イアンソープがゲイ!同性愛者と告白した動画と彼氏の画像を発見?

競泳競技のレジェンドであるイアン・ソープが衝撃告白!
自身が同性愛者であるとインタビューでカミングアウトをしたんです。

言うまでもないかもしれませんが、オリンピックで5つの金メダルを獲得した男性競泳選手。

イアンソープ ゲイ 同性愛者 告白 動画 彼氏 画像

しかし、イアン・ソープというと、最近はなんともつらいニュースばかりを耳にしていた記憶があります。

2011年2月:2006年の現役引退から復帰。しかし、思うような結果が出ないままふたたび引退
2014年1月:約10年間悩んでいたうつ病アルコール依存症の治療のため入院
2014年4月:感染症のため入院

なぜ、今回の告白に至ったんでしょう?

Sponsored Link

イアンソープが同性愛者と告白した動画

実は、イアン・ソープが自身が同性愛者だと告白したのは、インタビュアーの質問に答えたものでした。

オーストラリアのテレビ局「ネットワーク・テン」のインタビューでかってからの疑惑に答えた形になります。
動画はこちら。

I am not straight」と言ってますね

これまでイアン・ソープは同性愛者であることを否定していたんです。
たとえば、2012年の自伝「This is me」では

「私は同性愛者ではないし、これまでの性経験もすべて異性とだ。
私は女性に惹かれ、子どもが好きで、いつか家庭を築きたいと思っている」

と書いているんですけどね。

また、同番組では成功者ゆえの苦悩も告白してるみたいです。
アルコール依存症のことも話してるみたいですね。

その立場ゆえに隠さなくてはいけなかったことや言えなかったことを、この番組で多々話しているようですね。
その中での同性愛者告白だったんでしょう。

Sponsored Link

イアンソープの彼氏?

実は2014年のウィンブルドンに、イアンソープはとある男性と一緒に訪れていました。
その画像がこちら。

イアンソープ ゲイ 同性愛者彼氏 画像

左がイアンソープですが、右にいるやや線の細そうな男性が彼氏なのでしょうか?
まったく情報はありませんが、二人ともいい笑顔してますね。

イアンソープの告白への海外の反応

さすが同性愛についての理解が早いイギリスでは

「こんな事、いちいち大ニュースにする必要さえないよ。時代は2014年だ」
「15~20年前だったら、とんでもないニュースになってたな。最近は、どうでも良いような事だろ?」

なんて声もあります。

一方、

「他の著名人同様に、彼もまたカミングアウトした。そしてそれが、世にいる自らの性に苦しんでいる老若男女への精神的支えになる・・・」
「「大した事じゃない」「勇敢だ」なんて言ってる人達・・・。これから彼が受けるであろう、憎しみに満ち溢れたメールや脅しについて考えてみたら?それが毎日だよ・・・。それが解れば、そんな考え方も変わるだろう」

のような同じく同性愛者と思われる方からの声もある。

しかし、やはり多いのは

「そんな事はどうだって良いこの男はレジェンドだ」
「今回のカミングアウトもそうだけど、今までにイアンが成し遂げてきた事はリスペクトする意外にない。素晴らしいよ」

という声。
それについてはまったく同感ですね。
一時期の「誰も勝てない」感がすごかったです。

過去のことなどを口に出したことで、イアンソープが楽になってたらいいなあ、と思いますね。
言えなかったことがたくさんあるだろうから・・・。
イアンソープの同性愛者告白が彼の私生活にどんな影響を与えるのか心配もありますが、そっとしておいてあげたい気もします。

以上、イアンソープがゲイ!同性愛者と告白した動画と彼氏の画像を発見?をお送りしました。

[芸能人・有名人のウワサ話]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!


コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ