北斗晶の乳がんのステージと生存率50%の真実!実は父親も癌!

「乳がん」であることを明かした北斗晶さん
その元気で明るいイメージからは病気とは縁遠く思えて、嘘でしょ?!と思われた方も多いのではないでしょうか?

そんな北斗晶さん、今回の「乳がん」の進行状況やこれからの治療などどうなっていくのか気になりますよね。
更に更に!
実は北斗晶さんの実父ががんであったことも判明しています。

今回は気になる北斗晶さんの「乳がん」について、更に実父は今現在どうしているのか?についてお伝えします!

ではでは早速いってみましょー!(^^)/

Sponsored Link

北斗晶の「乳がん」ってどのくらいの病状?

ステージ2のBと言われても今一つピンときませんよね。
「全摘出したし、リンパにも転移が見られたからリンパも切除した」
って聞くと相当悪いんじゃないか?なんていう心配も出てきます。

専門的な観点から行くと、乳がんはステージという(病期)で分類されています。
しこりの大きさやリンパ節への転移、遠隔転移を総合的にみて診断する方法「TMN分類」と、治療開始後の診断で分類する「Tmn分類」があります。

またステージは0~4までに分かれています。
「乳がん」と一口に言ってもそのしこりの大きさや、転移の有無などその人その人によって臨床病期が変わってきますのでそれぞれに最適な治療法を選んで行くというのが一般的です。

ではステージについて少し詳しくご説明しましょう。

Sponsored Link

5つのステージ(病期)ってどこで区切られてるの?

0期

乳がんが発生した直後の状態で、がん細胞はまだ乳腺の中に閉じこもっている状態のものです。
「非浸潤癌(ひしんじゅんがん)」といいます。
この状態で乳がんが発見されたのであれば、比較的軽度に治療、完治することができるはずです。

Ⅰ期

しこりの大きさが2センチ以下(1円玉の大きさ)でわきの下のリンパ節には転移が見られない状態の時です。
つまり、乳房の中だけで癌が大きくなってきている状態のことです。
比較的軽度の乳がんと言えるでしょう。

Ⅱ期

ここになると更に細かく分かれます。
まず、Ⅱa期
しこりの大きさはⅠ期と同程度のもので脇の下のリンパ節に転移が見られる場合です。
またはしこりの大きさは2~5センチであるが、脇の下のリンパ節に転移が見られない場合、ということになります。

更にⅡb期

しこりの大きさが2~5センチで脇の下のリンパ節にも転移が見られる場合です。
つまり今回の北斗晶さんはこの状態、ということになりますね。

Ⅲ期

局所進行乳がんとも言われ、ここでのステージは更に細かく3つに分かれます。

Ⅲa期

しこりの大きさは2センチ以下。しかしリンパ節への転移が見られ、更にリンパ節がお互いがっちりと癒着していた周辺の組織に固定している状態。

またはしこりの大きさは2センチ以下で、脇ではなく胸骨の内側のリンパ節がはれている場合。
もしくは、しこりが5センチ以上で、脇の下、あるいは胸骨の内側のリンパ節に転移があつ場合。

Ⅲb期

しこりの大きさや転移に関係せず、しこりが胸壁にガッチリと固定している状態。
または、皮膚にしこりが顔を出したり、崩れたりむくんでいたりするような状態。炎症性乳がんもこの時期に含まれます。

Ⅲc期

しこりの大きさに関わらず、脇の下と胸骨の内側のリンパ節、両方に転移が見られる場合。
あるいは、鎖骨の上下にあるリンパ節に転移が見られる場合。

このステージまで来ると、転移が多く見られ、大きな手術になってしまいそうですね。

Ⅳ期

遠隔臓器に転移してしまっている場合です。
乳がんの転移しやすい臓器は、骨、脳、肺、肝臓などです。

このように、「乳がん」にもその進行状況で随分と違ってくるようですね。

今回、北斗晶さんの手術を行ったお医者様は

「ステージⅡのbと言っても限りなくⅢ期に近い」

とおっしゃっています。

やはり大変な状態であることに変わりはないようですね。

乳がんの記事についてはこちらからもどうぞ


北斗晶の父親も癌だった?!

北斗晶さん、ご自身のブログでお父さんも癌であったことを明かしています。

それはこちらから

写真からも分かるように、お父さんはどうやら癌を乗り越えて、金婚式を2014年に迎えているようです。
どこの癌だったのかははっきりしませんが、治療に専念して癌に打ち勝っているお父さんのようですので北斗晶さんもそれに続いて欲しいですね。

そんなお父さんは、昔からずっと埼玉県で農家を営んでいるようで、今でも手作りのおいしい野菜をたくさん北斗晶さんに届けてるみたいです。
お父さんが作ったとれたて新鮮野菜を食べて、病気と闘って欲しいですよね!

お父さん、実は北斗晶さんの「乳がん」のことを知ったのは私たちと同じタイミングだったそうです。

「あの子はぶっきらぼうだけど、3姉妹でいちばん気が優しいところがあるんです。
それにドラマなんかを見ては、年中泣いている、そんな子なんですよ。
私も妻も久子のがんを知ったのは、ブログで発表さした当日だったんです。
久子の姉と妹には少し前に健介が話したらしいけど、私たちには心配かけまいとギリギリまで言わなかったみたいです」

肉親にも、ギリギリまで伝えなかったのは本当に北斗晶さんがこの「乳がん」と戦っていこう!と思っていた決意の表れだと思うんですよね。

やっぱり重大な病気であることを自分の親にすぐに伝えられるのか?って聞かれると難しいところもありますよね。

北斗晶の5年後生存率50%って本当?

北斗晶さんの会見を見ていて、5年後生存率50%はおかしいんじゃないの?!って思ってる人がたくさんいるようです。

「ステージ2Bで50パーセントなんて本当に医師が言ったとしたらどんなヤブ?
術後の病理検査も出てない時期だと思うし、断言できる意味がわからない
ほんとは別の臓器転移しててステージ4だったとか? 」

「ハーセプチン使えるようになってからかなり予後が改善してるんだし
2Bで5年生存率50%とかそんな断言できるわけないと思うんだけど… 」

なんか色々と専門用語が出てきて分かりませんよね。
でも、これ治療の方法を言っているようです。

どうやらハーセプチンという薬で乳がんに、今まで以上の効果を期待できるとか。
副作用も従来の抗がん剤に比べて低い・・・ということになっています。

でも、批判的な発言ばかりではありませんよ。

「残念ながら検診はあくまでも病気を見つけるための一つの目安。
がんの予防ではないんだよね。
そして、早期でも全摘しないといけないこともある。
人それぞれ症状や病状は異なるのだから、乳がんマスターになったような発言はちょっとね。 」

「ステージ2bだって顔つきの悪い癌だったら再発する うちの身内がそうでした
ステージ云々より癌の性質で変わる
顔つきの悪いがんだと早期に手術しても再発する可能性は高まる
乳がんのたちの悪いところは5年生存がOKでも10年後、20年後に再発の可能性があるということ 」
ずっと再発、死の恐怖を感じながら生活し続けるのってしんどいよ 」

つまりは、ステージで示されているのは1つの目安であって、全摘出してしまうほどの病状ですから「生存率50%」もあながち嘘じゃないかもね~ってことのようです。

生存率50%の真実

ネットでの反応がすごいことになってるってことを受けて、北斗晶さんは退院会見でこう言っています。

「会見での言葉足らずが、大きな心配をかけてしまってすみません。」

更に、生存率50%の説明については

「生存率の件で、報道を観たとあちこちからご心配のご連絡を頂きましたが、手術前に色々説明された中での告知でしたから。
病院や先生によって見解も違いますからね。
術後は癌を取って生存率もグンと上がったと先生も言ってくれてるし」

と、ブログの中でつづっています。

予想すると、乳がんの告知を受けた時に、やっぱり北斗晶さんは全摘出を拒んだんじゃないかと思うんですよ。

その時に、主治医さんから
「全摘出を受けないと生存率は50%程度になりますよ。」
と言われたんじゃないかなあ~と予想するわけです。

最初に悪い情報を患者さんに伝えて、手術の必要性を理解してもらうタイプのお医者さんだったのかもしれませんね。

ちなみに、乳がんの生存率についてはその病院のデータなどによっても違うし、複雑な病状によっても変わってくるらしいので、こういうので測ることは無理なんじゃないかなあ、とも思います。

北斗晶に対する風当たり

乳がんであると会見を行ってから、毎日のようにニュースやら、番組やらでこのことが取り上げられることになりましたよね。
ピンクリボン運動も息を吹き返してきていると思います。

「乳がん」のことについて気付かせてもらう1つのきっかけとして北斗晶さんの会見は有意義なものだったんじゃないでしょうか?

でも同時にやはり批判も集まってきているようです。

「会見してから、騒ぎ過ぎ」
「ブログの怒涛の更新がウザイ」
「乳がんをビジネスにしている」

などなど。
本当にもう、病人に対する発言とは思えないものもたくさんあります。

しかし、今まで北斗晶さんがTVに出ていることで元気や笑顔を貰えた人もたくさんいるはずです。
今は北斗晶さんは少し弱っちゃってる時期。

癌と前向きに戦うことを表明してますが、その気持ちの奥では不安が消し去れないものだと思います。

ブログを見て、コメントして「がんばって!」と伝えてあげることだけでも北斗晶さんの病状が回復する手助けになるのではないでしょうか?
きっと北斗晶さんもみなさんの「元気」を分けてもらいたいなあと思ってるんですよ★

いつものぶっきらぼうの発言、それでいて、温かさが感じられる発言。
それが北斗晶さんの魅力ですよね。

あの笑うと目がなくなる瞬間を、もう一度早くみたいなあ、と思います。
そして隣には佐々木健介さんがいてこその2人ですよね。
どうか、快方に向かいますように。

(P.N.オレンジ)

こちらの記事もあわせてどうぞ!


以上「北斗晶の乳がんのステージと生存率50%の真実!実は父親も癌!」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

北斗晶と佐々木健介のなれそめ!結婚式の画像や号泣の理由も暴露
佐々木健介と北斗晶に学ぶ夫婦円満の3つの秘訣!
乳がん初期症状をセルフチェックする3つの方法!脇の下やひきつれに注目
乳がんになった芸能人とその後!北斗晶や川村カオリに樹木希林も・・・

[芸能人・有名人のウワサ話]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ