ピース又吉直樹の実家はどこ?父親と母親やきょうだいとの感動エピソードも

小説「火花」で話題の又吉直樹
なんとすでに35万部超え!
芥川賞?なんて声もあるみたいですね。

最初は相方の綾部の方が目立っていましたが、今やピースといえば又吉に注目が集まっている感がありませんかね。
彼にはちょっとややこしい話題がありましたもんね・・・。

 

そんな、ピース又吉ですが、実は家族がかなり個性的です。
そこで、この記事では父親や母親、きょうだいとのエピソードを紹介したいと思います。

あわせて、又吉の実家や大学どこ?なんて疑問にもお答えしますね♪

Sponsored Link

ピース又吉直樹の実家や大学はどこ?

ピース又吉の基本プロフィール

まずは、ピース又吉の基本的なプロフィールから。

本名   : 又吉直樹
生年月日 : 1980年6月2日
出身地   : 大阪府寝屋川市
血液型   : B型
身長   : 164cm

まず、又吉の高校ですが大阪の「北陽高校」です。
この名前を聞いて、ピン!と来た人はサッカー好きかもしれませんね。

北陽高校といえば、大阪のサッカー名門校
しかも又吉はそこで、レギュラーだったんです!

そして、又吉が3年生の時、当時の監督に大学進学して、サッカーを続けることを勧められたそうです。
なかなかの腕前・・・もとし脚前(?)だったことがわかるエピソードです。

しかし!
その時、すでに、又吉はお笑いの道に進むことを決めていたんですね。

そこで「家の仕事を継ぐ」と言って、その勧めを断っていたそうです。
ちなみに、又吉の家は自営業とかではなく、ただの会社員・・・。
そう、又吉は嘘をついて、断ったんですねww

なぜ嘘をついたか?
周りには「サッカーで」と思っている人が多く、「お笑い」なんて言うとテンションが下がると思って、言えなかったそうです。

なんて、優しい嘘なんでしょう(^^)
監督に嘘をついたこと自体は、後悔しているみたいですけどね。

つまり、又吉は大学に入っておらず、最終学歴は北陽高等学校ということになります。

Sponsored Link

ピース又吉の実家や家族について

上のプロフィールにあるように、又吉は大阪府寝屋川市の出身です。
4歳上と3歳上の姉がいて、末っ子の長男ということになります。

名前からも分かるように、お父さんは沖縄県出身
そして、お母さんは奄美群島・加計呂麻島の出身です。

あの実はよく見ると、意外にワイルドかもしれない風貌は島の血筋だからなんでしょうか。

又吉直樹の父親について!感動エピソードも?

又吉直樹の父親ってどんな人?

又吉のお父さんのエピソードで面白いのは「大人用のビデオ」のものですね。
押し入れに隠していたビデオが見つかることを恐れ、悩みに悩む又吉父。

そして、最終的に

ここに大人用のビデオ有り。閲覧は自由

と、あえて明かしたそうです。

見つかることにビクビクするくらいなら、自分からオープンにするなんて、ある意味、男らしいですねw

ピース又吉に父親が与えた影響w

そんな素敵なお父さんですが、実は、又吉が無口なのには、お父さんの影響があるといわれています。

子供の頃、父親の実家・沖縄に行った時のこと、宴会の時にエイサーを踊る流れになったそうです。
この時、お父さんから「おまえも踊れっ」と言われ、又吉少年も踊ったところ、大盛り上がり。

場を盛り上げて、褒められるかなと思った又吉少年でしたが、お父さんが衝撃の一言!

おまえ調子にのるなよ

えー!
期待とは真逆の反応だったそうですが、これは又吉少年も驚きますね(-_-;)

この出来事で、

「人を笑わす喜びと、調子にノルと怒られるということを学んだ」

と、又吉自身は話しています。

そして、又吉が無口になった原因の一端になったんです。

まあ、又吉少年の気持ちもわからなくもないですね・・・(^_^;)

又吉直樹の母親について!感動エピソードも?

又吉直樹の母親ってどんな人

例えば、ピースのライブでこんな風に語っていたことがあります。

又吉が6歳頃、父親と姉2人が遊びに行くというので付いて行こうとします。
まあ、そりゃ一緒に遊びに行きたいたいですよね。

ところが、3人が急に猛ダッシュ!w
そして、又吉少年はまかれてしまったそうです。

可哀想ww

そして、又吉少年は駐車場で泣いて、家に帰って母親に報告すると母親は一言。

めちゃくちゃやな!野菜炒め作ったるわ

なんでいきなり野菜炒め!?と思ってしまうエピソードですがw
ピース又吉の好物なんでしょうか。

でも、なんとなく優しいお母さん。
と同時に肝の座ったお母ちゃんな感じが伝わるエピソードだと思いませんか?

母の故郷を訪れたドキュメンタリーが感動的!

その又吉の母親は奄美大島の加計呂麻島出身です。

その母の故郷を訪ねるという番組「又吉直樹、島へ行く。 母の故郷~奄美・加計呂麻島へ」が去年、BSジャパンで放送されました。
18歳の時、母親とともに訪れて以来の15年ぶりの再訪になるそうです。

その時は、お母さんの加計呂麻島について、嬉々として語る表情を見て、

自分も、いつか加計呂麻島に行ってみたい

と言って、実現したそうです。

ただ、上京を控えていたため、頭の中は上京やお笑いのことで頭がいっぱいで、あんまり印象に残らず。
だからこそ、もう1回、ちゃんと加計呂麻島を見ていたいという気持ちから、この企画は始まったそうです。

ここでその番組の様子を少し伺えます。

美しい自然。
ゆったりと流れる時間。
そして、その中にいて全く違和感のない又吉w

ちなみにこの番組は第51回ギャラクシー賞テレビ部門を受賞しています。
さらにはDVDにも

また、この番組でピース又吉は、大阪のお母さんに自由律詩を送っています。

例えば、

「好きなことで苦しむ人、生きるために必要なことを楽しめる人」
「抑圧の中で生まれた島唄が誰かの魂と並走する」

感動というかなんとなくジーンとくる詩たちですよね。

又吉直樹と家族のエピソードをさらに!

ピース又吉の祖父の人生が波瀾万丈!

母だけでなく祖父の足取りを振り返る番組もあったんです。

ファミリーヒストリー「又吉直樹~ハワイに渡った祖父の軌跡~」。
タイトルにある通り、沖縄に生まれて16歳でハワイに行った又吉直樹の祖父の人生をたどる番組です。

戦前に沖縄からハワイに多くの人が移民で行った時期の話ですね。

そして、

ハワイのさとうきびプランテーションで苛酷な労働と白人らからの差別
兄のホノルルのレストランへ
マウイ島でパン屋に住み込み
真珠湾攻撃の半年前に沖縄・汀間(ていま)へ
招集され、伊江島の防衛隊に所属
米軍基地でコックとして働く
長女が生まれたのを機に農業をはじめる

ちなみに、この番組によると、ピース又吉のお父さんは、大阪で奥さん(又吉の母親)と出会ったみたいですね。
沖縄出身と奄美大島出身だから、てっきり南のほうで出会ったと思ってました。

また、このおじいちゃんには

  • 娘5人
  • 息子2人

で、

  • 孫18人
  • ひ孫13人

とのこと!

又吉直樹はその18人の孫の一人で、13人の「伯父さん」ってこと?
お正月とかお年玉が大変そうですね!直樹おじさん!w

ピース又吉の祖母の面白エピソードw

そして、その祖父の結婚相手である祖母については、こんな面白エピソードが。

又吉のおばあちゃんは昔は標準語で多少、喋ってくれていたそうです。
しかし、1年前に帰省した時には完全に沖縄言葉になっていて、全く理解できず、何となくで会話をしたそうです。

「なんとなく」ってww

こんな話もあります。
自然にあるもの全てに神が宿っている考えを持つ人が多い沖縄人。
又吉のおばあさんも、そのような考えを持っていたみたいです。

ある日、部屋に虫が入ってきた時に

おじいちゃんが虫になって会いに来てくれたんだから殺したらダメだよ

と言ったそうです。

それなのに、翌日、おばあちゃんは蚊を思い切り叩き潰していた

おばあちゃん・・!
おじいちゃんかもしれないじゃんww

とまあ、かなり個性的な家族に囲まれて、あの独特な感性の持ち主ピース又吉が出来上がった。
そんな気がしてきますねw

ピース又吉と姉の感動エピソード

では、最後にもう一つ心が暖かくなるエピソードを。

実は、又吉直樹を支えたこんな姉の一言があったんです。
ピース又吉がまだ売れてなかった頃のお姉さんとの会話です。

又吉「いやあ・・・皆売れちゃってさぁ。なんで俺だけテレビに出られへんねやろ?」

姉「あのさあ。直樹は・・・面白すぎるんじゃないの?」

こんな風に暖かく背中を押してくれる一言がなかったら、今僕らもピース又吉直樹のいろんな才能に触れることはなかったかも?
ありがとう。お姉さんw

以上「ピース又吉直樹の実家はどこ?父親と母親やきょうだいとの感動エピソードも」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

佐々木希と渡部が結婚間近!?熱愛の証拠画像が元彼と同じパターン?
伊藤修子の大喜利力が凄すぎる件!
プリキュアに登場した芸能人まとめ!

[芸能人・有名人のウワサ話]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ