行事・イベント

ひな祭りの献立で主菜と副菜はなにがおすすめ?ちらし寿司以外でおすすめの食べ物は?

今年のひな祭りの献立は何にしようかな?
毎年悩みますよね。

ちらし寿司で十分な感じもしますが、でもやっぱりちらし寿司だけ・・・じゃあなんだかさみしいような。
だからってハンバーグやパスタを作るっていうのもなんか違う・・・。

なかなか悩ましい問題です。
そこで今回は、ひな祭りにぴったりの献立を提案します!

是非参考にして下さいね(^^)

Sponsored Link

ひな祭りの基本は押さえておきたい

ひな祭り 献立 おすすめ 主菜 副菜

ひな祭りの献立は

  • ちらし寿司
  • ハマグリのお吸い物

というのが定番です。

折角ですので、この2つは縁起ものですし押さえておきたいですね。

これだけではやっぱりちょっと物足りない・・・ということでここに主菜・副菜を加えたい。
ということで、まずはメインになる主菜からおすすめをご紹介します。

Sponsored Link

ひな祭りの主菜①「桜鯛」

日本のお祝い事と言えば「鯛」です。
とくにひな祭りの頃なら「桜鯛」が旬です。

  • 塩焼き
  • 煮つけ
  • 桜蒸し

など色々な調理方法がありますね。

できるだけお頭付きで出したいものですね(^^)

<材料>

  • キャベツ
  • 和風だし
  • 料理酒
  • めかぶ
  • ポン酢

もし小さいお子さんがいる場合は、鯛の骨は固いので気をつけてくださいね。
メインに鯛がまるまるあれば、「なんか今日の食卓すごいね」と言ってもらえること間違いなし!ですよ。

ひな祭りの主菜②「鶏肉」

ひな祭りだから!という料理ではありませんが、ひな祭りは子どものお祭りです。
なのでやっぱり子どもに喜んでもらいたい!ということで、好きな物を作るというのも良いですね。

ちらし寿司やはまぐりのお吸い物は魚介類なのでメインにお肉を・・・と考える人も少なくないです。

  • からあげ
  • 鶏の照り焼き

などは子供も大好きなメニューですよね。

<材料>

  • 丸どり
    (なければチキンレッグなどでも作れます)
  • 塩コショウ
  • ローズマリー
    (乾燥したものでも大丈夫)
  • ローリエ
  • オリーブオイル
  • 人参
  • 玉ねぎ
  • ニンニク
  • じゃがいも
  • その他お好みの野菜やハーブなど

(ブライン液)

  • 砂糖

ローストチキンは普段の食卓にはなかなか出てこないごちそうです。
そしてお肉料理なのに彩りが豊か!

これだけ揃っているので、ちょっと作る手間はかかりますが、頑張りがいのある料理ですね。

ひな祭りの主菜③「牛肉」

牛肉を使った料理も子どもが大好きな料理の1つですね。
実は、先ほどの鶏肉もそうなんですが、牛や鶏は食べると金運が上がるとされている食べ物です。

中国の五行説によると十二支の中で金運をつかさどっているのは「丑」と「酉」だそうです。

  • ローストビーフ
  • 牛肉の野菜巻き

といったものはいかがでしょうか?

牛肉の野菜巻きは、色も鮮やかになりますね。

簡単なのに絶品ソース!牛薄切り肉でお店のようなビーフカツレツ

簡単なのに絶品ソース!牛薄切り肉でお店のようなビーフカツレツ

こっぷんかぁちゃんさん

牛薄切り肉を丸めて揚げるだけ!簡単ソースを添えればお店のようなビーフカツレツに!
レシピブログ

とっても簡単にできますし、ソースのおかげで「茶色におかず」にならないというのもありがたいところですね。

副菜だって食卓に彩りを・・・

ちらし寿司とお吸い物があるんだから違うメインを作らなくても・・・。
という家庭もあると思います。

ちらし寿司の中には色んな具材が入っていますので、メインとしても素晴らしい料理です。
そこで副菜を添えて更にお祝いムードを作っていきましょう。

ひな祭りの副菜①「煮物」

お祝いごとに煮物を作るというのは日本では珍しいことではありませんでした。
というのも、煮物にはたくさんの具材が入っていて、大きなお鍋に入れて一緒に煮ます。

この事から「家族みんなの絆が深まり、仲良く過ごせるように」といった意味も込められています。
煮物の中の具材にもそれぞれ意味のあるものが多く、お正月のおせち料理に煮しめが入っていることも多いですね。

そして煮しめはちらし寿司との相性ももちろん良いのです。

* お正月・お節 ❤ 七宝煮(筑前煮)♪

* お正月・お節 ❤ 七宝煮(筑前煮)♪

Aliceさん

七宝煮は、色々な願いがこもった縁起のよい食べ物の料理です♪筑前煮に似てますが、野菜の切り方にこだわりがあるそうです。
レシピブログ

野菜の飾り切りをすることで華やかになりますね。

ひな祭りの副菜②「菜の花」

桃の節句と言えば”菜の花”がスーパーなどに並ぶ季節ですね。
おひたしなどが良いですが、子どもには敷居の高いメニューです。

<材料>

  • 菜の花
  • だし汁
  • しょうゆ
  • みりん
  • 練りがらし
  • 塩・サラダ油・しょうゆ

少し菜の花は食べにくいですが、卵の黄色と菜の花の緑がとっても春らしい一品です。

作り方の詳細は、こちら

ちらし寿司もデコってみる?

ちらし寿司以外のレシピをご紹介しましたが、だからと言ってちらし寿司をないがしろ(?)にしてはいけません。
ちょっと盛り付けを工夫すればそれだけで一気にパーティになるんですから、本当に助かりますよ。

例えばこちら。

ケーキの型を使ってこんな風に盛り付けてはいかがですか?

大きな器によそう時も、色とりどりに飾りつければとっても食欲をそそられますね。

あげやサーモンのお刺身で着物を作ればおひなさまのでき上がりです。

ひし形も牛乳パックを使えば簡単にできるようです。
牛乳パックを開かずに高さ20cmぐらいに切ります。

四角い牛乳パックを少し斜めにおしてひし形にします。
その中にご飯をつめ、間にキュウリや鮭の刺身、卵などを乗せ牛乳パックを抜きます。

これでひし形のお寿司のでき上がりです♪
可愛いですよね。

100均で買ってきた半透明のカップの中にお寿司を入れてもかわいらしいです。

うずらの卵でおひなさまとお内裏様を作って乗せるのも喜んでくれそうですね。

ちらし寿司の具材を全部丸く切って乗せる「水玉寿司」も可愛いです(^^)
是非ちらし寿司もデコレーションしてひな祭りを楽しんでくださいね。

以上「ひな祭りの献立で主菜と副菜はなにがおすすめ?ちらし寿司以外でおすすめの食べ物は?」をお送りしました。



-行事・イベント

© 2022 ホンマでっか!?ウソでっか?CH Powered by AFFINGER5