妊婦のインフルエンザ対策!妊娠後期に予防接種やタミフルは大丈夫?

出産。
それは人生における夫婦の新たな門出であり、若い二人が授かった至福の時です。

そんな大事なことだからこそ気になることがたくさんあります。
赤ちゃんを産む妊婦さんたちが最も気にかけていることが無事に出産できるか、です。

特に妊婦さんは妊娠中は免疫機能が低下しインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

ではそんな時に妊婦さんはどうすればいいのか。
予防接種タミフルの服用は可能なのか。
インフルエンザにかからないようにする対策はどんなことがあるのか。など。

そこで、この記事では

  • 妊婦がインフルエンザに気を付ける理由
  • 妊婦(妊娠後期)のインフルエンザの予防接種
  • 妊婦(妊娠後期)のタミフル服用
  • 妊婦のインフルエンザ対策
  • 万が一、インフルエンザにかかってしまったら

というテーマに沿って妊娠中の妊婦さんに対して少しでも手助けになるよう書いていきたいと思います。

Sponsored Link

妊婦がインフルエンザに気を付けるべき理由

インフルエンザには誰しもが気をつけるべきですが、特に妊婦さんが気をつけなくてはいけないのには理由があります。
まずは、そこからご説明しておきましょう。

妊婦 インフルエンザ 対策 妊娠後期 予防接種 タミフル 大丈夫

免疫機能低下

妊婦さんは妊娠するといわゆる「免疫機能低下」という状態となります。

普段は身体の免疫機能が

  • 体内に侵入する異物や菌・ウイルスを外敵と判断
  • 症状が大きくなる前にこれを退治し、身体を健康な状態に保つ

ために働きます。

しかし、妊娠中の妊婦さんはこの免疫機能を自然と弱める作用が起こります。
これは胎内に新たに生まれた命を「異物」として除去するのを防ぐための身体の機能です。

よって妊娠期間中は妊婦さんはどうしても免疫力が弱まり、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまうのです。
つまりウイルスに対抗する「細胞性免疫」が低下するという事です。

妊婦さんにとっては細菌性の感染症にかかっても重症化はしません。
ただ、風邪やインフルエンザにかかると肺炎などの合併症も引き起こし重症化しやすくなってしまいます。

健康な赤ちゃんを出産するためには母体となるお母さんが健康でいる事が大前提ですからね。
これが妊婦さんがインフルエンザに気をつけつべき第一の理由です。

Sponsored Link

赤ちゃんへの影響

二つ目は、妊婦さん自身ではなく、胎内にいる赤ちゃんへの影響。

ただ、だからといってインフルエンザの発症が赤ちゃんへすぐに影響を及ぼすわけではありません。
特に赤ちゃんの器官等が形成終了している妊娠後期においてはさほど心配されることはないようです。

しかし、さまざまな器官が作られていく妊娠16週目くらいまでは用心が必要です。

ただ、妊婦のインフルエンザ発症による高熱などで胎内の赤ちゃんに悪影響を与えた、という報告はされてはいません。
そういう意味では、あまり心配しすぎない方がいいかもしれません。

とは、言ってもデリケートな問題。
なにより当事者である妊婦さんにとってはとても大事な問題です。

何か心配な事がある場合はすぐさま、かかりつけの医師に相談し指示を受けましょう。

初めて赤ちゃんを授かった妊婦さんにとっては不安だらけです。
決して素人判断で事を決めないようにお願いいたします。

そして、お母さんの精神状態の安定が赤ちゃんのためになによりいいことだと覚えておいてくださいね♪

妊婦のインフルエンザの予防接種について

それでは、次に妊婦のインフルエンザの予防について、触れておきましょう。
まずは、一番の予防策である予防接種は可能かどうか?についてです。

妊婦 インフルエンザ 対策 妊娠後期 予防接種 タミフル 大丈夫

妊婦がインフルエンザの予防接種を受けても大丈夫?

現在、インフルエンザワクチンは病原性をなくした不活化ワクチン(生ワクチンではない)です。
つまり、細菌やウイルスを殺して毒性をなくし、抵抗力(免疫)をつけるために必要な成分を取り出してワクチン化したものです。

だから、ワクチンが胎児に影響を与えるという事は考えられないというのが医師の一致した考えです。

ただし、実際に接種するかどうかは妊婦さんと医師との間で十分に納得をしたうえでやられた方がいいでしょう。

というのは、不活化ワクチンだからといって副作用で、流産等の可能性が皆無とは言い切れない?という問題もあるからです。

実際、

  • 妊娠16週目までの赤ちゃんの器官等の形成期間である初期段階では、注意を要する
  • ワクチンの接種は避けた方が良い

という医師の意見もあります。
そのため、慎重に考えたい場合は、なによりお医者さんに相談してみるのがオススメです。

妊娠後期でも大丈夫?

これは、妊娠後期であっても前期であってもさほど重要な問題ではないでしょう。

先程も申しましたようにインフルエンザワクチンは病原性のない不活化ワクチンです。
これによって胎児に影響を与えるという事は考えられないというのが通説です。

しかも、インフルエンザワクチンを接種することによって2週間ほどで母体に抗体が作られます。
そして、その抗体は胎盤を通して赤ちゃんに送られます。

その結果、赤ちゃんは生後6か月頃までは母親からもらった抗体によって守られているということになります。

いずれにせよ大事なことは、不安があれば医師と相談して決めるということ!

あと、出産するに当たって不安要素は消していかなければなりませんが、インフルエンザの予防接種で気持ちが不安になってしまったら本末転倒ですからね。
最終的には、自分が安心できる判断がおすすめになることでしょう。

妊婦のタミフル服用について

予防接種に引き続き、妊婦のタミフルの使用についてはどうでしょうか。

妊婦がタミフルを服用しても大丈夫?

妊婦 インフルエンザ 対策 妊娠後期 予防接種 タミフル 大丈夫

タミフルは抗インフルエンザ薬です。

一般的に妊婦の妊娠期間中はタミフルを含めた内服薬の投与は控えるべきとの考えがあります。
しかし、日本産科婦人科学会の調査によれば、タミフルでお腹の赤ちゃんに有害な副作用が起こることはないと発表されています。

この場合の有害な副作用とは「奇形」という解釈も含まれています。
但し、全ての妊娠において先天異常という形での出産は3%という報告もあります。

という事は!
タミフルを服用したからといって必ずしもそういう危険性が起こるという訳ではない。

むしろ、新型インフルエンザにかかってしまいタミフルなどの薬を使わずに症状が重症化したり、母体の健康に影響を及ぼすケースの方が問題です。

タミフルは新型インフルエンザにかかって48時間以内なら重症化を防ぐ、最も効果の高い抗インフルエンザ薬として医師からは認知されています。
タミフルの使用も含めて、かかりつけの産婦人科医の医師とよく相談しましょう。

妊娠後期の場合についても

妊娠後期の妊婦さんの場合は既に安定期。
タミフルの使用に関しては前期の方たちに較べれば気持ちに余裕があるでしょう。

しかしながらタミフルの使用に関しては意見が様々です。
肯定的な意見もあれば否定的な意見もあります。

こうなってくると初めて妊婦になられた方が判断するのは不可能です。
やはりかかりつけとなる医師の方との連携を日頃から絶やさずに過ごすことが重要になってくるでしょう。

妊婦のインフルエンザ対策として食事と漢方は効果的?

そして、妊婦だからこそ薬をのむような事態は避けたいという気持ちもあるかと思います。
じゃ、インフルエンザ対策としてできることとは?

インフルエンザ対策のために食事で気をつけること

妊娠中は免疫力が弱まります。
だから、インフルエンザや風邪にかかりやすくなってしまうんですよね。

ということは、大事なのは、インフルエンザや風邪にかかりにくい体にするということ。
つまり、ウイルスが体内に侵入しても自然治癒力で重症化させないということです。

自然治癒力を高めるには食事による免疫力アップが効率的な方法でしょう。

以下に妊婦さんが妊娠中に摂取するべき食品群をあげてみます。

①果物(ビタミンC)
②豚肉(ビタミンB群)
③レバー、緑黄色野菜(ビタミンA)
④トマト、スイカ(リコピン)
⑤ごま(セサミン)
⑥豆腐(大豆イソフラボン)
⑦お茶(ポリフェノール)

これら以外にも

  • ヨーグルトは腸の働きを活性化
  • 梅干しは錆びない体つくりの基礎
  • 長芋は新陳代謝を上げる

という点で効果があると言われます。
食事によって身体を抗酸化体質にさせ、体力を高め免疫力を自力で高めていくことができるように変化させていきましょう。

インフルエンザ対策に漢方薬は効果的なのか?

また、妊婦のインフルエンザ対策として漢方の使用を考える方も多いですよね。

まず、漢方薬はインフルエンザ対策に効果が高いようです。
例えば、麻黄湯を使ってよくなったと言われる方もいます。
また、タミフルの主成分にも漢方の成分が使われていると聞きます。

ただ、気をつけるべき点としては、漢方は保険適用されないということ。
よって、一般の産婦人科にかかっていればほとんど馴染みがうすくなってしまうのも仕方ない事なのかもしれません。

ただ、漢方自体は老若男女、妊婦さんにも使って問題ないようです。
最寄りに漢方を扱っているお店や知り合いの方がいるのでしたら、詳しく話を聞いてみるのも一つですね。

万が一、妊婦がインフルエンザにかかってしまったら

しかし、様々な予防対策をしていても、インフルエンザにかかってしまう可能性はゼロではありません。
万が一、妊婦さんがインフルエンザにかかってしまったと自覚症状がある場合、

  • いきなりかかりつけの産婦人科に行くのは避ける
  • まず電話連絡を行い、それから治療を受けに行ってもいいか確認する

ことが大事です。
その後は医師の判断の元、適正な処置を受けましょう。

また、先に書いたとおり、投薬するにしてもインフルエンザ発症から、48時間以内がタミフルの効果が発揮される時間です。
ちょっとでもおかしいなと感じたならすぐに医師への連絡を忘れずに行いましょう。

最後にインフルエンザ予防対策として5つの基本をあげておきます。

①こまめな手洗い、うがい
②こまめに水分補給
③加湿と換気
④睡眠を十分とる
⑤自然治癒力を高めるため食事はしっかりとる

こちらに更に詳しくインフルエンザの予防対策について書いておりますので、よろしければ参考にしてください。
なぜ感染するのか?を理解していれば、各自の生活にあわせて必要な予防対策が考え出せるようになりますので!

妊婦さんはそれこそ自分ひとりの体ではないわけで、心配なことも人一倍多いことと思います。
少しでも安心してこの季節を乗り越えてもらえるように、この記事が参考になれば幸いです。

以上、妊婦のインフルエンザ対策!妊娠後期に予防接種やタミフルは大丈夫?でした。

[健康, 生活・育児の豆知識]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!


コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ