SPR48のオーディションの開始日は?合格するために年齢より大切なこと

北海道にAKB48系のグループとしてSPR48が誕生することが発表されました。
拠点は札幌発足は2015年春

一部には「もういいよ」という声もありますが、注目されることは間違いありません。

そこで、この記事では、気になるオーディションに受かる方法について、秋元康らの発言をもとに考察してみます。
もちろん、想像を多分に含む記事となるので、その点はご了承ください。

Sponsored Link

SPR48のオーディションの開始時期について

SPR48 オーディション 開始 時期 合格 方法

今のところ、まだ詳細な情報は何もありません。
ただ、ヒントになるのは、

(秋元康は)「北海道の48Gはいつごろできますか?」との質問に「運営は来年の春と言っていますが…」と明言した

というコメント。

例えば、HKT48の第1期オーディションの場合、

応募期間:2011年5月1日 – 31日
最終審査:2011年7月10日(候補生が決定)
初披露:2011年10月23日(西武ドームにて第1期生初披露)
劇場初公演:2011年11月26日(HKT48劇場にて)

となっています。

応募から初披露までは5か月強
さらに初公演まで、さらに1か月かかっています。

これと同じように考えれば、2015年春に初公演だとすると、2014年の秋~冬ににはオーディションが開催されそうですね。
まあ、募集に1か月程度はかけるでしょうから、早くても10月に応募開始、11月からオーディションくらいでしょうか?
あくまでも予想です。詳細が発表されれば、またお伝えします。

ちなみに、気になる年齢についてですが、
こちらもHKT48の場合は、「2011年4月1日時点で11 – 22歳位まで」となっていました。
「位」って?と思いますよねw

でも、実際に過去のオーディションでは、応募資格を満たしていなくても合格したメンバーもいます。
つまり、年齢よりも大きな合格基準がそこにはあるということでは?

Sponsored Link

SPR48のオーディションに受かる方法とは?

もちろん確実な方法なんてありませんが、SPR48というアイドルが何を求められているかがわかることは大事ですよね。
そこで、秋元康の発言からポイントらしきものを考察してみましょう。

ポイント1:「未完成」がいい!

例えば、オーディションについて秋元康はこんな風に言っています。

ファンはアイドルに「シンデレラ・ストーリー」を求めているんです。

AKBは、はじめはこんなにダメだったけど、やっと自分の応援でここまできた。
それをファンは体験したい。だったら最初からすごい美人やお姫様ではダメじゃないですか。

AKBのオーディションで、残念ながら僕がことごとく落としてしまうのは、完成された女の子たちなんです。

つまり、秋元康がアイドルに求めるものとは「未完成」であること。
実際、この写真を見ると、確かに全員が未完成というイメージです。

SPR48 オーディション 開始 時期 合格 方法

板野友美なんか全然違いませんか?(;’∀’)
※なんか昔のモーニング娘。の辻ちゃんみたいな髪型ですね。改めて見ると。

ポイント2:AKBに憧れてはダメ

こちらはAKB48運営の戸賀崎氏のコメント。

ただ、「AKB48の◯◯さんに憧れています!一緒に踊るのが夢です。」ではなく、
「憧れられる人」になりたいと思っている方からのご応募お待ちしております。

つまり、SPR48というグループに入ること自体が目標となってしまってはダメだということ。
また、AKBグループの誰かに憧れて・・・だけでもダメだということ。

そこはあくまでスタート地点にすぎず、自分のの目標に向かっていく姿勢があることが大事なようです。

実際、AKBグループのメンバーは、割とそういうことを明言してますよね。
大島優子とかもそうですし。

この辺は、書類審査でもチェックされるでしょうから、

  • 自分の夢をはっきりさせること
  • そのうえで何故SPR48に入りたいのか?をはっきりさせること

が必要なんじゃないかな、と思います。

ポイント3:努力し続けること

これはむしろ候補生に受かって以降の話かもしれません。
これもAKB48運営の戸賀崎氏のコメント。

秋元先生は「成長過程を見て頂く」をコンセプトにして劇場公演を行っているので、
AKBの初期メンバーの中でも踊れなくて居残り練習をしていた148cmの小さな中2の高橋みなみ。
渚のチェリーでソロパートのレコーディングを泣きながら拒んだ中2の前田敦子。
そうやってみんな歌や踊りを体得していったのです。

ポイント1の「未完成がいい!」と関係する部分もありますが、未完成な女の子がステップアップしていく。
ただ、そこには本人の血や涙がにじむような努力があることを秋元康は望んでいる訳です。

これもまた大事なポイントでしょう。

こうやって書いてみると、当たり前のような、しかし曖昧なことしか書けませんね。
でも、とても大切なことではあると思います。

ただ、あれですね。

  • 「写メをかわいく撮るのが得意だったので、プロフィールに何も書かないで写メだけを送った」のに受かった小嶋陽菜
  • 「(審査で)歌えなかったので歌わなかった。受かると思ってなかった」って言ってる島崎遥香

とかもいますからね・・・(;’∀’)
何がどう転ぶかはわかりません。

ところで、こちらのページにもあった書類審査での【写真を撮る上での注意点】なんかは参考になるかも。
この記事で上に書いたこととは矛盾することもかかれていますが・・・。

HKT48も結構おもしろいグループになってきてますからねー。
なんだかんだでSPR48も気になってしまうと思います。

以上、「SPR48のオーディションの開始日は?合格するために年齢より大切なこと」をお送りしました。

[AKB, 芸能人・有名人のウワサ話]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ