芸人 芸能人・有名人のウワサ話

ビスケットブラザーズのきん・原田泰雅の所属事務所や同期の芸人や空気階段との関係!面白くなかったと言われるのはなぜ?

2022年のキング・オブ・コントはビスケットブラザーズが優勝しました。
独特な雰囲気と、目の離せないキャラクターでひきつけられた人も多いのではないでしょうか?

私も、あの独特の世界観に気付けば爆笑していました(^^;
そんなビスケットブラザーズについて

  • 所属事務所
  • 同期の芸人

などのプロフィール的なものをご紹介したいと思います。
前回の覇者、空気階段との知られざる関係はどうなっているのか?

面白くなかったと言われる原因はどこにあるのか?についても詳しくご紹介します。

ビスケットブラザーズって知ってた?

2022年のキング・オブ・コントで優勝するまで、ビスケットブラザースを知らなかったという人も多いでしょう。
認知度としては、お笑いが大好き!という人以外はあまり聞かない名前だったかもしれません。

そんなビスケットブラザーズは

  • きん
  • 原田泰雅

の2人からなるコンビです。


金髪の髪の方が「きん」さんで、黒髪の方が「原田泰雅」さんです。
それぞれのプロフィールからまずはご紹介します。

ビスケットブラザースのきんのプロフィール

  • 芸名:きん
  • 本名:遠山将吾
  • 生年月日:1991年4月27日
  • 出身地:香川県丸亀市
  • 身長:175センチ
  • 体重:112キロ
  • 血液型:A型
  • 担当:ツッコミ
  • 趣味:野球
  • 特技:お尻を硬くすることができる

「きん」という名前は、コロコロチキチキペッパーズのナダルさんがつけたんだそうです。
本名が遠山ということで、そこから「遠山のきんさん」となり、「きん」となったんだそうですよ。

ナダルさんとは大阪時代に同じコンビニでアルバイトをしていたり・・・と親交が深いんだそうです。

2022年9月に自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で結婚を発表しました。

ビスケットブラザーズの原田泰雅のプロフィール

  • 名前:原田泰雅
  • 生年月日:1992年1月10日
  • 出身地:大阪府岸和田市
  • 身長:174センチ
  • 体重:88キロ
  • 血液型:O型
  • 担当:ボケ、ネタ書き
  • 趣味:漫画作成
  • 特技:長唄

子どもの頃は喘息で体が弱く入退院を繰り返していたんだそうです。
なので、保育園や小学校にはあまり通えなかったんだとか。

小さい頃から「笑う犬の冒険」を良く見ていたようで、ネプチューンの原田泰造さんとは名前が一文字違いということもあり

♪は~らだたいがで~す♪

をやってくれと同級生から何度も言われていたんだそうです。
元々、役者になりたかったようで高校は古典芸能を学べるところに行き、長唄も歌えるようになりました。

2人がコンビを組んだきっかけは?

大阪NSCの33期生なんだそうですが、最初から2人で一緒に入学したというわけではないんだそうです。
原田さんは元々、ピン芸人としていこうと思っていたらしく、そんな原田さんを何度もきんさんが誘ったのがきっかけなんだそうですよ。

その時につけた名前は「暴れ人(あばれびと)」
しかし、なかなか芽はでなかったんだそうです。

ある時、NSCの授業で他のコンビの名前を変えてみようというお題が出たんだそうです。
この時に、同期の芸人が「暴れ人」につけたのが「ビスケットブラザーズ」だったんだそうです。

元々の「暴れ人」とのギャップにこの名前はたいそう受けたんだそうです。
その後もコンビ名は変えずに活動していましたが、あまりウケず、ある時作家さんが

君らいっさい暴れてないし。

と言われたのがきっかけで「ビスケットブラザーズ」に改名したんだそうです。
その後、キングオブコントの決勝まで進んだり、2021年には上方漫才コンテストで優勝したりと活躍を続けています。

ビスケットブラザーズの所属事務所は?

そんな2人の所属事務所は吉本興業です。
NSCを卒業していますので、そのまま吉本興業に入ったという形なんですね。

吉本興業の芸人さんは最近、多く見かけます。
それもこれも芸人さんを目指しているという人がすごく多くなっているという証拠なのかもしれませんね。

ビスケットブラザーズの同期芸人は誰がいる?

NSC33期生ということなんですが、同期芸人にはどんな人がいるのでしょうか?
原田さんは事あるごとに

俺らは同期が凄い!

と公言しています。
どんな凄い人がいるのかというと

・コロコロチキチキペッパーズ


・ハナコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ハナコ(@hanaco_official)がシェアした投稿


・カミナリ


・霜降り明星


・男性ブランコ


・ニッポンの社長のケツさん


・ZAZZY

などなど。
本当にすごいですね。

霜降り明星のせいやさんとのエピソードがあって

ご飯に行った時に”お前らすごいよ。ファイナリスト2回はエグイって”と自分がM-1グランプリとったの忘れてるのかなっていう声援をくれた。

なんだそうです。
なんだかとってもせいやさんらしいエピソードですね。

そこでは更に

おれと食事したらチャンピオンになれんねん。
前、めし食った後輩が劇場で1位になった、って薄いことを言われた。

とも明かしています。
確かに、ちょっと薄い(笑)

空気階段とビスケットブラザーズは同期?

ビスケットブラザーズのインスタやツイッタ―には、よく空気階段の2人が登場します。
ちなみに、インスタもツイッタ―もきんさんの方しかしておりません。

ツーマンライブも開催しているようですね。
空気階段とビスケットブラザーズは同期ではありません。

空気階段の方が後輩なんだそうです。
2022年のキングオブコントの決勝戦前のインタビューで原田泰雅さんは

空気階段とツーマンをずっとやってるんですけど、この前ライブやったら満席じゃなかったんですよ・・・。
今のままやったら空気階段に捨てられる可能性があるので(笑)
ここから恩返しというか当たり前を守る戦いが始まりそうです。

と語っていました。
空気階段は2021年のキングオブコントの優勝者で絶大な人気を誇っていますね。

ライブを開催すれば満席になるでしょうから、ツーマンライブで空席があったというのはビスケットブラザーズにとって相当なプレッシャーになったことでしょう。
だからこそ今回のキングオブコントで優勝というのは本当に待ち望んでいたことなんですね。

優勝したあとのインタビューでは優勝の喜びを伝えたい人として空気階段の水川かたまりさんだと言っています。
更に

かたまりのほうが後輩だけど、僕が今1万4千円借りてて「優勝したから返せそう」って伝えたいです。

とコメントしていました。
こんなエピソードがポンポン出てくるほど仲良しということなんですね。

ビスケットブラザーズは過去最高得点なんだけど

ビスケットブラザーズの2022年キングオブコントは歴代最高得点の合計963点という文句なしの結果でした。
もちろん優勝し、審査員の人たちからも絶賛されていました。

ですがこんな気になる反応も。

結構、「面白くなかった」と感じている人も多いんですね。
なんでこんなにも言われているのか?

その理由を考察していきたいと思います。

まず最初にお伝えしたい

2022年のキングオブコントですが、本当に面白かったんですよね。
私もリアルタイムで見てましたが、クロコップもコットンもや団も面白かったんですよね。

でもこれは私の個人的な感情であり、人によっては「全然面白くなかった。」と感じる人もいたということです。
それは感性の違いであり、まあ仕方ないかなあというところです。

他にも

審査員の松本人志さんが言われてたように単純にレベルが大きくUPしたというところもあります。
作り込んで作り込んで望んでも優勝できない。

なんという険しい道。
面白くないと感じたのは、好みに合わなかったということをまず最初にお伝えしておきたいと思います。

それを踏まえて「面白くない」と言われる理由についてご紹介していきましょう。

ビスケットブラザーズが面白くないと言われる理由①「何を言ってるか分からない」

ツイッタ―などで見られた理由としては

ネタのセリフが早口で、セカセカしてる印象で何を言ってるか入ってこない。

という意見が多くありました。

確かに2人ともカツゼツが良いとは言えませんね。
なので「ん?今何言ったっけ?」と思っているうちに、場面が進んでしまってネタからおいてけぼりにされてしまったという人も多いのでしょう。

ビスケットブラザーズが面白くないと言われる理由②「奇抜な設定」

ビスケットブラザーズのネタは奇抜な設定が多いです。
2022年のキングオブコントでも、決勝ネタはバイト先の女友達が実は男性で、しかも付き合うことになるという・・・・。

斬新過ぎるネタでしたね。
でもこのぐらいのインパクトのあるネタでないと勝ちあがれないというのもあるのかもしれません。

しかし、視聴者からするとこの設定に恐怖を覚える人もいたようです。

確かに苦手意識を強く感じるようなネタでもありますね。
しかしビスケットブラザーズのネタというのは、サイコパスさを感じさせるようなものだったり、過去の犯罪を題材としていたりということが多いです。

初見だとすると恐怖を感じるのも無理ありません。
しかし、逆に言うとコントのネタ(100%作りモノ)なのにリアルに感じてしまうほどの演技力があったということになりませんか?

つまりビスケットブラザーズの演技力が半端なかったということなんですね。

ビスケットブラザーズが面白くないと言われる理由③「審査員のデキレース」

あまりにも得点が高かったので、ツイッタ―などでは今回のキングオブコントはデキレースだという人もいます。
審査員を見てみると

  • 松本人志
  • 飯塚悟志
  • 小峠英二
  • 秋山竜次
  • 山内健司

という5人で吉本興業が多め・・・。
ビスケットブラザーズの所属事務所も吉本興業。

そうか!!(自分的に)面白くないビスケットブラザーズが優勝したのは吉本興業のデキレースだからに違いない!!

というのが、そういった人たちの主張です。
確かに、同じ事務所の先輩芸人が多ければその事務所が有利なような感じもしますよね。

ですが、それはないと思います。
実際、どうなっているかは分かりませんが、そんなことをしたらもっと本当に面白くない若手芸人で売れそうな見た目をしている人を優勝させているんじゃないかと思います。
(ちょっと失礼(^^;)

では、何故デキレースと言われてしまうのか?
それは審査員の特点の高さだと思います。

ビスケットブラザーズのネタは面白かったけど、そんなに高い点数じゃないんじゃないの?と疑問に思った視聴者が多かったということなんでしょう。
でもこれってプロと素人の違いだと思うんですよね。

最近では、プロの料理人さんが色んなお店の商品を評価する番組などが増えてきています。
この時に何故この点数をつけたのか?

どこがどんな風に良くて、どこがダメなのか?
なんていうコメントをされています。

ですが、このコメントに「その通りだなあ」なんて思ったことは一度もありません!
むしろ「へ~そんな細かいところまで見てるんだ、さすがプロだなあ。」と思っています。

これがキングオブコントでもあるんですよ。
審査員の人たちは芸人としてプロ中のプロですよね。

なのでネタのどこでどんな風に間を作っているのか?
コントというものをどんなシチュエーションでやっているのか?

他のコンビになりますが、暗転の使い方がどうなのか、とかそんな細かいところを見て笑って楽しんで点数をつけているんです。
ですが、私も含め視聴者にはそういったところは分かりません。

なので自分の感性だけで「面白いか面白くないか」をジャッジします。
そこで同じぐらい面白いネタだったあのコンビがこの点数で、ビスケットブラザーズだけこんなに高い点数をつけるのはおかしい!

ということになってしまったんですね。

結論!ビスケットブラザーズは面白くないのか?

ビスケットブラザーズのネタは、万人受けするネタというわけではありません。
好みがはっきりと分かれる芸人さんだと思います。

ですが、これこそ真理だというツイッタ―を見つけました。

そう、あの決勝のステージに立っているというだけで凄いのです。
関西を拠点に活動してきたビスケットブラザーズ。

そのノリについていけないという人も多いでしょう。
まあそれは好みの問題なので、ビスケットブラザーズが絶対に面白くない!というのは間違ってるんじゃないかなあと思いました。

結局は感性の問題

ビスケットブラザーズのネタはインパクトは超巨大。
ですが、諸刃の刃としてみる人を選んでしまうかもしれないネタということです。

場合によっては恐怖を感じることもあります。
そもそも漫才とかコントとかって自分の感性に寄り添うものかどうか?ということですよね。

そんなものに点数をつけて賞レースにしてしまうというのに無理があるのかもしれません。
賛否両論あるビスケットブラザーズですが、これからも今まで通りのスタイルで頑張っていって欲しいですね。



-芸人, 芸能人・有名人のウワサ話
-

© 2022 ホンマでっか!?ウソでっか?CH Powered by AFFINGER5