に手を出すことのできる価格になっています。

手縫い仕上げの萬勇鞄


デザインも豊富にあるランドセルです。

外見はシンプルにできていても、かぶせ部分を開けるとそこにはワンポイントで刺繍が施されています。
この刺繍も上品で、とっても可愛いですよね。

公式サイト:https://www.manyu-randoselu.jp/index.html
販売開始日:2019年5月13日~
価格帯:4~8万円程度

仕上げの縫製は手縫いになっており、壊れやすい個所はしっかりと縫製されていきます。
こうすることで、6年間しっかりと使うことのできるランドセルになるんです。

種類が豊富な村瀬鞄工

シンプルで良い品質のものから、華やかなものまで、種類がとても多いのが特徴的です。

2019年度は大丸・松坂屋さんでコラボしており、限定商品もありますので、見逃せません。

大丸・松坂屋さんのランドセルについてはこちらの記事でどうぞ。

 

今年で創業60周年という長い歴史を持っているランドセル工房さんです。

公式サイト:http://www.murasekabanko.co.jp/
販売開始日:2018年4月1日~
価格帯:5~10万円程度

コードバンからクラリーノまで素材もデザインも豊富です。

温故知新なモギカバン

時代にあわせたランドセル作りをしているモギカバンです。

1つ1つ丁寧に、という昔からの職人さんの作り方と、時代にあわせた機能性という二つの面からランドセルにアプローチしている工房さんです。
大峡製鞄さんとも工房系同士でコラボしており、そちらのランドセルも人気です。

公式サイト:https://mogi.me/
販売開始日:2018年6月7日~(現在完売商品多数)
価格帯:5~9万円程度

工房系ランドセルには珍しいキューブ型ランドセルも取り入れてくれています。
収納力も抜群です。

国産鞄の聖地で生まれたHAKURA

国産鞄の7割は兵庫県豊岡市で作られています。
その聖地で誕生したのがHAKURAのランドセルです。

左は、耐性牛革ウィングチップランドセルの「ネイビー×チョコ」、右は、耐性牛革コンビネーションランドセルの「フレッシュ×チョコ」です!どちらも羽倉おすすめの人気商品になります。鋲のないかぶせがシンプルで、一目で羽倉とわかりますね。 #羽倉#羽倉の手づくりランドセル#HAKURA#ランドセル#ショールーム#江坂#泉佐野#豊岡#ランドセル選び#豊岡鞄#コードバン#牛革#工房#カタログ請求#ラン活#ピンク #ピンクのランドセル #ランドセル工房#入学式#新一年生 #ネイビー#ラン活2019#ウィングチップ#紳士#紺色#男の子#女の子

ランドセル/ 羽倉の手づくりランドセルさん(@hakura_randsel)がシェアした投稿 -

豊岡鞄職人の英知を結晶したかのようなランドセルで、機能性はランドセルメーカーのものと劣らないのです。
例えば、かぶせ部分の鋲をなくし、スタイリッシュなデザインにしてみたり、

コバ磨き仕上げなど、細部にまで職人の技が光っています。

公式サイト:https://www.hakura-randsel.jp/
販売開始日:2018年4月26日~
価格帯:5~7万円程度

デザインも、バイカラーなどを使うなど、他にはないスタイリッシュさです。

セレクトオーダーができるランドセル工房生田

本体のカラーを選ぶところからオーダーできるランドセルが人気です。

⠀ ランドセル工房生田 2018セレクトオーダー例です。 商品名:プレミアム匠 / コードバン 本体カラー:ブラウン フチ:ネイビー 内装:ブラック 背中の色:グレー 持ち手あり ランドセルの色味はご使用のPCモニタ、スマートフォン等の環境により差があります。 ご了承ください。(撮影環境:室内蛍光灯) #ランドセル工房生田 #ランドセル #ランドセル工房 #本革ランドセル #職人 #大阪 #生田鞄 #生田ランドセル #革 #本革 #レザー #leather #randsel #ransel #cordovan #オーダーランドセル #手作りランドセル #ラン活 #ランドセル選び #プレミアム匠

ランドセル工房生田 Ikuta Randselさん(@ikutarandsel)がシェアした投稿 -

基本の形を選び、そこから色や鋲の感じなどまで細部に渡ってセミオーダーできます。
まさに、自分だけのランドセルを工房系で作ることができますね。

本当に人気で、もうすでに完売しているものもたくさんあります。

公式サイト:https://www.randsel.jp/
販売開始日:2018年4月28日~
価格帯:5~7万円程度

展示会や工場見学も実施してくれています。

こだわりが満載された五十嵐製作所

ランドセル職人さんは皆熟練された人たちで、その人たちのアイデアとこだわりが詰まったランドセルです。

ランドセルの各部分には、そこに適した素材があり、その革素材を職人さんが1つ1つ選んで使ってくれています。
もちろん、手作業で作られていますし、保証などもしっかりとしています。

公式サイト:https://www.igarashi-kaban.com/index.html
販売開始日:2018年6月ごろ~
価格帯:5~7万円程度

シンプルで飽きのこないデザインだからこそ、品質の良さが光ります。

リメイクにも対応してくれる宇野カバン

インスタグラム始めます🎒#ランドセル#岐阜革工房

宇野カバンさん(@unokaban)がシェアした投稿 -


シンプルだけど、どこかちょっと可愛いランドセルです。

背負いやすさとA4ファイル対応ということにこだわりを持っている手作りのランドセルです。
手作りランドセルを体感できる「お試し」も開催してくれています。

公式サイト:https://www.unokaban.jp/
販売開始日:2018年3月21日~
価格帯:5~7万円程度

6年間使い終わったランドセルは宇野カバンに持ち込むと、リメイクとしてパスケースなどに加工してくれるサービスもあります。
ランドセルの処分にも困ることのないサービスですね。

シックなランドセル!トヤマかばん店

渋いデザインのランドセルです。

#トヤマかばん #ランドセル #ランドセル着脱式持ち手

トヤマかばん店さん(@toyamakabanten)がシェアした投稿 -

人気です。
コードバンのランドセルはすでに予約が受け付け終了になっています。

ツートンタイプのカラーデザインは個性的です。
他にも、デニム調などポップなものもあります。

公式サイト:http://www.toyamakaban.jp/
販売開始日:2018年4月18日~
価格帯:5~8万円程度

春に革の注文をかけるので、追加販売などができません。
気に入ったランドセルは早めに予約しておきましょう。

純国産ランドセル!堀江鞄製造

堀江鞄と言えば、様々なかばん作りに携わっている工房です。
その鞄工房のランドセル専科のランドセルも人気ですよ。

ランドセルを選ぶポイント 堀江鞄製造ではランドセルを心待ちにしてくれている子供達のために、全ての工程にこだわって作っています。 デザインや機能性はもちろん、6年間しっかり使える丈夫さを兼ね備えていますので高学年になっても安心してご使用いただけます。 また、小さな工房で少量生産となっているので、自分だけの特別なランドセルとして6年間一緒に過ごすパートナーになってくれる事を心より願っております。 #ランドセル選び #ラン活2019 #皮製品 #しょうがくいちねんせい #小学生男子 #小学生女子 #日本製 #madeinjapan #堀江鞄 #手作り #ものづくり #職人 #ラン活

堀江鞄製造 ランドセル専科さん(@horie_randosel)がシェアした投稿 -

純国産手作りランドセルということにこだわりをもち、全て大阪の工房でつくっています。
たくさんの種類があるので選ぶのに迷ってしまいそうです。

公式サイト:http://horiebag.com/
販売開始日:2018年4月19日~
価格帯:4~8万円

楽天などでも公式販売店を持っていますので、そこからでも購入可能です。
購入できる窓口が多いというのは、嬉しいですね。

全国カバン技術コンクールで賞を貰った職人が作るランドセル!ナガエかばん

数々の賞を受賞している熟練の職人さんが作ってくれるランドセルです。

いいものを少しだけ・・・というコンセプトでランドセルを作られているので、毎年本当に限定的な本数です。
少しだけをじっくりと作ってくれるので、個性的なランドセルが多いのも特徴ですね。

公式サイト:http://www.nagae-bag.co.jp/
販売開始日:2018年4月25日
価格帯:6~10万円程度

肩ベルトの部分は、子どもの体型にあわせて3種類の中から選ぶことができるようになっています。
一番フィットする物を選べるのも嬉しいですね。

カルちゃんランドセルの神田屋鞄製作所

オーダーランドセルとデザインランドセルの2種類から選ぶことのできるランドセルです。

デザインランドセルは「カルちゃんランドセル」で、傷などに強い素材を使ったりクッション性に優れた肩ベルトを使ったりと様々な機能がついています。

オーダーメイドランドセルは

  • 素材
  • 刺繍
  • 内部の柄
  • サイドのステッチ

など細かな部分まで選ぶことができます。

公式サイト:https://kandaya-kaban.net/
販売開始日:2018年5月3日
価格帯:4万円から(オーダーメイドは6万円程度から)

現在、人気の色などは完売しております。
公式サイトからご確認ください。

タイプごとに好みを選べるバンビ鞄工房

クラシックなものから華やかなものまで選ぶことができるランドセルです。

デザインランドセルでも、素材の種類によって3種類ずつ用意してくれていて、自分の買いやすい価格での検討もしやすくなっています。
デザインは好きだけど、素材は嫌だな・・・なんて悩む必要がないんです。

公式サイト:http://www.banbi.co.jp/
販売開始日:2018年5月~
価格帯:4~8万円程度

ランドセルを買うと、雨カバーや傘など10このプレゼントがついてくるのも嬉しいところです。

耐久性重視!近藤かばん

本革や手縫いにとことんこだわったランドセルです。

手縫いで素材も確かなものを使っているので、耐久性は抜群です。
それと同時に背当てなどの色を選べたり、持ち手をつけるといったオプションもあり、オーダーできるランドセルになっています。

オーダーの種類はオプションも含めると14項目にもなっており、本当に世界に1つだけのランドセルを作れます。

公式サイト:http://kondo-kaban.jp/
販売開始日:2018年5月~順次受付中
価格帯:5~8万円程度

牛革にカモフラージュ柄を型押ししたものなど、個性的なランドセルもありますよ。

完全オーダーメイド!GALSON

今日受け取ってきた息子のランドセル🌸 最初から色の希望はキャメル一択だった息子。 初めてガルソンさんに行ったときは、本体キャメルで縁を茶色にするつもりだったんだけど、 息子の雰囲気だと縁もキャメルでシンプルめにしたほうがいいかなって。 キャメルのランドセルって色んなお店からたくさん出ているけれど、 シンプルなものを望むと女の子が選ぶからか糸が薄め(ベージュとか)が多くて背面もアイボリーだったり白っぽい優しい感じのものばかりで。 ガルソンさんでもキャメルの見本は何パターンもあるのに糸が濃い茶色のものは縁が茶色のものにしかなくて... 見本にない組み合わせだから少し不安だったんだけど、 糸を濃い茶色、背面も濃いめのベージュに、そして中はグリーンチェックで注文したの。 ドキドキしたけど、予想以上にシックで✨✨シンプルだけど男の子っぽく仕上がっていて親子で大満足🤗❤️ そして写真に続きまたまた親バカだけどめちゃ息子っぽいランドセル‼︎笑✨ 黒かネイビーにしときなよーって伝えてもキャメル一択だった息子、自分に似合うものよくわかってるんだなあ。 本体だけでなく糸や縁、背面や内側まで選べるオーダーメイドで品質も良いのに良心的価格で本当ガルソンさんにしてよかったー✨ もう1人、できれば女の子を産んでランドセルを買いにガルソンさんに行きたいくらい笑👶 女の子だったらローズピンクとかも可愛かったなあ🌹キャメルで糸や背面をラベンダーとかも😍 これからランドセルを探す方、ガルソンランドセルとってもオススメです‼️ でも実物を見たくてもさいたまに一箇所しかお店が無いってのが大変だけど... 住まいが埼玉だから、周りを見てもガルソンか土屋か三越伊勢丹かって感じの分布🎒🌸🏫 #ガルソン #ガルソンランドセル #ランドセル #ラン活 キャメル溢れているから悩みすぎて注文遅れた笑。今年は土屋も完売が遅かったから悩む時間たくさん持ててラッキーだったな🤞

37.ymさん(@37.ym)がシェアした投稿 -

完全オーダーメイドなのに、4万円以下で作ることができます。

オーダー内容は

  • 素材
  • 淵の色
  • ステッチの色
  • 内張りの模様
  • 背当て部分の色

これだけを選んで注文することができます。

デザイン性などはありませんが、それでも貴方だけのランドセルになっています。

公式サイト:http://www.galson.co.jp/index.html
販売開始日:2018年4月15日~
価格帯:3~5万円程度

店頭まで引き取りに行くと更に値引きしてくれるようです。

職人さんの技術がキラリと光るランドセル達

工房系ランドセルの魅力は何と言ってもランドセル職人の「技術」と「手間」です。
6年間という長い時間を一緒に過ごすランドセルだからこそ、上質のものを選びたいですよね。

工房系のランドセルを少しずつではありますがご紹介しました。
すでにそこも販売は開始しています。

再販売などはほとんどの工房で臨めませんので、早めにご検討下さい。

以上「手作り工房系ランドセル2019の人気と違いを徹底比較!注目の特徴と価格についても」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ポロ・ラルフローレンのランドセル2019全種類を解説!要注目の購入方法も解説
【人気急上昇】キャメル色のランドセルおすすめ15選!上品で男女にも人気なメーカーは?
こどもビームスと大峡製鞄のランドセル2019の価格や評判は?気になる内寸のサイズなど詳細情報も
【2019】ミキハウス・ファミリアのランドセルの色や価格など詳細情報!口コミ評価や購入方法も解説

Sponsored Link



-生活・育児の豆知識

Copyright© ホンマでっか!?ウソでっか?CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.