ボジョレーヌーボー2014のキャッチコピーを歴代と比較!ワインの種類についても

10年に一度の出来!」なんて毎年「自信のキャッチコピー」で売り出しを始めるボジョレーヌーボーです。
品質・種類・味と共に気になるのが、ボジョレー・ヌーボーのキャッチコピー!

さて、2014年のキャッチコピーはどんな文句になるのでしょうか?

今日の記事では

  • ボジョレーヌーボーに種類はあるのか?
  • 2014年ボジョレーヌーボーのキャッチコピーは?
  • ボジョレーヌーボー過去のキャッチコピー

をお送りしましょう。

そもそもボジョレーヌーボーに種類はある?

ボジョレーヌーボーの「解禁」は知っていても「種類」を知っている人は少ないのではないでしょうか。
実は何種類かのタイプが出回るんです。

大きくは四つの種類に分かれます。

フランスでは「ワイン法」というのがあってワインの分類が原産地によって定められるんです。

  • 地方名の「ボジョレー」
  • 地区名の「ボジョレー・シュペリュール」
  • 村名の「ボジョレー・ヴィラージュ」
  • 畑名の「クリュ・ボジョレー」

という四つに分かれます。
生産地の範囲が狭くなるほど高価なボジョレーになる訳です。

ボジョレーヌーボー 2014 キャッチコピー 歴代 ワイン 種類

さらに生産者にもランクがあります。
ドミンク・ローラン」「ルロワ」「デュブッフ」などはおすすめのワインです。
これらの上級ランクのワインは、値段が高くなるだけでなく収穫量やアルコール度数の厳しい審査を通過したもの。

ボジョレーヌーボーに価格の違いがあるのはこのためだったんです。
つまり!ボジョレー地方のボジョレー地区、ボジョレー村のボジョレー畑が源産地なら超一流と言う事ですね。

2014年ボジョレーヌーボーのキャッチコピーは?

さていよいよ2014年11月20日(木)午前0時!ボジョレーヌーボーが解禁されます。

>> このボジョレー・ヌーボーのイベントは行ってみたい!

気になるのが「出来と味」ですよね。
どんな味に仕上がっているんでしょうか?

 

そして、もう一つこの解禁に先駆けて発表され、毎年話題に上るのがキャッチコピーです。

「10年に一度の・・・」「100年に一度の・・・」「ここ数年で最高」っておいおい!
毎年最高やないかいっ!

と、突っ込みたくなりますw

実はこのキャッチコピー!
「ボージョレー・ワイン委員会」の方々が毎年の出来具合を厳しく審査して、発表する際に発せられた言葉。
それを日本語に通訳したものなんです。

だから毎年最高の褒め言葉がキャッチコピーになるんです。
なるほどねーw

では、2014年のキャッチコピーは?
残念ながらまだ発表されてないんです。

発表されたみたいですね♪
こちらによると、

エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい

お。
ってことは、以前に書いてた下の情報のまんまじゃないですかw
予言的中w 

ただ、ボジョレーワイン委員会は、

エレガントで味わい深く、とてもバランスが良い

と発言してます。

また、これに対し受注業者サントリーホールディングスは

天候に恵まれ、熟成度の高いブドウが収穫できた

と話してるみたいですね。
この言葉がそのままキャッチコピーになるのか、一捻りあるのかはわかりませんけどね。
ご参考までに!

ボジョレーヌーボー過去のキャッチコピー

2014年のキャッチコピーはたのしみに取っておいて、過去のキャッチコピーを見てみたいと思います。

・1995年「ここ数年で一番出来が良い」

・1996年「10年に1度の逸品」

・1997年「1976年以来の品質」

・1998年「10年に1度の当たり年」

・1999年「品質は昨年より良い」

・2000年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」

・2001年「ここ10年で最高」

・2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」

・2003年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」

・2004年「香りが強く中々の出来栄え」

・2005年「ここ数年で最高」

・2006年「昨年同様良い出来栄え」

・2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」

・2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」

・2009年「50年に1度の出来栄え」

・2010年「2009年と同等の出来」

・2011年「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」

・2012年「よく熟すことができて健全」

・2013年「みずみずしさが感じられる素晴しい品質」

とまあ並べてみるとちょっとクスッとしてしまいますねw

はい。ここでクイズです♪

上のキャッチコピーをもとに、各年のワインを美味しい順に並べてくださいw

※シンキングタイムとして、こんな動画を見ながら。

 

ただ、僕は答えはわかりませんw

>> 2014年のボジョレーヌーボーの出来はずばり? 

簡単に言うなら、キャッチコピーは一言で「飲みたい!」って思わせる言葉を一生懸命に選んだもの。
2014年のボジョレー・ヌーボーのキャッチコピーの発表を楽しみに待ちたいと思います。

以上、「ボジョレーヌーボー2014のキャッチコピーを歴代と比較!ワインの種類についても」でした。

[雑学・面白ネタ]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!


コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ