【2018最新】東野圭吾の小説の売り上げランキングBEST10!初心者向けにおすすめの文庫本は?

書けば売れる!と言っても過言ではないミステリー作家、東野圭吾さん。
作品を読んだことない、という人も、映画化されたりドラマ化されたりしてその作品の一端に触れたことはあるのではないでしょうか?

これだけメジャーな作家さんなので、人気の作品もたくさんあります。

そこで、あえて、売上ランキングBEST10をご紹介しましょう。
読書初心者さんにもおすすめな文庫本もあわせてご紹介します。

Sponsored Link

東野圭吾の小説の売上ランキングBEST10

東野圭吾さんの魅力は、巧みなトリックと、ミステリーの裏にある人間模様です。
切ない話から、フフフ、と笑えるものまで。

本当にたくさんの魅力をみせてくれるのです。
東野圭吾さんって本当に「字」の魔術師だなあと感じることもできます。

ではでは、売上順にBEST10をご紹介します。

Sponsored Link

第10位「魔球」

1988年に書かれた初期の作品です。

30年以上前に書かれていたとは思えないほど斬新な作品です。
舞台は高校で主人公は高校球児です。

ですが、それだけではありません。
結びつかないように思える高校球児と殺人、企業の爆弾騒ぎ、社長の誘拐など次から次に事件が起こります。

確かに、よほど好きじゃないとミステリー作品を二回読むってしないですよね。
あまりメジャーな作品ではありませんが、好きな人はとっても好きな作品だと思います。

第9位「仮面山荘殺人事件」

1990年に書かれたミステリー作品で今でも人気の高いものです。

東野圭吾さんの醍醐味と言えば「大どんでん返し!」。
その真骨頂とも言えるのがこの作品です。

読む時間を間違えると、徹夜してしまうという中毒性の高い作品です。
しかも、ラストはころっと騙されてしまうんですから困りますね(^^)

2018年に読んだ人のようですが、早速この魅力に取りつかれていますね。

第8位「マスカレードホテル」

東野圭吾さんの作品の中で一番新しいシリーズものです。

この作品、長澤まさみさんと木村拓哉さんで映画化も決定しています。
主人公は男女ペアで、ホテルという不特定多数が相手に事件を解決していきます。

エンタメ性も高いし、物語の展開も早いです。
それでいて、たくさんの登場人物が出てくるので、翻弄されます。

現在、3冊出ていますがやはり1作品目が一番面白いですね。

キャストもピッタリなようですね。

第7位「秘密」

あまりミステリー要素が強くない作品です。

どちらかというと、ファンタジーよりかな?ぐらいのライトな作品です。
映画化もされたので、ご存知の人も多いかと思います。

でも、映画よりもやはり活字で読んで欲しいです。
この作品は感情移入するキャラクターをどの人にするか、で感想が変わってくる作品です。

本当にこれで終わり?!って言っちゃう作品です。

第6位「夜明けの街で」

第6位は東野圭吾さんには珍しい不倫の物語を入れてみました。

「不倫」なんてばからしい、と考えていた主人公が不倫に足を踏み入れてしまう物語です。
不倫ものの物語となるとどこか不倫を「美化しすぎている」作品も多いですよね(個人的にですが)

東野圭吾さんも不倫を純愛気味に書いています。
でも、最後の最後には、なるほど・・・と唸ってしまうような物語になっているんですよね。

この読後感が東野圭吾作品ですね。

第5位「変身」

この作品も映画化された作品です。

主人公は脳手術の成功を収めた青年です。
でも、毎日の中で何か違和感を感じながら生きていきます。

こういった移植したとかのSFチックな作品も東野圭吾作品には良くあることです。
タイトルもぴったりで、最後の最後に驚かされるのもいつもの感じです。

医療サスペンスが嫌いな人でも読むことのできる作品です。

第4位「祈りの幕が下りる時」

こちらは「新参者シリーズ」です。

加賀恭一郎という独特なキャラクターは「新参者」で活躍しています。
そんな「新参者」シリーズの最終回となるのがこの作品です。

「新参者」シリーズはどれも秀逸ですが、この「祈りの幕が下りる時」は必ず読んで欲しい作品です。
犯罪の後ろに心揺さぶられるストーリーが隠されていて、感情の起伏が激しくなる物語です。

読書をする場所にはご注意を。

第3位「さまよう刃」

少年犯罪を題材にした物語です。

娘を殺された父親が起こす事件です。
東野圭吾作品はキャラクターへの感情移入が半端ないということです。

本の中の出来事なのに、「もし自分だったら?」と思わず考えさせられてしまうぐらい現実に寄り添った作品です。
最後までハラハラさせられる作品です。

本当に泣いちゃうほど切ない物語です。

第2位「白夜行」

東野圭吾作品に初めて触れたのはこの作品、という人も多いのではないでしょうか?

本の厚みを見ると、手に取るのを戸惑ってしまう厚さです。
しかし、内容を見てみると「あ~この厚さになるわな。」と納得できるものです。

男女の関係を絡めた重たいテーマの作品は本当に感動できるし、面白いですね。

確かに一気読みすると時間かかりますね。
白夜行の続きとして「幻夜」がありますが、これは公式で続編にはなっていません。

でも「幻夜」を読んでみると、白夜行の流れを汲んでいるのが分かります。
一緒に読んで欲しい作品です。

第1位「ラプラスの魔女」

東野圭吾の最新作です。

もし、何もかもを予測できる人が殺人を犯したとしたら。
自然現象とあわせて完全犯罪ができる。

これってとても恐ろしいものです。

殺人事件がベースにありますが、その発端は医療サスペンスの一端も担っています。
東野圭吾作品には医療用語がたくさん出てきますが、そういった単語もスルスルと読めるのがすごいです。

この物語の前日譚として「魔女の胎動」という作品も発行されています。
是非、2冊同時にどうぞ!

初心者におすすめの東野圭吾作品3選

読書したいと思っていても思わず敬遠しちゃうことってありますよね。
これって読書に対するハードルが高いからだと思うんですよ。

そこで、読書初心者でも無理なく楽しめる東野圭吾作品を3つご紹介します。

初心者におすすめの文庫本①「手紙」

まずは「手紙」です。

主人公は強盗殺人犯の弟というレッテルを貼られた男性です。
犯罪加害者の家族というあまり陽の当たらない立場の人間の人生を描いています。

少し重たいテーマですが、心の琴線に触れる場面がいくつか登場すると思います。
428ページなので、文庫本としては適当な厚みです。

初心者におすすめの文庫本②「探偵ガリレオ」

こちらもドラマとして見たことあるシリーズです。

探偵ガリレオシリーズの第1作となっていて、ドラマとはまた違う印象を受けるかもしれません。
しかしそれでも、作品の中では相変わらずのガリレオ節と解決の方法が独特で、軽く(良い意味で)読めると思います。

短編集になっているので、最後まで気になって読んじゃう!!という困った事態が起こりにくくなっています。

初心者におすすめの文庫本③「パラドックス13」

これはどこでも映像化されていない作品です。

完全にSF作品で、サバイバル作品です。
ミステリーはちょっと苦手かも・・・。という人も読むことのできます。

しかも、極限状態になっている人間ドラマも読み応えが十分にあります。

東野圭吾作品でスッキリしてみませんか?

東野圭吾作品はそのほとんどがエンドマークがきちんとつけられています。
読んだ後に「嫌な気持ちになる」いわゆる「イヤミス」というジャンルの作品でもありません。

またシリーズものも多く、あなたの好きなキャラクターに出会うことができるのなら、そのシリーズを読破しよう!という意気込みも見出すことができます。

読書の楽しみ方は人それぞれです。
東野圭吾さんの作品を見て、自分に合ってるかも?と思えたら、関連作品を読んで行ってみてはいかがでしょうか?

くれぐれも読み始めの時間には気をつけて、たっぷり時間のある時に読むのをお勧めします。

以上「【2018最新】東野圭吾の小説の売り上げランキングBEST10!初心者向けにおすすめの文庫本は?」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

映画天空の蜂のキャストとあらすじをネタバレ!結末(ラスト)はどうなる?
一眼レフ福袋2018の中身ネタバレまとめ!おすすめはキタムラかヨドバシ?
とぶだけのダイエット方法と効果!おすすめのトランポリン3選!
伊坂幸太郎のおすすめ作品ランキング!過去の映画化作品の一覧も♪

[TVドラマ・映画, 生活・育児の豆知識, 雑学・面白ネタ]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ