ミッシェルガンエレファントのMステ伝説の夜の真相と動画!

2003年6月27日ミッシェルガンエレファントにとって伝説の夜となりました。

そこにはある海外アーティストと今も人気の音楽番組、「ミュージックステーション」ことMステが深く関わっているんです。

文字で書いただけじゃ真相は分かりにくい!ということで、今回はそんな伝説の夜の真相に迫るべく、動画もご紹介したいと思います。

Sponsored Link

2003年6月27日に何が起こった?

2003年6月27日のミュージックステーションは、騒動を巻き起こす放送となりました。
この日、20時きっかりに始まったこの番組にはたくさんの出演者がいました。

ミュージックステーションと言えば、一番最初にこれからパフォーマンスしてくれるアーテイストが順番に階段から降りてきますよね。
そんなミュージックステーションも2016年で30周年を迎えるようです。

30周年をお祝いして「ウルトラFES2016」が放映決定!ということで、そちらについてはこちらの記事からどうぞ(^^)

 

2003年のこの日、階段から降りてきたのは

  • RIPSLYM
  • THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
  • V6
  • 今井絵理子
  • Sowel

です。

そして超目玉の海外アーティストとして登場したのが、当時一世を風靡していた「t.A.T.u.(タトゥー)」という2人組です。

ロシア出身の女性デュオで「レズビアンユニット」として大注目を集めました。

爆発的ヒットを起こしたのがこちら
https://youtu.be/8mGBaXPlri8

「All The Things She Said」という曲です。
初めて聞く人もいるかと思いますが、当時はこの歌がどこに行っても流れるほど流行ってたんですね。

最近ではCMにも出演したりして、懐かしいなあ~と感じました。

リアルタイムでMステを見ていた当時の私は「t.A.T.u.」の登場を待ちわびてワクワクもしてましたよ!
しかし、当の出演の順番がきても「t.A.T.u.」は登場しません!

その代わりに、司会のタモリさんが

「あ、あの、色々あると言うことを、ちょっとお話しようと思うんです。
t.A.T.u.が出たくねぇ、ということです。
控え室から出てこないと言うことです。」

と苦笑しながら告げたんです。

そして

「今なら間に合うぞー!」

と言ってCMに入りました。

そう、「t.A.T.u」、ドタキャンぶっこいたんです。
本当にこの後も、彼女たちは登場せず、生放送でこんなことって!という気持ちを日本中に味あわせてくれた、元祖「お騒がせアーティスト」なんです。

Sponsored Link

2003年6月27日が伝説なワケ

しかしドタキャンされたと言っても、放送時間は十分残っています。
しかも生放送!どうするの?!となったんですね。

この時、代わりにパフォーマンスをすると言ったのが「ミッシェルガンエレファント」なんです。
ミッシェルガンエレファントはすでに「デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ」を演奏して終わっていました。

タモリさんの「今なら間に合う」の呼びかけのあとCMに入ったんですが、ここでミッシェルガンエレファントのベース、ウエノコウジが

「俺らもう一曲できるじゃん」

と冗談半分に告げたそうです。

するとそれを聞きつけたスタッフが

「お願いします!!!」

と懇願されたようです。

スタッフにしてみれば、藁にもすがる思いだったんでしょうね。

更にタモリさんからも

「もう一曲やろうよ」

と呼びかけられ、メンバーもこれに快諾したようです。

そして遂にパフォーマンスを披露するんですね。

ミッシェルガンエレファントが用意した曲は「ミッドナイト・クラクション・ベイビー」という曲です。
このパフォーマンスが空前絶後、前代未聞の盛り上がりを見せミッシェルガンエレファントの名前を日本中に響き渡らせたんですね。

この時の伝説の夜がこちら!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7661849

観ている他のメンバーも立ちあがって手拍子してます!
この時の興奮ってないですよね。

タモリさんも終わった後絶叫するほど盛り上がっていますよ♪

伝説の夜の真相!

このことを書くと少し無粋な感じもしますが、真相をご紹介しましょう。
まず、ドタキャンした方から行きましょう!

真相①「t.A.T.u.」の話題作り?

当時、本当に人気を博していて、この後「東京ドーム公演」も控えていた彼女たち。
このドタキャン事件を発端に人気は急降下します。

日本人にとって「約束を破る」というのはご法度ですよね。
しかも生放送でそれをやってしまった、しかも、理由はマネージャーとの喧嘩、ということで火に油を注いだ結果になるんです。

東京ドーム公演でも席が半分以上空席になってしまう、ということで、衰退しました。

当時は彼女たちの機嫌が悪くなってドタキャン、だったんですが、ここにはある真相が隠れていたんです。
それは当時のプロデューサーです。

もちろん「t.A.T.u.」のプロデューサーですけどね。
彼女たちはもともと、「不機嫌キャラ」として売り出していました。

そんな不機嫌な彼女たちから透き通るようなクリアヴォイスが出てくるというところも魅力の一つだったんですよね。

そこで、プロデューサーは控えている「東京ドーム公演」を大成功させるための秘策を思いついたんです。
それがこの「Mステドタキャン作戦!」

売れに売れている彼女たちが生放送をドタキャンすることでさらなる話題づくりを画策したんです。
しかし、見事失敗!(@_@;)

興行的にも、人気的にも大失敗したんですね。
一番の被害者はキャラ作りの犠牲になってしまった彼女たちですね(^^;

真相②「ミッシェルガンエレファント」は救世主

ドタキャンが発覚してから生放送が終わるまで一体どうしよう!とスタッフはマジで焦ったと思います。
そんな時に、救世主がスタジオにいました。

それが「ミッシェルガンエレファント」です。

彼らがパフォーマンスできたのは、その日登場している出演者の中で唯一生演奏ができるバンドだったんですね。

ミッシェルガンエレファントは

  • チバユウスケ(ヴォーカル)
  • アベフトシ(ギター)
  • ウエノコウジ(ベース)
  • クハラカズユキ(ドラム)

という4人から結成されているロックバンドです。

メンバーがそろっていれば演奏できる、ということで、白羽の矢が立ったんですね。

注目すべきはこの時、「ミッシェルガンエレファント」初登場だった、ということです。
更に「t.A.T.u.」の歌う順番は「ミッシェルガンエレファント」より前だったようです。

しかし、出たくない、と言っていたわけで、この日の放送はリハーサルとは順番も違ったようです。
動揺しますよね。

にも関わらず、このパフォーマンス、さすがです。

真相③「タモリ」は楽しんでいた?

この右往左往する事態にも関わらず司会のタモリさんはすごく楽しんでいたようです。
それは後日、あの日のことをインタビューされた時にこういっています。

「あのときはほんとね、なんかADが来て騒いでるんだよ。
何騒いでるのかなと思ってプロデューサー呼んで聞いたら、「タトゥーが部屋から出てこないんです。」
「あっそう、まあ本番始まったばっかりだし出てくるでしょ」
と返したけど、どんどん出てこなくて。
内心すごく面白くなってきて、むしろ「出てくるな、出てくるな」と思っちゃって(笑)」

とのこと。

確かに、CMに入る前のタモリさん、すごく楽しそうです。

そしてタモリさんがミッシェルガンエレファントに

「ねえ、あと一曲くらいできるよね」

「あ、できますけど?」

「一曲やろうよ、一曲!」

となったようです。

この一言がなければ、伝説の夜は実現していなかったかも・・・しれませんね。

真相④「ユニバーサルミュージック」は冷や汗!

この時、一番焦っていたのは「t.A.T.u.」の所属事務所だったことでしょう。
生放送に出ると言っておきながら「アナ」を開けることになるんですからね。

費用も甚大な損害を受けるでしょうし、更に事務所の信用問題にも及びます。
そうなるとこの事務所に所属しているアーティスト、全員が被害を被るわけです。

しかし、ここで「ミッシェルガンエレファント」の登場です。
事務所の担当者は良かった!と万歳したことでしょう。

なぜなら「ミッシェルガンエレファント」と「t.A.T.u.」は同じ事務所に所属していたんです。
結局、ミッシェルガンエレファントは所属事務所も、Mステも救っていたんですね。

「ミッシェルガンエレファント」今はどうなってる?

これだけの伝説を残しているミッシェルガンエレファントですが今の活動はどうなっているのでしょうか?

実はこのバンド、2003年に解散しています。
その理由は定かではありませんが、解散後も人気が高くファンの間では再結成を!と望む声が多かったんです。

しかし、2009年にある悲報が入ります。
それはギターのアベフトシさんが急性硬膜外血腫のため急死してしまうのです。

これにより再結成は叶わない夢になってしまったんです。
ですが、他のメンバーは今も音楽活動を続けていて、ヴォーカルのチバユウスケさんは「ROSSO」や「The Birthday」といった実力派バンドと組んで活動しています。

今もなお、音楽関係者からは「カリスマ」として慕われているんですね。

あの「ドタキャン事件」の時、物おじせずパフォーマンスできたのも、ミッシェルガンエレファントが数多くのライヴをこなした経験があったというのも大きいですね。
彼らの男前なパフォーマンスは今もまだ「素晴らしいパフォーマンス」として輝いています。

Mステでも、伝説の夜、として何度もプレイバックで流されるほどです。
この時の痺れるようなミッシェルガンエレファントのパフォーマンスは類のないものだと思います(^^)

(P.N.オレンジ)

以上「ミッシェルガンエレファントのMステ伝説の夜の真相と動画!」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【Mステ】ミュージックステーションウルトラFES2016の出演者と出演時間!観覧チケットについても
福山雅治の父親の職業は?福山を支えたある温かい一言とは?
サチモスのボーカル・ヨンスの本名や身長や学歴!帰国子女の韓国人って本当?
サチモスSuchmosヨンスなどメンバーの年齢などプロフィール!顔画像とあわせて

[芸能人・有名人のウワサ話]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

One Response to “ミッシェルガンエレファントのMステ伝説の夜の真相と動画!”

  1. thee より:

    ベース上野さんから聞きました。 あの時は口パクでない出演者がミッシェルとSPEEDだけで、SPEEDはカラオケで持ってきていたのが1曲だけで、もう1曲演奏可能だったのがミッシェルだけだったそうです。演奏をやりきる自信はあったそうですが、脅しで番組スタッフに曲が途中で止まっても知らないよって言ったそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ