能年玲奈が有村架純共演NGの理由!あまちゃん以前の伏線とプリクラ流出

あまちゃん」のあと、ドラマ・CMなどで何かと比較される能年玲奈(のうねんれな)と有森架純(ありむらかすみ)。
この二人、実は過去に奇跡的にCMで共演したことがある。

にもかかわらず、今では能年玲奈が有村架純に共演NGを出しているという噂も。
しかも、そこに有村架純のHey! Say! JUMP岡本圭人との熱愛プリクラ流出が関わっている?

一体どういうことか?
では、お伝えしましょう!

Sponsored Link

CM対決は有村架純が圧勝?

ドラマ「あまちゃん」で主演の能年玲奈。
そして、小泉今日子演じる主人公の母・天野春子の少女時代を演じた有村架純。

どちらも「あまちゃん」以前は無名に近かったが、一気にブレイクしたのは共通している。
ただ、その後の活動を見ると、実は意外なほどに数字に差が出ている

例えば、CMの本数を見ると、あまちゃん放送直後から有村架純にはCMの依頼が相次ぎ、なんと11本
これには

これほど短期間で一気に数字を伸ばすのは異例。非常に珍しい

という評論家の声もある。

それに対して、能年玲奈はわずかに2本

さらに、2014年に入っても、有村架純はドラマ「失恋ショコラティエ」のほか、「MOZU」でもドラマオリジナルのキャラを演じており、さらにファンを増やしている。
(そういう僕もその一人ww)

能年玲奈は映画「ホットロード」(2014年夏公開)のみ。
ドラマには出ていない。
CMではスライムに変装。

能年玲奈 スライム 有村架純

・・・いや、まあこのCMはそれでいいんだけどw

もちろん、これには

  • 能年玲奈の事務所が今後の展開を慎重に選んでいる
  • ギャラ的にはやはり能年玲奈のほうが高額

などの理由もあるだろうが、
既存のファンのニーズにこたえる、そして何より新たなファンを獲得するという意味では、十分な活動とは言えないのではないだろうか・・・。

単純にCMの本数で決めることではない。
でも、華々しく活躍している印象では、大いに差があるのは否めないのでは?

Sponsored Link

共演NGの理由

そもそも能年玲奈が有村架純の共演にNGを出していると言われているのは「あまちゃん2」が実現しない理由。

実は、岩手県知事の達増拓也氏が「あまちゃん2については水面下で進行している」と発言していたのにもかかわらず、まったく続編がはじまるというニュースはない。

もちろん、ドラマ関係者からは「ストーリー的に若手女優の出演が多かったが、続編となれば同じように起用するのは難しい」という話も。

確かに能年玲奈、有村架純だけでなく橋本愛もブレイクしている現状では、なかなか難しいとは思うが・・・。

有村架純のプリクラ流出事件

ここで実は、有森架純とHey! Say! JUMP岡本圭人のプリクラ流出事件が関わってくる。

有村架純 岡本圭人 キスプリクラ 流出

見ての通り、確実に本人だと思われる。

実際、有村架純もこの件のあと、ブログにて「皆様へ」というタイトルでこんなことを書いている。

この度はお騒がせをしてしまったこと、
本当に申し訳ございませんでした。

皆さんのコメントを見て、改めて、自分の気持ちを伝えたいと思ったので、ブログを更新させていただきます。

今回の件で自分自身と向き合ったときに
自分が何をしたいのか、何を見てもらいたいのかと改めて考え、それはお芝居しかないと思いました。
今後も一つ一つの仕事を100%以上の気持ちで全力で取り組んでいき、結果を残していけるように邁進していきたいと思います。
一年後、二年後、三年後、、、、成長できている自分でありたいと思っています。
そんな私を見守って頂けると嬉しいです。
これからもよろしくお願い致します。
有村架純

交際については一言も触れておらず、これに続く有村のマネージャーのtwitterでも謝罪はあったものの交際については否定しておらず、事実上、交際を認めたと見られています。

ちなみに、岡本圭人側は「ただの友達」と否定。
でも、ほっぺたとはいえキスしてますけどねー・・・。

プリクラ流出の衝撃の裏側!

ところで、これらのプリクラはいわゆる自撮りです。
そして、どうやら岡本圭人が手にしているスマホで撮影されたものっぽい。

そんなものがどこから流出したのか?

これは真相は定かではありませんが、

  • 岡本圭人が有村架純と自撮り(=岡本だけがデータを持っている)
  • 岡本圭人が有村架純に写真を送る(=岡本と有村の携帯にデータがある)
  • たまたま関係者が有村の携帯にその写真があることを知る

という流れがあったと言われています。

しかも、その関係者というのが能年玲奈サイドの関係者だったということで、話ががぜんややこしくなります。
「有村架純潰し」とでも言いましょうか。
それを雑誌「フライデー」に持ち込んだという訳です。

フライデーが用いた流出方法

ただ、フライデーもこんな奇跡的に入手された画像を紙面に使うことは危険だ!という判断して、ウルトラCな方法を使ったとか。
それが、プリクラの流出先を作り出すという方法。

プリクラの端を見てもらうと、「weibo」と書いてある。
weiboというのは、中国版のツイッターのようなもの。

つまり、フライデー側は入手先を特定されないように、
いったん海外のSNSで画像を流出させ、それを誌面に用いた。
そんな風な情報が流れています。

いずれにしても推測の域を出ない話ではありますが、これが本当ならまるでドラマの中の話のよう。
とはいえ、そんな奇跡的なプリクラのデータが流出したのは事実。

上記のようなストーリーもあり得ないことではない?

有村架純のCM増加の時期

実は、有村架純のCM出演が増えるのは「あまちゃん」終了後ではない。
まだ「あまちゃん」の放送中からだったんです。

もちろんドラマ撮影中の能年玲奈としては、心地よくはないでしょう。

そんな能年玲奈が自分からハッキリと有村架純NGと言ったのか。
あるいは、周りのスタッフが能年玲奈の今後を考えたときにそういう方針をとったのか。

それはわかりませんが、その時期から共演NGへの伏線ははじまっていたのかもしれません。

能年玲奈・有村架純が同じCMに出演した過去が?

いや、その伏線はさらに前からだった・・・という可能性もあります。
実はこの二人が同じCMに出演したことがあります。

それは2011年春の東京ディズニーランドCM

能年玲奈 有村架純 CM 共演 不仲

動画もあります。

二人だけではなく、大勢で出演。
ただ、どちらかというと、有村架純がセンター寄りにいることが多い?

能年玲奈 有村架純 共演 NG

能年玲奈 有村架純 共演 NG

能年玲奈 有村架純 共演 NG

しかも、有村はこれが初のCM出演です。

もしかしたら、この頃から、能年玲奈が有村架純にライバル心を持っていたとすると・・・。

ひょっとすると、

  • 「あまちゃん」で共演(主演と脇役)
  • 有村のほうがCMが増加

の流れの中で、そのライバル心にさらに火がつき・・・なんてこともあるかもしれませんよね。

どうでしょう?

以上、能年玲奈が有村架純に共演NGについて、その背景には有村の岡本圭人とのキスプリクラ流出、さらに不仲への伏線は2011年の夢の国のCMから始まっていた?というお話でした♪

[芸能人・有名人のウワサ話]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

3 Responses to “能年玲奈が有村架純共演NGの理由!あまちゃん以前の伏線とプリクラ流出”

  1. ハヌマン より:

    能年玲奈と有村架純と松岡茉優と当然トップは普通能年玲奈になるべきですが、戦略が能年陣はあまりにも下手です。共演NGやらあまりにもお姫様的で一般受けしない。むしろ有村陣の中に入りその力を利用して返り咲く等一般受けをしないのは消えゆく女優になる可能性大です。庶民から愛されそこから実力をつけ女優の地位を築いていくのが妥当かと思います。どちらにしても事務所はお高くする事で損が取り返しのつかない状態になります。

    今現在、有村架純ついで松岡茉優そしてかなり下位で能年玲奈の順かと思われます。

  2. 匿名 より:

    携帯で撮った写真をプリクラと連呼されると・・・

  3. ??? より:

    圭人だよ? イギリスだよ?
    あるよ!(ぽっぺたにキス)
    有村さんもいいセンスしてるよ!
    圭人、かっこいいし 優しいし 可愛いから
    このまま付き合ってればよかったのに …
    恋愛くらいは、好きにさせてあげて…

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ