MacBookAIRの2015年の発売日や新機能について!Retinaディスプレイやスペックも

2014年10月16日(日本時間17日午前2時)に開幕したAppleのスペシャルイベント。
事前の噂では、Retinaディスプレイ搭載の新Macbook airが発売されるか?っと言われていましたが、残念ながら発表なし。

この記事では、なぜその発表がなかったのか?という点から話を始め、

  • 新Macbook Airの発売日が2015年という根拠
  • 新Macbook Airのスペック、機能、特徴

をお送りします。

Sponsored Link

2015年発売という噂があるが、その根拠は?

冒頭のイベントで新Macbook Airについて発表がなかった理由。
それは、搭載プロセッサの都合があげられていました。

搭載プロセッサの都合って・・・なんだ!?

プロセッサは、CPUとだいたい同義語です。
こちらのページに、初心者向けにわかりやすくのってます。
まあ、簡単に言うと、つまり、プロセッサの性能はPCそのものの性能に直結するということ。

話がそれました。
搭載プロセッサの都合って、どういうことでしょう?

さらに調べてみると、新Macbook airにはインテルの新型プロセッサ「Broadwell」が搭載されるという噂。
このプロセッサ、2015年1月から量産が開始されるそうです。

つまり、搭載プロセッサの都合とはつまり、「量産開始のタイミングを待って」ということ。

なので、新Macbook airは早くても2015年2月または3月と予想されます。

Macbook airがさらに薄くなる理由!

でもなんで、発売を遅らせてまで新しいプロセッサを使うのか?

ここで、さきほどのページの内容を思い出してください。

CPUの性能は、パソコンの性能や値段に大きく関わってきます

とあります。
そして、今回の「Broadwell」は新CPUは省電力性能が更に向上とのこと。

ぴんとこない方もいるかもしれませんが、省電力ということはずばり、「端末がさらに薄くなる!」っということなんです。

ノート型PCの場合、デスクトップ型PCと違って処理したときに発生する熱を冷やすのに工夫が必要です。
デスクットプ型なら立派なファンを積めばいいけれど、ノート型では立派なファンを積むと分厚くなってしまう。
だから、省電力だということはとても大事!

ファンが小さくて済むので、薄型化に貢献するんです!

まとめると・・・

  • 新Macbook airは速くて2015年2月または3月くらいに発売される
  • 新Macbook airにはインテルの新型プロセッサ「Broadwell」が搭載される
  • 新Macbook airはこれまでのものよりさらに薄型と期待される

ということです。

Sponsored Link

具体的にはどんなスペック、機能、特徴は?(予想)

スペック・特徴については少し、発売時期予想のところでも出てきましたが改めて、整理してみます。

  1. Touch IDを搭載
    Touch IDとはiPhone 5s / 6 / 6 Plusに搭載されている指紋認証機能です。
  2. 厚みが従来モデルより0.5mm薄くなり7.0mmになる
    iphone6は6.9mmなので、これと同じくらいのイメージです。
  3. 12インチモデルが追加になる
    これまでは11インチモデルと13インチモデルが展開されていましたが、あらたなサイズが発売に。
    なお、13インチモデルは12インチモデル登場にともない発売終了になるという噂も。
  4. インテルの新型プロセッサ「Broadwell」が搭載される
    これは上の発売予想のところで書いたとおりですね。
  5. カラーバリエーションが新たに加わる
    新Macbook airで一番話題になっているのがこれ!
    これまでのシルバーに、スペースグレイとゴールドが追加されて3色展開に。
  6. ディスプレイがRetinaディスプレイになる
    iPhoneではすでにRetinaディスプレイが使われていましたが、Macbookでも使われるように。
    ちなみにRetinaディスプレイになると、画面の解像度が上がり、また明るいので省エネにもなります。

過去のマックブックを振り返る

ここでこれまでのマックブックの展開を振り返ってみます。

2008年1月15日 発表

2008年10月15日
インターフェースの幅が広がる、画面表示がきれいになる等のバージョンアップ

2010年10月20日
従来の13.3インチモデルに加えて新たに11.6インチモデルを追加

2011年7月20日
新しいプロセッサが搭載されたものにバージョンアップ。
またインターフェースの拡張、バックライトキーボードの復活もあり

2012年6月11日
インターフェース拡張、また電源コネクターが変更された

2013年6月10日
新しいプロセッサが搭載されたものにバージョンアップ

2014年4月29日
前年モデルからのマイナーバージョンアップ

2008年の発表のときには、「世界最薄のノートブック(The world’s thinnest notebook)」というキャッチコピーでした。
当時のアップルCEOスティーブ・ジョブズが、書類用の茶封筒からMacBook Airを取り出すという演出をはとても印象的でしたね。

MacBookAIR 2015 販売時期 新機能 Retina ディスプレイ スペック

こうしてみると、性能に関するバージョンアップが2008年、2011年、2013年に行われています。
やはり、次のバージョンアップは2015年でもおかしくないですね!

とりあえずこんな風に予測しかできないのですが・・・。
続報を待ちましょう。

以上、「MacBookAIRの2015年の販売時期や新機能について!Retinaディスプレイやスペックも」でした。

[生活・育児の豆知識]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!


コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ