出席停止こどもや赤ちゃんのプール熱の症状と対処法!小学校・保育園などの出席停止期間は?

ある日突然、子どもが真っ赤な顔をして高熱を出していた!
思い返せばなんだか最近プールに行ったな…。

それってもしかすると「プール熱」かもしれませんよ?
実はプール熱ってかかってしまうと出席停止になる感染力の強い病気なんです。

そこで、今回は赤ちゃんや子どもがなるとどんな症状が出るのか詳しくご紹介します。

Sponsored Link

子どもや赤ちゃんがプール熱になるとどうなるの?

一般的なプール熱の症状は、こちらでご紹介しております。
あわせてご覧ください。

このように、プール熱はアデノウィルスというとっても小さなウィルスが原因で起こる夏風邪です。
アデノウィルスが咽頭にくっつくことで、咽頭結膜熱を引き起こすんですね。

この咽頭結膜熱がプール熱の正式名称で、アデノウィルスの型や入り込んでしまった場所が違うと違う症状を引き起こすんです。
例えば、アデノウィルス8型が引き起こすのが「はやり目」です。

また、プール熱は大人にも感染します。
それぐらい感染力の強い病気なんですね。

大人のプール熱で仕事を休む期間については、こちらの記事でご紹介しております。
あわせてご覧ください。

赤ちゃんと子どもの症状は、何があるのでしょうか?

Sponsored Link

赤ちゃんや子どものプール熱の主な症状①「高熱」

これは誰が感染してもよく見られる症状で、39度前後の発熱がみられます。
赤ちゃんがかかると3~4日程度続き、頭痛を訴える子どももいるでしょう。

発熱による頭痛を訴えるのであれば、痛みどめを処方してもらうこともできます。
今はとにかく、赤ちゃんや子どもの不快を取り除いて病気に打ち勝つ体力をつけることが一番です。

赤ちゃんや子どものプール熱の主な症状②「喉の痛み」

アデノウィルスが喉についてしまうことで炎症を引き起こしますので、喉の痛みが強い傾向にあります。
もちろん子どもによっては喉の痛みを感じない場合もあります。

しかし、痛みを感じる場合は何かを飲み込めないほど辛いことが多いのです。
このため、痛みが強い時にはおかゆやうどん、にゅうめんなどを食べるようにして栄養を蓄えるようにしましょう。

それでもダメな時には、ゼリーなど飲み込みやすいものを食べましょう。

赤ちゃんや子どものプール熱の主な症状③「目のかゆみや目やに」

プール熱の特徴的な症状として、目の症状があります。
この症状が見られないことももちろんあります。

しかし、目に症状が表れる場合は片方の目から始まり、やがてもう一方の目に症状が移っていきます。

目やにが出る場合は、眼が開けられないほどになってしまう事が多く、目やににもアデノウィルスが含まれている可能性があるので注意が必要です。

赤ちゃんや子どものプール熱の主な症状④「下痢や嘔吐」

特に赤ちゃんに多く見られる症状です。
赤ちゃんが下痢や嘔吐といった症状になった場合は、目への症状が出にくいという統計もあります。

しかし、下痢や嘔吐になると、吐しゃ物や便の中にアデノウィルスが排出されている場合が多いです。
お世話をするお父さんやお母さんは、感染しないように注意して下さい。

プール熱になると小学校や保育園は出席停止?

プール熱は、感染力の高さが強い病気です。
それはインフルエンザと同じぐらいと言われており、学校法で「出席停止」の病気に指定されています。

小児科などを受診するときっとお医者さまから言われるでしょうし、証明書なども書いてくれると思います。
何故、出席停止になるのかというと、プール熱の感染経路が多種多様であるためです。

プールで水を介して感染する事が多いんですが、それ以外にも、飛沫感染(唾液など)、接触感染(タオルの共有など)があります。
このため、集団生活をする小学校や保育園では出席停止になるんですね。

では、何日間出席停止になるのかというと原則症状が治まってから2日後までです。
これは、ウィルスが弱まるからとされています。

しかし、人に移す可能性が「0」になったわけではありません
まだまだ体内にウィルスは残っていますし、感染することも考えられます。

更に、本人の体力が十分に回復していなければ、また新しい病気にかかってしまいます。
赤ちゃんや子どもになると、体力の低下というのはまた熱を出してしまう要因の一つです。

プール熱は治まったけど、何か違う夏風邪貰って来た!というのも考えられます。
このため、保育園や小学校には自己判断で登園や登校はできません。

判断するのはお医者さまです。
登園や登校をする前にはお医者さまに診てもらって「OK」を貰ってから行くようにしましょう。

早期発見が早期回復のカギ!

プール熱には、特効薬はありません。
しかし、対症療法を早くから行えばその分、体力も回復しやすく完治も早くなります。

症状が見られて経過観察をする必要はありません。
少しでもプール熱を疑う症状が出たらすぐに医療機関を受診しましょう。

(P.N.オレンジ)

以上「出席停止こどもや赤ちゃんのプール熱の症状と対処法!小学校・保育園などの出席停止期間は?」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

子供の胃腸風邪の症状や期間について!保育園幼稚園へはいつから?
子供の胃腸風邪の時におすすめの食事を症状別に!大人への対処法との違いも
ヒアリに刺されるとどうなる?症状を画像でチェック!痛みや跡についても
顔や鼻の頭が日焼けで皮むけした時の対処法!子供にも安心な薬や女性向けの隠すメイク方法も

[生活・育児の豆知識]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ