新型プリウス2015の発売日と価格!デザインやスペックまとめ【画像あり】

2015年9月9日、ついに、新型プリウスが発表になりました!

皆さんは、新型プリウスのどんな事が気になります?
燃費・デザインやカラー・価格・スペックが気になる!!」
という方が多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、新型プリウスの発売日と価格、デザインやスペックなどを画像を交えてお伝えします!

Sponsored Link

新型プリウス2015の発売日と価格は?

1997年、世界初の量産ハイブリッド乗用車として発売したプリウス。

PRIUS(先駆け)の名前通り、優れた環境性能で、世界におけるハイブリッド車のトップを走り、普及促進に貢献してきました。
日本、北米などを中心に世界中で売れに売れ、累計販売台数は350万台を超えています。

そんなプリウスの4代目、新型プリウスが9月9日(現地時間9月8日)、アメリカのラスベガスで初お披露目されました!
6年半ぶりの全面改良となる新型プリウスに注目していた人も多いんじゃないでしょうか?

気になる発売日、価格ですが、残念ながら、まだ正式には発表になっていません

ただ、10月中旬頃から予約受注を開始して、12月初頭に正式発表・発売される見込みとなっているようです。
(12月9日という噂もあります)

ただ、2016年1月にずれこむという情報もあるので、少々気長に待つのがいいかもしれませんね。

価格についても、現行モデルが223万円からになっているのに対し、新型プリウスは240万円から、となる予想のようです。
プラス約20万円というところですね。

Sponsored Link

新型プリウス2015のデザイン(外観編)

新型プリウスのデザインは、どのような感じになるのでしょうか?

まずは外観からいきましょう。

そのデザインはこちら!

そして、公式映像がこちら!

また、9月9日のラスベガスでのお披露目の際の動画がこちらです。

COOL!!

サイドはこんな感じ

リアはこうなっています。

新型プリウス2015のデザインの特徴は?

プリウスの特徴と言える「トライアングルシルエット」に、TNGA(Toyota New Global Architecture)により実現した「低重心パッケージ」を合わせた革新的なデザインになっています。
ルーフの頂点とエンジンフードを低く抑え、スッキリしたシルエットを作り出しています。

個人的には、ヘッドライトがカッコイイと思いました。
こんな声もありますけれども(笑)

(あ。この「地球に優しい」という点は、後ほどスペックにて触れますね♪)

ただ、かなり大胆なデザインですから、賛否ありそうですね~
ちなみに、チーフデザイナーの児玉修作は

「環境車でも我慢しないデザインをつくり上げたいと、誰が見てもかっこいい、乗りたいと思う車をつくりたかった」

と語っています。

内装の写真が公開されればよくわかると思いますが、実はインパネからドアトリム(内張り)にかけてゆるやかにスロープが設けられてるんですね。
それも、このデザインに一役買っていると思われます。

カラーバリエーションは?

ちなみに、以前に海外で開発中の様子がスクープされた映像には、青い車体のプリウスも映っていましたね。
画像はこちら

そして、発表されたのがこちらですね。

SO COOL!!

もともと9色が有力候補にあがっていました。

  • ブラック
  • シルバーメタリック
  • フロスティグリーンマイカ
  • ライトパープルマイカ
  • ボルドーマイカメタリック
  • レッドマイカメタリック
  • スーパーホワイト
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ダークバイオレットマイカメタリック

この点の発表も待たれますね。

新型プリウス2015のデザイン(内装編)

内装に関しては、こちらの動画がわかりやすいかもしれませんね。
こちらもやはりラスベガスでの初お披露目での動画です。

あんまりわからないって?
確かに(苦笑)。

では、例えばこんな画像はどうでしょう。

過去に出た情報としては、

  • 電子シフトはレバーではなくボタン式
  • ナビはタッチパネル式に
  • 空調パネルはよりコンパクトに。上下フリップ式で

というもの。

あと、このような情報もあります。

これは白色だけではなく他のカラーもある可能性も言われています(期待を込めて)。
確かにブラックとか欲しいですねえ。

新型プリウスのスペック

プリウスといえば、低燃費を実現させるハイブリッドシステムですよね。
この新型プリウスでは、エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上し、エンジン・トランスミッションで、熱効率は40%以上向上しています。

燃費は1リットル当たり40キロとみられ、

車体自体は大きくなっているのですが、エンジン、トランスアクスル、モーター、電池などの各ユニットを、軽量化し、後部ドアのガラスを強化プラスチックにすることなどによる車体自身の軽量化も行っています。

以上のような性能向上で、現行より10%以上燃費を改善させ、JC08モード40km/L以上を目標にしているようです。

この数字は、現行、国内トップの燃費性能を持つトヨタの小型HVアクアのJC08モード37km/Lを大きく上回る数字となっています。
また、現モデルよりも2割以上も改善されるとういうもの。
燃費がいいのは、やっぱり懐にも地球にも優しいからいいですよね(笑)

また、前述のTNGAというプラットフォームの採用で、ボディの剛性強化、パワートレーンユニットの低重心・低配置化などが実現し、室内はより広くなり、乗り心地が向上しています。

もちろん安全装備も最先端となっています。
ミリ波レーダーと単眼カメラを使うことによる総合的な制御で、車はもちろん、歩行者も認識する「歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ」を含め、4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を採用しています!

新型プリウスに期待!TOYOTAの巻き返しに期待!

ところで、2015年上半期、グループ全体の世界販売台数が502万2000台となり、4年ぶりに世界販売台数トップの座から陥落したTOYOTA。
年末、発売となる新型プリウスで巻き返しはなるのでしょうか?

以上「新型プリウス2015の発売日と価格!デザインやスペックまとめ【画像あり】」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

圧倒的にすごいプロジェクションマッピング33選!彫刻に自転車に
長瀬智也。愛車とバイク・ハーレーへのマニアっぷりがすごい!
安全保障関連法成立に諸外国の反応は?国内では安保法案反対派が違憲訴訟へ
iphone6sと6sPLUSの発売日や価格が決定!新色や新機能などの最新情報も!

[生活・育児の豆知識]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ