ランドセル ハシモト 協和 セイバン おすすめ 口コミ

生活・育児の豆知識

ハシモトのランドセルの特徴と口コミ!フィットちゃんのメリットとデメリットまとめ

投稿日:

入学を控えた子どもを持つお父さん、お母さんの心配ごと、それはランドセル選びです。
どこのどんなランドセルを選べば良いのか迷います。

そんなランドセル業界の中でも、良く耳にするのが

  • セイバン
  • ハシモト
  • 協和

の3社です。

今回は、この3社の中でハシモトの特徴をご紹介するとともに、メリットデメリットもご紹介します。

Sponsored Link

ハシモトの特徴は背中にフィットの「フィットちゃん」

ハシモト、と聞いてもピンとこない方でも「フィットちゃん」と聞くと、分かる方もいるのではないでしょうか?
それぐらい、ハシモトのランドセル「フィットちゃん」は有名でTVCMなどでも良く見かけます。


このCM必ず一度は見たことがあるのではないでしょうか?

ランドセルメーカーの中で、ハシモトはカラーやサイズで分けると約137種類あり、メーカーの中で最多になっています。
富山県富山市に本社を置くハシモトは創業が1946年と古く、これまで多くの小学生の背中に背負われてきました。

ハシモトのランドセルには、老舗メーカーならではの特徴も多くあります。

Sponsored Link

特徴①「フィットちゃん」

ハシモトのランドセルの代名詞とも言ってもいい「フィットちゃん」ですが、何がどうフィットするのか?というと、それは肩ベルトの部分にあります。
ブランドコラボのランドセルにも使われることの多い「フィットちゃん」は、肩ベルトを25度あげています。

こうすることで、肩への圧迫感がなくなっています。
また、肩ベルトの部分の背カンが左右に動く仕組みになっていて、こうすることで、着脱時に窮屈さを感じにくいようになっているのです。

慣れてくれば何ともない、ランドセルも小学一年生にすると扱いにくいものです。
そこで、メーカー側の努力で一年生でも無理のないようにしてくれているんですね。

特徴②「安心安全設計」

ランドセルは、6年生まで使うものです。
なので、途中で壊れたり変形して欲しくないというのが本音ですよね。

ハシモトのランドセルは強化プレートを縫い合わせ、変形しやすい「マチ」の部分の型崩れを防いでいます。
それと同時にランドセルの端が光る「安ピカ」タイプもあります。

これは暗い道を歩く時に、車のライトなどでランドセルが光るようになっています。
60m先からでも光るのが見えるので、冬など日照時間が少ない季節も安心です。

特徴③「オーダーメイドできる」

年間500本限定ですが、フィットちゃんをオーダーメイドで注文できます。
これは本当に人気なので、すぐに完売してしまいます。

どうしても自分の子どもだけのランドセルを!とお考えの方は早めにどうぞ。
https://www.fit-chan.com

ハシモトのランドセルのデメリットは?

ハシモトのランドセル、特に「フィットちゃん」についてのデメリットはというと

  • おとなしい子どもには必要ない機能
  • かわいらしいデザインが多い

といったところです。

フィットちゃんの背カンの部分は、肩ベルトが左右自由に動きます。

このため、ランドセルを背負ったまま走った時にも左右に振られる衝撃を吸収して壊れにくくなっているというメリットがあります。
しかし、これは活発な子どもなら、の場合です。

ランドセルを背負ったままうちの子はそこまで走ったりしないわ、という家庭にはフィットちゃんのメリットは少ないかもしれません。
また同時に、デザインが豊富なフィットちゃんですが、男の子向けのデザインが比率でいうと少なく、選びシロが少ないという部分もあります。

フィットちゃんの楽しい機能

ランドセル選びをしたいけれど、展示会や店舗になかなか忙しくていけれない、そんな人のためにこんなアプリがあります。
それが「ランドセル試着アプリ」です。

このアプリを使えば、たくさんある種類の中から気軽に背負ってる感じの写真をとることができます。
と、同時に、子どもにも自分が実際ランドセルを背負うとどうなるのか?というのもイメージできます。

心の入学準備も一緒に行うことができます。

ハシモトのランドセル一覧

では、137種類ととっても多いハシモトのランドセルを一覧でご紹介しましょう!

安ピカッランドセル

まず最初に暗い夜道でも光る「安ピカッ」タイプのランドセルからご紹介します。

男の子向けと女の子向けの商品があり、どちらもランドセルの端が光るようになっています。

女の子向けの「安ピカッ」タイプは

  • あい・愛ティアラ(4色)
  • ロイヤルローズ プルミエール(5色)
  • プレミアムゴールド(3色)
  • ロイヤルローズ(2色)

があります。

どれも女の子をプリンセスにしてくれるようなかわいらしくて上品なランドセルが多いですね。

次に男の子向けのタイプです。

男の子向けは

  • タフボーイDX(2色)
  • グッドボーイDX(2色)
  • グランナイトブラック
  • グランナイト(4色)
  • タフボーイ(2色)
  • グッドボーイ
  • ハンサムボーイDX(4色)
  • ハンサムボーイ(2色)
  • フィットちゃん201

となっています。

男女兼用モデルとして高島屋とコラボしているモデルがあり、そちらは6色展開になっています。

女の子向けランドセル

ハシモトにはもちろん、安ピカッ以外のランドセルもあります。

女の子向けは

  • あい・愛ティアラ(10色)
  • あい・愛ティアラ パールカラー(6色)
  • プティガール(4色)
  • プティガール パールカラー(3色)
  • プレミアムゴールド(4色)
  • ロイヤルローズ(8色)
  • ロイヤルローズ パールカラー(5色)
  • ポップガール(3色)
  • パステルガール(4色)
  • べっぴんさん(2色)
  • ロマンティックガール(3色)
  • ロイヤルロータス(2色)
  • キュートガール(2色)

となっています。

本当にたくさんの種類と色があるんですね。

これだけあれば、他の人と被ることも少ないでしょう。

凝ったデザインのランドセルが苦手、という子どもも、こういったシンプルなデザインのランドセルも扱っていてくれるのが人気の証かもしれません。

男の子向けランドセル

続いて男の子向けのランドセルです。

男の子向けランドセルは

  • グッドボーイⅡ(5色)
  • グッドボーイ(5色)
  • タフボーイ(5色)
  • アスリートボーイ(2色)
  • ハンサムボーイ(5色)
  • ハンサムボーイ リピュートコンビカラー
  • ナイト騎士(3色)
  • フットボーイ(2色)
  • イートンクラブ(3色)

と、なかなかの種類です。

このタイプはサッカーが好きな男の子にピッタリのデザインです。

ちょっとプレミアムなランドセル

最後にご紹介するのはフィットちゃんの中でも少しプレミアムなランドセルです。

牛革(2色)

冠コードバン(2色)

どちらもとってもプレミアムで、しかも数量限定での販売となっています。
お早めにご検討ください。

ハシモトのランドセルの口コミは?

ではでは、実際に今まで買った人の口コミを見ていきましょう。

「小さな体にもちゃんとフィットしていて、大きさも重さもちょうど良かった。」

フィットちゃんランドセルはほとんどのランドセルで重さが1200g前後となっています。
(牛革とコードバンは除く)
なので、背負いやすくて軽いというのは子どもにとって嬉しいことですね。

「ランドセルについている反射板が色んな角度でついているので、本当に安心。
実際に自分が運転している時も、反射板の多いランドセルは目立つな、と感じるので満足しています。」

夕暮れ時などは本当に少しのことですが、目につかない場合もあります。
子どもの安全のこともしっかり考えてランドセルを選びたいですね。

「軽くて丈夫!!だけど、少し値段が高い。」

良い品物というのは、どうしても値段が上がってしまいます。
でも6年間使うことを考えたら、子どもが安心して使えるものを選んであげたいですね。

他のランドセルメーカー、セイバンと協和につきましてはこちらの記事でご紹介しております。


是非参考にして検討してみてください。

以上「ハシモトのランドセルの特徴と口コミ!フィットちゃんのメリットとデメリットまとめ」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ポロ・ラルフローレンのランドセル2019全種類を解説!要注目の購入方法も解説
【人気急上昇】キャメル色のランドセルおすすめ15選!上品で男女にも人気なメーカーは?
白・ベージュのホワイト系ランドセルおすすめ10選!汚れは目立たないのか?の疑問にも回答!
型落ちランドセルとは?安いのはメリットだがデメリットも?購入前要チェック事項まとめ

Sponsored Link



-生活・育児の豆知識

Copyright© ホンマでっか!?ウソでっか?CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.