地域 行事・イベント

冬休みの日帰り家族旅行におすすめの穴場スポット9選!関西版

投稿日:

師も走る師走がやってきました。
2018年もそろそろ終わります。

2019年を迎える前に、冬休みの予定は決まっていますか?
やってくる冬休み。

毎日どうやって時間を過ごそう、なんて思っているお父さん・お母さん!
今回は、関西近辺で日帰りで十分楽しめる家族旅行のスポットをご紹介します。

Sponsored Link

あなたの家族はどのタイプ?

まず、家族旅行と一口に言っても、どんなことが好きなのか?ということで、選ぶ選択肢は大きく変わってきます。

そこで

  • アクティブタイプ
  • アートタイプ
  • 寒いの苦手タイプ

でおすすめのスポットをご紹介します。

Sponsored Link

アクティブタイプにおすすめの日帰り家族旅行3選!

まずは、アクティブにウィンタースポーツを楽しむタイプです。
寒いけど、それがなんだ!!という意気込みで日帰り旅行を楽しみましょう!!

おすすめ①「京都亀岡パラグライダー タンデムコース」京都府

子どもがある程度何でもできるようになったらパラグライダーはいかがでしょうか?
3歳から体験することができ、空からの雄大な眺めはここでしか味わうことができないものです。

標高470メートルから360度全てを見渡せるというのは他にはないでしょう。
もちろんタンデムコースなので、インストラクターが全て運転などもしてくれます。

あなたは空中写真をとることもできます。
フライトは約10分程度ですが、一生忘れることのできない10分になることでしょう。

体験された人の感想は

『息子と二人でお世話になりましたが、親切なご指導のもとしっかり楽しめました。
初めての体験でしたが、パラグライダーに対して楽しいイメージが持てましたし、機会あればまたチャレンジしたいと思います。』

『タンデムフライトコースに、5歳の子どもと参加しました?
子どもは少し緊張していたものの、上に上がればやる気満々!とっても楽しめたようです。
飛んでしまえば最高の景色に怖さも吹き飛びました。』

など。

飛ぶ瞬間までは怖いかもしれませんが、体験された後は皆さん、爽快なようですね。

おすすめ②「スノーシューツアー」滋賀県

スノーシューは雪の上を安全に歩くことができるアイテムで、これを履いて雪道のトレッキングを楽しむツアーです。
スキーやスノボのように、技術はそこまで必要なく、感覚を掴むことができれば誰でも気軽に体験できます。

小学生から参加OKなので、家族全員で雪道の散歩を楽しむことができます。

もちろん、雪道なので、ガイドツアーさんが同行してくれて安全面には十分留意してくれるので安心です。
https://sotoasobi.net/

しかも、このゼログラビティ主催のツアーではスノーシューと同時に石窯ピザを作ることも体験できます。
自分で作ったピザがお昼ご飯になりますよ。

家族向けのコースでアップダウンも少なく挑戦しやすいのではないでしょうか?
所要時間は約5時間です。

体験された人のコメントは

『誰も足跡をつけていないキレイな雪の中をズボズボと突き進んでいったり、特に下りはあっという間に駆け下りていくのが最高です!』

『坂道を走り降りたり、雪面にダイビングしたり。
普段の生活にはない爽快感を味わいました。』

とのこと。

新雪の中を歩いていくのは気持ちが良い体験ですね。

おすすめ③「平磯海づり公園」兵庫県

冬ってお魚のおいしい季節ですよね。
海釣りにでかけると、想像以上の釣果が得られる場合もあります。

その体験を気軽にできるのがこの須磨の海づり公園です。
手ぶらで行ってもつりざおのレンタルもできます。

また施設は釣台が4か所あり、魚が集まってくるようになっているので、様々な魚を釣り上げることができますよ。
そして親子で参加できる釣り教室もありますよ。

体験された人の口コミは

『親自身もほぼ初めての釣りで、親子釣り教室というのに参加しました。
とても簡単で、わかりやすく指導してくださったので、思いっきり楽しめました。
潮目も関係なく、棚さえわかれば結構普通に釣れました。』

『幼稚園児を連れていきました。
最初はなかなかでしたが、釣れ始めると子どもも楽しんでいました。
自分のつった魚を見てニコニコしていて良い経験ができたな、と思いました。』

など。

釣り上げるというのは特別な体験ですね。

アート系におすすめの日帰り家族旅行3選!

続いては冬だからこそ、じっくりとアートに浸りたいという家族の皆さんへのおすすめのスポットです。

おすすめ①「アドベンチャーワールド」和歌山県

日本でもパンダを見ることができる数少ないポイントです。
アドベンチャーワールドのすごいところは、サファリと動物園と水族館、遊園地が一緒になっているということです。

サファリでは周遊バスに乗って楽しむこともできますが、草食ゾーンでは歩いてサファリを楽しむこともできます。
自分の目と鼻の先にサイがいるなんていう体験をできるのはここだけではないでしょうか?

他にも、水族館も動物園も充実していて、イルカのショーやペンギンの園内散歩などを楽しむこともできます。

子どもが動物などに興味を持っているのなら是非、行ってみてはいかがでしょうか?

体験された人の感想は

『パンダの赤ちゃんが可愛くて、寒さも忘れてそこでずっと見ていた。』

『体験コーナーも多く、イルカのプールにカヤックで入れるものもあった。
人気でチケットが即完売だったからできなかったけど、次はやりたい。』

ということです。

イルカなどに触れ合える体験は人気なので、早めに来園したいですね。

おすすめ②「大阪市立科学館」大阪府

日本最古のプラネタリウムがある施設です。
土日祝の11:10~のプラネタリウムではファミリータイムとなっていて、家族で楽しむことができる回になっています。

プラネタリウム以外にも、サイエンスショーや、エキストラ実験ショーなど、子どもたちの知的好奇心をくすぐるイベントが盛りだくさんです。

館内は「宇宙とエネルギー」がテーマになっています。
館内は飲食持ち込み可なので、是非お弁当などを持っていきましょう。

体験した人のコメントは

『プラネタリウムは、ファミリータイムに参加しました。
リクライニングが、気持ちよく、内容も、楽しく、子供は、喜んでいました!
幼稚園の子供も、楽しめます。
科学の事はまったく、わかりませんが、それなりに、子供でも、楽しめるところです。』

『5歳君と7歳ちゃんは科学の仕掛けに興味津々!走り回ってたっぷり楽しめていたようです。
京阪電車でも行きやすいので京都の方もぜひ!』

となっています。

子どもの興味を引くような仕掛けになってくれているのは嬉しいですね。

おすすめ③「ポルトヨーロッパ」和歌山県

和歌山県の海沿いにある様々な観光施設が集まった「和歌山マリーナシティ」。
その中にある「ポルトヨーロッパ」はまるでヨーロッパにいったような感覚になれるスポットです。

中世の地中海をイメージした園内で、様々なアトラクションがあります。
一番他の施設と違うのは園内の運河の中をイルカが泳いでいるところです。

2018年は「フェスタ・ルーチェ」というイベントを開催し、イルミネーションも点灯します。
入園料が無料なのも嬉しいところですね。

体験された人の口コミは

『ポルトヨーロッパは写真スポットもあり素敵な写真が撮れました!
息子(1歳)が乗れそうな乗り物は観覧車も含めて6個位あったので、幼児にしては十分楽しめたと思います。
移動は常にベビーカーでしたが、不便はなかったです。
施設内にキッズコーナーもあり、ボールプールなどもありました!』

『入場料も無料で、乗り放題チケットを買えばいろんな乗り物に乗れて、三歳の娘でもほとんどの乗り物にのれました。
マグロをメインにした黒潮市場は多くの魚介類を食べれてバーベキューも出来るんですが、人が多くて今回は諦めました。』

など。

隣接して「黒潮市場」があるので、そこでご飯を食べる人も多いようですね。
新鮮な海産物が味わえるようです。

寒いの苦手系におすすめの日帰り家族旅行3選!

最後に、寒いのだけは勘弁してくれよ、という家族のためのおすすめスポットです。

おすすめ①「奈良健康ランド』奈良県

冬でも常夏気分が味わえる天然温泉と温水プールの施設です。
大型屋内レジャープールは2019年2月11日まで営業しています。

その後は1カ月ほどメンテナンスをして再会予定とのことです。
ちなみに、このレジャープール、ウォータースライーダーや流れるプール、幼児用プールにバブルプールと多種多様です。

また土日祝に行けば「水鉄砲バトル」を開催してくれているようです。
子ども全員に水鉄砲を貸し出し、モンスター向かって撃ちまくるというイベントです。

子どもは絶対に退屈しませんよね。
他にも、屋内巨大エア遊具などもありますし、一日中退屈知らずの施設になっています。

体験した人の感想は

『中はとてもキレイで、屋内遊び場もすごく楽しめました!
一日遊ぶつもりででかけ、十分楽しめました。』

『人はたくさんいましたが、施設内は広いので、そこまで人の多さは気になりませんでした。
とにかく子どもは大喜びで、1番気に入っていたのがまるで砦のような大きなふわふわ遊具。
トランポリンのぴょんぴょんはねたり、探検したり、ボールプールで遊んでいました。』

とのこと。

プール以外のアクティビティもあるのが嬉しいところです。

おすすめ②「京都鉄道博物館」京都府

平成28年4月のオープンから、人気の高いスポットです。
実際の車両が多数展示されていて、子どもだけでなく、大人ももちろん楽しめる施設です。

嬉しいのは飲食スペースで、食堂が「ブルートレイン」の食堂車を配置している所。
鉄道ファンにはたまらないスペースではないでしょうか?

また、お仕事体験もすることができ、将来車掌さんになりたいという子どもには是非とも連れていきたい場所です。

体験した人の感想は

『1階の踏切展示、電車の模型で息子(2歳)は大興奮!
大人も十分楽しめました。
2階キッズスペースでプラレールに夢中。
電車や線路が少ないかもですが、他の子と貸し借りして楽しく遊んでいました。』

『1日では遊びきれないくらい盛りだくさんの展示。シンカリオン大好きな我が家の幼児は大興奮でした。
鉄道の歴史も知れて大人も楽しいです!
2歳の男の子には早いかな?と思いましたが、十分楽しめました。』

など。

館内は結構広いので、年齢を問わず楽しめるようですね。

おすすめ③「ピュアハートキッズランド伏見桃山」京都府

大型屋内公園で、雨が降っても大寒波がきても楽しめる場所です。
ほとんどの利用者が家族連れなので、どれだけ騒いでも迷惑になりません。

完全会員制で1人990円で一日中遊べます。
大型遊具もありますが他にも、貸出のマンガやマッサージチェアもあるので、大人も十分過ごせます。

季節ごとにイベントが開催されていて、今は「スノードーム」が作れるワークショップが開催されていますよ。

体験されたのコメントは

『中は想像以上に広くて、
4歳児も2歳児も思いっきり遊べました。
着せ替えコーナーや、ままごとお店やさんごっこも本格的です。
ふわふわの滑り台は、
よくすべるので大人も楽しかった(笑)。
清潔な砂場もあって、びっくり。』

『いろいろな有料キッズスペースに行きましたが、ここが一番広くて、遊具が充実していてよかったです。
ふわふわ滑り台にトランポリン、アーケードゲーム、砂場、おままごと、コスチュームに着替えての撮影、
その他、いろいろなクルマのカートを運転できます。
一時間に一度くらいに、スタッフの人が折り紙や手遊び、ミニボーリングなどのイベントをやってくれます。』

とのことです。

中学生から19歳までの子どもは保護者同伴でも入場させてくれないとのことなので、注意が必要です。

冬だからこそできること

冬休みって実質2週間程度でその間に大きなイベントもあるのでなかなか遠くには出かけられませんよね。
帰省をされる方もいらっしゃるでしょうし。

しかし、この冬休みはあなたたち家族にとって一生に一度の冬休みです。
お子さんの年齢が〇歳な冬休みはもう二度と巡ってきませんよね。

是非、その年、その年で家族全員で思い出を共有できるよう、素敵なお出かけを計画してみてはいかがでしょうか?

関東版はこちら!


以上「冬休みの日帰り家族旅行におすすめの穴場スポット9選!関西版」をお送りしました。



関連記事

お中元 マナー お礼状 地域 お返し

生活・育児の豆知識 行事・イベント

お中元は送料無料や割引を利用!失礼にならず安く済ませる方法とは?

人づきあいというのは、毎年、大体同じぐらいの費用がかかるものです。 最初は、まあいいかと思って始めたことでも、毎年となると結構かさんできて家計を圧迫することもありますよね。 でも、お中元はなかなか自分 ...

帰省 お土産 手土産 人気 相場

生活・育児の豆知識 行事・イベント

帰省時の手土産の相場の価格は?お菓子以外のおすすめやのしはどうする?などの疑問を解決

帰省するのに悩みはありませんか? 例えば、パートナーの実家に帰省する時って何か手土産は持っていくのか? その手土産は一体いくらぐらいのものを、どの親戚まで配るのか? 考え始めるとキリがありませんよね。 ...

北海道 お土産 喜ばれるスイーツ お菓子 2015

北海道 地域

北海道のお土産で喜ばれるスイーツとお菓子20選!【超保存版】

旅行や出張の際に購入する機会が多いお土産。 多くはお土産ショップや空港、駅などで購入できます。 しかし、お土産の中には地元在住者が手土産や贈答品に使うものもあるんです。 そこで今日は、道産子が選んだ北 ...

寒中見舞い 文例 出し方 時期 書き方

行事・イベント

喪中の寒中見舞いの期間はいつからいつまで?3つの考え方とその理由

今年は喪中だからと、喪中はがきを作ったはいいけれど、新年の挨拶もやっぱりしておきたい、と思うのは自然なことです。 また、喪中はがきを出してはいたけれど、年賀状を貰ってしまった・・・ということもあります ...

節分 豆まき 恵方巻

行事・イベント

節分の豆まきの意味や由来!まく時間が夜な理由や正しいやり方について

節分と言えば豆まき。 豆まきと言えば節分、と言ってもいいほど二つは強く結び付いています。 でも、そもそも、何で豆まきをするのか知っていますか? 子どもに聞かれると知っていないとちょっと困ったことになる ...

-地域, 行事・イベント

Copyright© ホンマでっか!?ウソでっか?CH , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.