VONDS(ボンズ)のランドセルおすすめ2019最新情報!特徴や口コミもご紹介

本当におしゃれなランドセルは、無数にあります。
そんな中でも、最高級の質感と、洗練されたデザインが人気なのが「VONDS(ボンズ)」のランドセルです。

知らないわ、という方でも大丈夫!
今回は、ボンズの特徴とおすすめのランドセルについてご紹介します。

Sponsored Link

VONDS(ボンズ)ってどんなブランド?

VONDS ボンズ ランドセル 口コミ

VONDS(ボンズ)のブランドとしての歴史はまだまだ浅いのが特徴です。
2017年4月に誕生し、ブランドとしては生まれたてなんです。

しかし、新しいブランドであるからこそ、斬新なデザインや機能性を追求したランドセルが多く、おしゃれなママさんの間で人気になっています。

プロデューサーは大沼敦さんで、ご自身も小学生の子どもさんをお持ちなんだとか。
だからこそ、機能面でも充実したランドセルを作れるのかもしれません。

このVONDSを経営するのは、株式会社VONDSです。
この株式会社VONDS、ある企業から独立して今の形になりました。

その会社というのは、ランドセルメーカー「羅羅屋」さんです。
「羅羅屋」さんと言えば「ララちゃんランドセル」で有名な老舗メーカーですよね。

なので、ブランドとしての歴史は浅いですが、基礎部分にこれまでのノウハウがあります。
しっかりとした技術の上に革新的なデザインのランドセルを作るということが実現できているんです。

Sponsored Link

特徴①「フロントホック」

他のランドセルでは見ることのない機能だと思います。
ランドセルの蓋の部分にフロントホックがついていて、それさえもデザインの一貫になっています。

それと同時に機能面でも大きな威力を発揮しています。
こちらの動画をご覧ください。

この“カチッ”て感覚がくせになるんです。本当に。 #ランドセル #ランドセル

VONDSランドセルさん(@vonds.jp)がシェアした投稿 –

カチっという音が癖になってしまう人もいるんだとか。
これなら完全に閉め忘れはなくなりますね。

特徴②「専用の安全カバー」

小学校に入学するとまずは、黄色いランドセルカバーをつけることになるかと思います。
黄色のカバーがついているのは「ああ一年生なんだなあ。」という目印にもなります。

でも、このフロントホックがついているとなると、安全カバーつかないんじゃないの?!と心配になるかもしれません。
そんな人のために、VONDSでは専用の安全カバーを用意してくれています。

黄色とタータンチェックのリバーシブルになっているので、二年生からもこのカバーをつけることができます。

この安全カバーはセットで付いてくるので、安心して使えますね。

特徴③「収納力」

VONDSのランドセルがすぐれているのは、その収納力の高さにもあります。
たくさん収納できることで、小学生ができるだけ手ぶらで登下校することができるように、という願いを込められています。

ランドセルの蓋部分を開けると、こんな風に筆箱ケースがあります。
筆箱って結構幅をとるんですよね。

こうして、教科書とは別の所に入れることで、ランドセルの中で筆箱が教科書を押しちゃってグシャっとなる事件、を防ぐことができます。
筆箱ケースの下の部分には折り畳み傘がちょうど入るようになっています。

下段ポケットには折り畳み傘がスッキリと入ります。

VONDSランドセルさん(@vonds.jp)がシェアした投稿 –

こうすれば、ゲリラ豪雨が来ようが安心して帰れます。

VONDSランドセルのラインナップは?

VONDSランドセルの2019年度のランドセルのラインナップは、カラーバリエーション全8色となっています。
機能などの違いは一種類で、自分の好きな色を選べばいいという感じですね。

色は

  • ブラック
  • レッド
  • チョコレート
  • グリーン
  • ブルー
  • アイスブルー
  • アイリス
  • ピンク

となっています。

詳しくはこちらでどうぞ。

ブラック以外は蓋部分と中身の色がバイカラーになっていて本当におしゃれです。

VONDSランドセルのスペックは?

では、このランドセル何を使って作られているのでしょうか?

素材は人工皮革の中で最高級と言われる「ベルハイオ5」を使っています。

このベルバイオ5は

  • 傷がつきにくい
  • 水にも強い
  • 5層構造なので耐久性がある
  • 本革のようなしなやかな質感・光沢をもつ

という特徴があります。

ベルバイオ5を使ったランドセルなので、本体の質量も1260g+オプション部分260gとなっています。

質感や光沢が素晴らしいので、良い面がたくさんありますね。

また、肩ベルトの部分には低反発素材を使っており、子どもの肩への負担を軽減してくれます。
背当ての部分も、抗菌素材なので、汗を良くかく夏でも安心して使えます。

VONDSランドセルのデメリットは?

VONDSランドセルのデメリットはほとんどないと言っても過言ではありません。

しかしあえて言うのなら

  • 他の子どもとは違うデザインなので目立つ
  • 少し重い
  • 専用の雨カバーなどを使わなくてはいけない
  • 高価

というところです。

ランドセルの価格は70000円となっているので、ランドセルメーカーの中なら少し高め、といったところでしょうか。

しかし、その分、しっかりとした縫製や素材の良さが目立つのでこれはお値段だけの価値は十分にあると思います。

VONDSランドセルはどこで買えば良いの?

VONDSランドセルは、公式サイトで購入が可能です。
https://vonds.jp/

専門の店舗はありませんが、羅羅屋のショールームで常設展示されています。
他にも、ララちゃんランドセルの展示会で見かけた、ということもありますので、一度公式サイトから問い合わせをされるのが良いかと思います。

もちろん、公式サイトでは、日本全国どこでも送料無料で買うことができます。
気になる!という人は、素材つきの色味本カタログなども申し込めば貰えますので、検討してみてはいかがでしょうか?

以上「VONDS(ボンズ)のランドセルおすすめ2019最新情報!特徴や口コミもご紹介」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ポロ・ラルフローレンのランドセル2019全種類を解説!要注目の購入方法も解説
【人気急上昇】キャメル色のランドセルおすすめ15選!上品で男女にも人気なメーカーは?
白・ベージュのホワイト系ランドセルおすすめ10選!汚れは目立たないのか?の疑問にも回答!
型落ちランドセルとは?安いのはメリットだがデメリットも?購入前要チェック事項まとめ

[生活・育児の豆知識]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ