生活・育児の豆知識

服は処分より寄付でリサイクル!送料無料や無料回収などおすすめ3選

投稿日:

着なくなった服ってどうしていますか?
すごいお気に入りだったけど、デザインが古くなってしまったり、子供の服ならサイズが合わなくなってしまったり・・・なんてこともありますよね。

もったいないけど、捨ていてるって人が多いと思います。
でもちょっと待って下さい!

捨てるのはまだ早いんです。
着なくなった服は寄付をすることができます。

リサイクルショップで買い取ってもらえなかった服もここに頼めば寄付できてしかもエコです。
そこで送料無料や無料回収してくれるところを見つけましたのでご紹介したいと思います。

Sponsored Link

クローゼットの中を整理整頓してみましょう

服 リサイクル 寄付 処分 送料無料

まずは、あなたのおうちにある服です。
クローゼットの中がいつの間にかパンパン!!なんてことになっていませんか?

これは誰にでもあることです。
シーズンごとに服をかいたしたり、流行りの服を買ったりすれば昔買った服は着なくなります。

そうなるとクローゼットの中がパンパンになってしまうんですよね。
ここでクローゼットの中をもう一度みて、いるものといらないものに分けることが必要です。

Sponsored Link

服を捨てられない人のために

クローゼットの中を見たけどなんだか捨てれない、と言う人のために、処分する服の基準をご紹介しましょう。

      1.1年以上きていない服はこれから先も着ない
      2.今の自分が「着たい!」と思わない服はもう着ない
      3.サイズが合わない服はいつまでも着ない
      4.ダメージの酷い服は絶対にもう着ない
      5.流行をとっても取り入れていてその流行が廃れた服はもう着ない

この5つです。

「まだもったいない。いつか着るかも」
ということで服を置いておく人が多いと思います。

しかしこの5つに当てはまる服は何回整理しても着ません。
是非寄付してリサイクルに回しましょう。

着ない古着は必要としている人のところへ

何故クローゼットの中を整理できないのでしょうか?
それは「もったいない」と思うからです。

確かに限りある資源は大切にしなくてはいけません。
しかし、着ない人のクローゼットの中に入っている服ってなにか価値があるでしょうか?

あなたのその着ない服を必要としている人が世界にはたくさんいます。

例えば

  • 被災地の人たち
  • 路上生活者
  • 難病の子どもたち
  • 児童養護施設などの利用者
  • 発展途上国の人たち

などです。

こういったところであなたの服が役に立ってくれると思うとなんだか嬉しくなりませんか?

着ない古着以外にも寄付できる?

今回は服をご紹介していますが、この他にも

  • カバン
  • 雑貨
  • おもちゃ

などを寄付できるところもあります。

いつまでも使わないものを捨てるのではなく、寄付することでリサイクルになるのは嬉しいですね。

着ない服を無料回収してくれるところ

では、早速、服を無料で回収してくれるところを3つご紹介します。

その①「G.Uやユニクロ」

店舗までいかなくてはいけませんが、無料回収ボックスがあるので、ユニクロなどに買い物にいったついでにいれることができます。
ユニクロの服だけ?と思うかもしれませんが、どこのブランドでも構わないようです。

自分で店舗まで行かないといけないので、ちょっと面倒に感じることもあるかもしれませんね。

その②「こども服未来ファンド」

名前の通り、子供のためのリサイクルです。
https://kodomofukufund.jp/

どんな服でも良いというわけではありません。

回収できるものは

  • 綺麗でダメージの少ない子ども服
  • 140サイズまで
  • 指定ブランドあり
  • 指定季節なし

と言ったものです。

ここの団体では回収した子ども服をリサイクル販売してそのお金を「子供の未来応援基金」に寄付しています。

なのでこれだけの条件がつくんですね。
条件を満たせば、送料は無料なので一切費用はかかりません。

郵送のみの受付で、専用キットで送付するだけです。
専用キットも無料で取り寄せることができます。

その③「古着deワクチン」

こちらは不要な衣類を回収して世界の子どもたちにポリオワクチンをプレゼントできるシステムです。
https://furugidevaccine.etsl.jp/

ポリオは5歳までにかかりやすい病気の1つです。
小さなお子さんをお持ちの家庭なら聞いたことがあると思います。

現在、日本ではポリオワクチンの予防接種が実施されています。
しかし、世界にはウィルスに脅かされながらも予防接種ができない地域もあります。

そこへのワクチンを届けられる、というシステムです。
回収には厳しい条件はほとんどなく、名前や会社名が入っている服でも回収OKだそうです。
申し込めば専用キットなどが送られてきます。

荷物を詰め込んでもう一度連絡すれば宅配業者が回収に着てくれます。
着払いで送ることができるので、費用は全くかかりませんね。

中には悪いことを考える人もいる

今回は不要になった服を完全無料で回収してくれるところを3つご紹介しました。
この他にも、送料だけを払えば回収してくれるところもたくさんあります。

そして注意して欲しいのはこういった業者の中には偽物業者もいるということです。
残念なことですが、やけにおいしい話には注意して下さいね。

以上「服は処分より寄付でリサイクル!送料無料や無料回収などおすすめ3選」をお送りしました。



関連記事

生活・育児の豆知識

東京のイルミネーション2014おすすめランキング!人気はよみうりランドや丸の内?

冬のデートの定番、イルミネーション! キラキラ輝く街並みを歩くだけで、なんだか特別な気分になりますよね。 東京都内はイルミネーションがとても多く、どこのイルミネーションを見るか迷ってしまう程! そこで ...

NHKから国民を守る党 候補者 政見放送 参院選

生活・育児の豆知識 雑学・面白ネタ

NHKから国民を守る党の候補者一覧&ユニークな政見放送動画まとめ!参院選2019

令和になって最初の選挙が行われようとしています。 その中でも、「NHKから国民を守る党(N党)」が注目を集めています。 党名を見ればなんとなく政策も分かるような気もしますが、ユニークな政見放送がこれま ...

軽減税率 サプリ お菓子 対象 8%

生活・育児の豆知識

【消費税10%】サプリメントやお菓子は軽減税率の対象品目?

まだまだ先だと思っていた消費税増税も1ヶ月を切りました。 持ち帰りのものには軽減税率が適用されたり、イートインだと10%になったり、とちょっとややこしいですよね。 軽減税率の対象って一体どんなものが他 ...

こどもビームス 大峡製鞄 ランドセル 2019 口コミ

生活・育児の豆知識

こどもビームスと大峡製鞄のランドセル2019の価格や評判は?気になる内寸のサイズなど詳細情報も

何と! ファッショニスタなら知っている「ビームス」と、工房系ランドセルに熱い人なら知っている「大峡製鞄(おおぼせいほう)」がコラボしました。 しかもランドセルで! これはもうおしゃれなパパママは放って ...

エボラウイルス エボラ出血熱 感染経路 予防 症状 対策 日本

生活・育児の豆知識

エボラウイルスの日本への感染経路は?エボラ出血熱の症状と予防方法

中国、香港でエボラウイルス感染が疑われる患者が発生したというちょっと恐ろしいニュースが入ってきました。 日本への影響はどうなのか?とても気になるところなので、エボラ出血熱の感染経路や予防法、治療法をま ...

-生活・育児の豆知識

Copyright© ホンマでっか!?ウソでっか?CH , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.