東京喰種:reドナートポルポラはクラウンでピエロのボス!そのほかの謎も考察

きゃーーー!!またまた伏線回収が始まっちゃってる!
ということで、東京喰種の考察を続けていきましょう!

今回は、衝撃的な謎解きがされた、ピエロのボスについてです。
ピエロのボスの正体がようやく判明しましたので、ピエロについて少しまとめてみましょう!

Sponsored Link

ピエロのボスが遂に判明!その正体は枠外からやってきたあの人!

東京喰種:reの84話でついにピエロのボスの正体が判明しました!

それは、ドナート・ポルポラです。

ピエロのボスとして有力な候補として挙がっていたのはヒデだっただけに、少し衝撃でしたね。

まさかのポルポラでしたがでも、至る所に納得できるポイントがありましたので、少しまとめてみましょう!

Sponsored Link

ドナート・ポルポラについてのまとめ

まずは、久しぶり(?)に登場したドナート・ポルポラについて詳しくご紹介してみましょう!
皆さん、どこまで知ってますか?

  • ロシア系喰種 SSレート
  • 赫子は不明
  • 23区の喰種収容所「コクリア」に収容
  • 呼び名は「神父」

どういった経緯で収容されたのか・・・というのはあまり明らかになっていません。
しかし、カトリック系の教会を運営しており、そこで孤児たちを預かっていました。

この孤児の中に、亜門鋼太郎もいたんですね。
つまりドナート・ポルポラは養父になります。

しかし、このドナート・ポルポラを亜門は最初から喰種だと知っていて一緒にいたわけではありません。
何も知らされず、本当に父と慕っていたんですね。

そんなドナート・ポルポラは亜門の信頼をあっさり裏切ります。
というのも、この匿っていた孤児たちを捕食していたんですね。

この大量捕食事件をきっかけにコクリアに収容されたんですね。
亜門に捕食の場面を見られるんですが、「愛しい我が息子」ということで、殺さないんですね。

そしてコクリアに収容された後も、色んな喰種の知識を持っていることから、亜門が時々面会に来ては情報提供を受けていました。
東京喰種:reになってからは佐々木ハイセがその役割を続けています。

とても好き嫌いがはっきりしていて、ハイセや亜門が来た時はすごく嬉しそうな反応をしますがそれ以外だとゾンザイですね(^^;

ここでの2人のやり取りは、まさに「羊たちの沈黙」のハンニバル教授にそっくり!ということで、話題にもなりました。
確かにくれる情報はプロファイラーの域を超えているような的確な情報もありましたからね。

ハイセがクラリスで、ポルポラがハンニバル・・・。
ピッタリですね。

ドナート・ポルポラに関する謎まとめ!

ドナート・ポルポラについては知っているようで、知っていない情報をたくさん持っていました。
ドナート・ポルポラに関する謎というのも結構あるんですね。

そこで少しまとめてみましょう!

神父の謎①「なぜ亜門を殺さなかったのか?」

孤児院に預かっている子どもたちを自分の欲望のままに捕食していたドナート・ポルポラ。
この中にいた亜門だけはなぜか手にかけることはなく、最後の最後まで食べませんでした。

これは一体どういうことなんでしょうか?

これについては色々な推測が飛び交っています。

結局は

「愛しい我が息子」

ということなんですね。

亜門も、捜査官になっても、昔ドナートから貰ったロザリオを首から下げていますし、憎しみ以外の感情が彼らの間にあったのかもしれません。

ということが多いんですが、私としてはこんな風に邪推(?)しちゃってますが・・・どうでしょうか?
実は、亜門鋼太郎もV(和修)で作られた半分人間なのではないかということです。

有馬と同じように、圧倒的な身体能力を兼ね備えて産まれてきたんじゃないのか?ってことですね。
そして、そのことはドナート・ポルポラはもちろん知っていて、それでいて亜門を自分の息子のように育てていたのではないか、ということです。

これで亜門が捕食対象から外れていた、ということも納得がいきませんか?

半分人間の特徴は

  • 赫子は持たない
  • 普通の人間と同じ食生活
  • 異常な身体能力
  • 早死にする

といったところです。

有馬が言ってた

「隻眼の梟のようなケースは稀だ」

という言葉を借りるのなら、亜門もまたこの稀なケースだったのかもしれません。

神父の謎②「なぜ世界を歪めている原因を知っている?」

亜門が、ドナートに捜査情報を貰いに行った時に、

「白ウサギよりアリスを追うのだな」

と言っています。

これは東京喰種の中でも重要なキーワードになるであろう、言葉です。

この例えは、皆さんご存知の「不思議の国のアリス」ですね。
アリスは白ウサギを追いかけ不思議の世界に迷い込んでしまうのです。

ここでは亜門は喰種の巨大組織、「アオギリの樹」について捜査していました。
そして、「アリスを追う」ということに例えたことから、不思議の国に迷い込んだ住人が喰種であるともいえます。

となると、白ウサギは何を示すのでしょうか?
それは、喰種という存在をこの世界に出現させた存在であるのです。

こんな重要な情報を一喰種であるドナートが一体どうやって調べ上げたのでしょうか?
単に洞察力が優れているというだけでここまでの情報は持てませんよね。

ここでもドナートはVやCCGの上層部と深い繋がりを持っているのかもしれません。
なんせ、コクリアに収容されている喰種は廃棄されちゃいますからね。

ドナートに関しては、情報提供を行うのなら廃棄しない、という条件でした。
廃棄されちゃうかもしれない喰種がこんなにも捜査官を喰ったような真似ができるでしょうか?

いつ、この態度が気に入らない!と廃棄されちゃうかもしれない喰種が取る態度ではありませんよね。
なので、やはりドナートはVと深い結びつきがあったと考えるのが妥当でしょう。

神父の謎③「なぜ佐々木ハイセを気に入っている?」

東京喰種:reになってから、佐々木ハイセが神父の面会役になりました。
ハイセと話す時の神父はなぜかとても機嫌が良く、情報提供もしっかりしてくれています。

そんなドナートはハイセに対して

「ある喰種に個人的な興味があってな…彼奴はお前の記憶の扉を開く鍵のひとつになりうる」

と発言しているのです。

この喰種というのは、やはり亜門鋼太郎のことではないのか、と推測できます。

それ以外にドナートが興味がある人がいないと思うんですよね。
それかもしくは、ハイセが金木研の生まれ変わりだと知っていたということですね。

まあ、どっちでもおかしな点は出てきます。
まず、亜門だとすると亜門がアオギリの樹に梟掃討作戦の後運ばれ、喰種にされたことをどうやって情報収集できたのか。

次にハイセが金木研だと知っているのなら、その情報はきっとCCGのTOPシークレットだったことでしょう。
重要な情報をどこから手に入れているのか?ということです。

これは、もう皆さん確定かと思いますが、フルタから手に入れていたと思います。
旧多は最近、ピエロのメンバーで宗太だと判明しましたね。

旧多から情報を得ていたということで間違いないでしょう!
この旧多もVと繋がっていますので、結局、ドナートも全ての組織と繋がっていることになるんですね。

そしてまたもや最後の最後に残した意味深な言葉

「「偏食家」の案件を片付けたら「別件」で伝えたいことがある」

これは「トルソー」の捜査協力が終わってからの一言です。
結局、ドナートは語っていませんが、一体何をハイセに伝えようとしたんでしょうね。

振り返ってみるとやっぱりピエロのボスだったね

こうしてまとめてみると、ドナートはやはりピエロのボスでしたね。
東京喰種:re84話でもドナートたちの発言は色々とこれからの展開を推測できるものばかりなんです。

まずはこの発言

「クラウン」

この発言は、ドナートを独房から解放したウタさんが言った言葉です。

これ、「クラウン」というのは、王冠の意味もありますが、実はスペルを変えると違う意味が出てくるんです。

それがこちら

crown・・・王冠や王の象徴
clown・・・道化師

ということなんですね。
きっとこの二つの意味を合わせてのウタの発言だったんでしょうね。

ということで、ドナートがピエロの王であると確定した瞬間だったんです。
そしてこの発言を受けて、ドナートは

「往こうか、王を迎えに」

と発言しています。
きっとこの流れで行くと、王は「隻眼の王」ですね。

迎えに行くといっているので、コクリア内にいることが推測されます

そうなってくると、今、コクリアにいることが確定しているのは

  • ハイセ
  • エト
  • フルタ

といった布陣です。

この中に隻眼の王がいるんじゃないか!ということですが、しかし、この隻眼の王の登場はまだまだ先延ばしになるんじゃないかと私は思ってます。

日本語とは難しいもので、言葉1つで色んな意味を示す言葉がありますよね。
「ハシ」という単語も、「端」「箸」「橋」など意味合いは使い方で変わってくるんです。

それと同じものがこのドナートのセリフに入っています。
それは「いこうか」です。

このセリフを見た時に、違和感を感じませんでしたか?
一般的に「いこうか」で使われる漢字は「行こうか」です。

そこをあえて「往こうか」にしているということは、きっと意味があるんですよね。

この「往こうか」には少し離れた場所にある目的地にいく、過ぎ去るといった意味があります。
なので、コクリア内にいる「隻眼の王」を迎えにいくにしては意味がちょっと、む~となってしまうんですね。

さて、こんな風に伏線が回収されていっていますが、まだまだピエロに関しては残る謎が!
そちらは別の記事にて取り上げてみたいと思います。

jack

(P.N.オレンジ)

以上「東京喰種:reドナートポルポラはクラウンでピエロのボス!そのほかの謎も考察」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

東京喰種:re考察!隻眼の王の正体は有馬説の6つの根拠【トーキョーグール】
東京喰種:re考察!隻眼の王の正体は六月かヒデ?カネキ説はやや弱?
東京喰種ピエロのメンバーとボスは誰?Vや芳村との関係も考察
東京喰種:re旧多二福最強説!和修やピエロとの関係や赫子の種類や性別など

[漫画・アニメ]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ