のび子ちゃん・幻の最終回などドラえもんパロディ漫画・動画まとめ

pixivでの公開中の漫画のび子ちゃん」がスゴいです
ドラえもんののび太が実は女だったら・・・という設定なんだけど、妙に印象的。

そういえば、ドラえもんには幻の最終回を描いた同人誌だったり、名作パロディー作品が数々あるんですが、それをまとめてみました!

Sponsored Link

のび子ちゃん

漫画 のび子ちゃん ドラえもん パロディ

こちらが漫画「のび子ちゃん」

ドラえもんののび太が実は女だったら・・・。
ただ、作品は笑いに走るのではなく、その奇妙な設定の中で揺れ動く中学生になったキャラクターの心模様を描いたもの。

メインキャラは、当然のび太・・・じゃなくて「のび子」。
それと出木杉くん。

続いて、しずかちゃんで、その次に、ジャイアンとスネ夫という感じ。
彼ら全員の心模様がなんともむずがゆく描かれています。

・・・あれ?と思った方もおられるかもしれませんね。
ドラえもんは出てきません
いや、出てきますが、この漫画の実時間にはドラえもんはもういないという設定のようです。

あんまり、書くのは野暮ですね。
ぜひ読んでみてください。

ドラえもん最終回

ドラえもん 最終回 パロディ

こちらがドラえもん最終回

有名な作品。
絵もかなりうまいし、ストーリー展開が抜群!

今でもホントに最終回だと思ってる人がいるんじゃないでしょうか?
小学館から差し止めをくらったらしいですが、それも納得のクオリティ。

タイムパラドクスをテーマに、のび太とドラえもんの友情を描いています。
あと、しずかちゃんの乙女心も描かれているのがうまいですよね。

これは何度読んでも、そのたびにジーンときます。
一度読んだことがある方もぜひ。

合法海賊版ドラえもん?

先にネタばらしになるかもですが、これがその作品の表紙。

ドラえもん 海賊版 パロディー 漫画

漫画はこちらから。

わかってた人もいるみたいだけど
この作品は俺が描いたわけじゃなくて日本語に翻訳しただけ

とのこと。
実は、1992年ごろまで台湾では海賊版が合法だったので、その頃は「ドラえもん海賊本」がふつうに販売されていたんです。
ちなみに、この海賊本230巻まであるとか。

このクオリティなら見てみたいですよね?


では、ここまで有名ではないけど、優秀なドラえもんパロディー作品をずらりまとめます!

Sponsored Link

ドラえもんのパロディー作品・漫画編

  • 漫画「隙間のない引き出し」

    ドラえもん パロディ 漫画

    ドラえもんの記憶をなくしてしまったのび太・・・。
    いつのまにか出来ていたジャイアン、スネ夫、そしてしずかとの心の距離・・・。一体なぜなのか?!
    漫画のタッチは本家とは全然違いますが、これもまたジーンとくる系。 
  • ドラえもん「君、だれ?」
    ドラえもん パロディー 漫画 君だれ
    2ちゃんねるで連続1コマ漫画風に書かれたもの。
    作者がインスパイアされたテレビについてのコメントを読むと、また違った味わいが。

ドラえもんのパロディー作品・動画編

AKIRA×DORAEMON

『ドラえもん』×大友克洋さんの『AKIRA』というパロディー動画。
鉄夫ドラえもんの姿の変貌に注目!w

海外で受けそうと思ったら、海外アニメーターによる作品でした。
1分ない短い動画なのでぜひ。

ドラえもん のび太の人類補完計画

その名のとおり、エヴァンゲリオンとのパロディです。
よくできています。
なかなかの長さの大作で、まとめはこちらにて。

 ドラえもんのパロディー作品・読み物編

ドラえもんのパロディー作品・番外編

  • 「伸太、部屋ニ駆ケ込ミテ、号泣シテ曰ク」 ドラえもんを漢文訓読してみた
    そのとおり漢文の読み物です。
    チャレンジしてみてw

以上、パロディー作品を見ると、

  • タイムパラドクスを伏線にしたもの
  • 出木杉くんが登場するもの

が多い印象があります。

しかし、ドラえもんのパロディー作品の多いこと!(実はまだあります)
トヨタのCMでもパロディされるくらい誰もが知ってる名作「ドラえもん」だからこそですかね。

アメリカでもアニメ化されるということで、これらのパロディー作品も英訳してそのクオリティの高さを知ってもらいたいもんですね♪

[漫画・アニメ]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ