雛人形の飾り方!五人囃子の順番やお内裏様の刀など小物について

桃の節句が近づいてきましたね。
押し入れにしまってある雛人形を出して飾ってあげなくてはいけません。

しかし、ちょっと待って下さい。
お内裏様とお雛様の場所ってどっちがどっちだったかとか、分かりますか?

五人囃子は誰が真ん中??
右大臣、左大臣が持っているのは?
三人官女は???

きちんと分かっているつもりでも、迷っちゃいますよね。
そこで今回は、雛人形の飾り方についてご紹介したいと思います。

お内裏様の刀などの小物についても詳しくご紹介します(^^)

それでは、早速、いってみましょー!(^^)/

Sponsored Link

雛人形が増えれば増えるほど複雑になる飾り方

最近では、あまり見かけませんが、でもお雛様と言えば七段飾りを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
赤い、毛氈の上に並ぶお雛様をみて、艶やかで美しいお雛様に子どもながら心を奪われたものです。

しかし、最近では、雛人形として一番多くの家庭で見かけるのは、親王飾りではないでしょうか?
親王飾りとは、お内裏様とお雛様がいて、二段目に三人官女がいると言った、スペースをとらない飾りです。

そしてもう1つ、親王飾りじゃちょっと物足りないなあ、でも七段飾りにするには場所がなあ、という人に喜ばれるのが、五段飾りです。
これは、お内裏様、お雛様、三人官女、五人囃子に加えて、お道具が並ぶちょっと豪華な感じのものなんですよ。

一般的に、この3タイプに分かれるかと思いますので、今回はこのタイプ別にどっちがどうで、何の道具か?ってことで詳しく見ていきましょう。

Sponsored Link

雛人形の飾り方!「親王飾り、5人飾りの場合」

親王飾りになると、主役のお内裏様とお雛様、そして三人官女ぐらいですので、難易度は低くなります。
最近では、ショーケースに入っている雛人形なんかも見かけますから、収納の面倒さや、メンテナンスがかからなくていい!と人気なのもうかがえます。

これはとてもベーシックな親王飾りです。
これに三人官女などが加わって、五人飾り、などと呼ばれたりもします。

場所をとらないので、お雛様のために部屋の片づけを改めてしなくてもいいところが魅力ですよね。

大体、セットとして入っているのは屏風と、親王台、ぼんぼり、桜と橘といったところではないでしょうか?

5人飾りはこちら

見ていただけると分かるように、ほとんど段が付いていないので、高さもそこまで気にせずおけますね。

では、飾り方です。

まず、全部の飾りつけて言えることですが、お内裏様は、京雛なら向かって右に置きます。
そして、お雛様は対になるように左に。

しかし江戸雛になると、この飾る位置は反対になるんです。
これには諸説ありますが、京では上座が左なので、お内裏様を向かって右に置いているんだと思います。

雛人形を買う時に、京雛か、江戸雛かということもチェックしておかなくてはいけませんね。
大体、お雛様の入っている箱に書いているとは思いますが・・・・。

もちろん二体とも、親王台という台に乗せてあげます。

お内裏様とお雛様の後ろには、屏風を置きます。
もし、三宝が付いていたら、お内裏様とお雛様の間に飾りましょう。

雛人形用三宝木目込用 三宝 B-2

雛人形用三宝木目込用 三宝 B-2
価格:2,980円(税込、送料込)

ぼんぼりは、お内裏様とお雛様のそれぞれ外側の横に置きます。
これも対になっているんですね。

桜と橘ですが、桜を向かって右、橘を向かって左に飾ります。
これは京雛も江戸雛も変わらないようです。面白いですね。

小物は、お内裏様に烏帽子をかぶせ、左手に尺を持たせます。
刀は、腰に刺してあげましょう。

お雛様は、金の冠をかぶせて、開いた扇を両手に持たせましょう。
これで親王飾りはおしまいです。

5人飾りになると、お内裏様とお雛様の一段下に三人官女を飾ります。
三人官女は、座っている官女が1人、立っている官女が2人いると思います。

順番は、座っている官女が真ん中です。
良く見ると、眉がなく、お歯黒をしているのが特徴です。

これ、既婚女性であるということを示しているんですね。
この官女には、関東風は杯が乗った三宝、京風は公家などが婚礼に飾った松竹梅の造花を乗せた嶋台を持たせます。

そして両脇にはそれぞれ、立っている官女を飾ります。
小物は、加之銚子と長柄銚子というお酒を注ぐものを持たせます。

長柄銚子・提子 松竹梅彫刻 4寸

長柄銚子・提子 松竹梅彫刻 4寸
価格:125,500円(税込、送料込)

お雛様は、婚礼を現したものですのでこうした小道具がたくさんついてくるんですね(^^)
高杯などもあると思いますが、これは三人官女の間に飾るもよし、お内裏様とお雛様の近くに飾るもよし。

ということで、座りの良いところに飾ってあげるのがイイそうですよ(^^)

雛人形の飾り方!「10人飾りの場合」

先ほどの飾りに、五人囃子が追加されたものが10人飾りです。
五人囃子は実は、江戸が発祥の地だとされています。

10人飾りになると、段数が増えてきますが、基本的に配置は同じです。

段数が増えた分、ゆったりとしていますね。

10人飾りになると、大体、3段から5段程度の飾りになると思います。
なので、桜や橘などの小物は下の段にして、お内裏様とお雛様を目立たせてあげられるのですよ。

ぼんぼりは、主役の2人を照らすライト、今でいうレフ板(笑)ですので、お内裏様とお雛様の隣で大丈夫です。

さて!
五人囃子の順番ですが、能と同じ並び順で起きます。
木目込み雛になると、雅楽師を並べることがありますので、併せてご紹介しますね。

まずは、衣装着雛のほうから。

五人囃子は向かって左から、

  • 太鼓・・・太鼓を床に置きます。手にはバチを持たせる場合もあります。
  • 大鼓(おおかわ)・・・鼓です。手に持ちます。
  • 小鼓(こかわ)・・・鼓です。右肩に持たせます
  • 笛・・・横笛です。
  • 謳い・・・楽器を持たないので、扇子を持っています。

となります。

音の大きいものから左から並べる、と覚えておきましょう。

五人囃子は、お内裏様とお雛様の前で、謳うことを許された美少年楽団なんです。
年若い顔をしているのは、子どもならお内裏様の前で動いても許されることを表しているとも言います。

では続いて、木目込み雛です。
こちらは雅楽になるので、持っているものも独特です。

順番は、向かって左から

  • 横笛・・・笛です。
  • たて笛・・・同じく笛です。
  • 火炎太鼓・・・火炎のような太鼓を中心に置きましょう。
  • 笙(しょう)・・・雅楽楽器の代表的なものでもあります、笛です。
  • 羯鼓(かっこ)・・・鼓です。両手にバチを持たせます。

となります。

木目込み雛になると、珍しいことではありますが、雅楽隊が7人の場合もあります。
その時に追加される楽器は、琴と琵琶です。
何とも風情がありますね。

場所は、琴が一番左に、琵琶は笙と羯鼓(かっこ)の間に飾ってあげるようです。

さて、ここまでで人形はおしまいです。
しかし10人飾りになると、お嫁入りの道具たちが増えてくるのも特徴ですね。

10人飾りで多く見かけたのは4段飾りのものです。

人形たちは増えますが、お道具がそこまで増えないので、スペースも取りません。

大体、4段で多く見かけるのは、御駕籠(おかご)、重箱、御所車がついてくるパターンですね。
順番は向かって左からこの順番です。

お道具の両端に、桜と橘を飾れば完成です。

雛人形の飾り方!「7段飾りの場合」

これはもう雛人形のフルセットになります。
人形の数は、全部で15体。

何とも、圧巻です。

しかし、親王飾りや5人飾りも、この飾り方を基にしていますので、7段飾りの順番を覚えていれば、どこにいっても恥をかくことはないでしょう。

まず3段目までは一緒です。
なので、4段目からご紹介しますね。

4段目に飾るもの、それは右大臣、左大臣と高杯です。
菱餅が入っていることが多いですね。
御膳などがある時は、4段目の二体の間に飾りましょう。

右大臣と左大臣ですが、どっちがどっちなのかというと、左大臣が老人で、右大臣が若者です。
小物は、左大臣が背矢と持矢
右大臣が弓矢と太刀です。

その名の通り右と左なので、右大臣が向かって左に、左大臣が向かって右に飾りましょう。

さて、続いて5段目です。
ここに来るのは誰かと言うと、仕丁です。

3人いる男性のことで、衛仕とも言います。
それぞれに雑用をしているのと、表情で飾る位置が変わります

向かって左から怒り上戸、泣き上戸、笑い上戸と飾ります。
京雛と江戸雛では持っているものが違うのも、面白いところですね。

京雛では、ほうき(怒り)、ちり取り(泣き)、熊手(笑い)を持ち、お掃除と言う下働きをすることを表しています。

一方江戸雛になりますと、台笠(怒り)、くつ台(泣き)、立傘(笑い)を持ち、大名行列の出かける準備をしている所を表しています。

また、この三人の表情は人生の苦楽を表すとも言われていますし、お嫁に行く娘の父親の心情を表しているとも言われているんですよ。
7段飾りになると、この仕丁の両端に、桜と橘を飾ります。

さて、6段目、7段目はお道具が並びます。
人形が並ぶのは5段目までなんですね。

6段目には、箪笥、はさみ箱、長持、鏡台、針箱、火鉢、茶道具を並べます。
向かって左からこの順番です。

セット内容によっては、針箱、火鉢、茶道具がなくなり、行器(ほかい)というものになる場合もあるようです。

そして最後の7段目には、10人飾りと同じように、御駕籠、重箱、御所車を飾りましょう!
これで完璧ですよ。

7段飾り、ここまで飾りつけると、これだけで疲れちゃいますよね。

一年にたった一度なんだけど

雛人形は、桃の節句が終わると競うようにして片づけなければいけないですよね。

「いつまでもお雛様を飾っていると娘がいきおくれる」
というのは昔から言われてきたことです。

出した!と思ったらすぐにしまわなくてはいけないのは、億劫にもなることかもしれません。

しかし折角の桃の節句!
初節句はしたけど、それ以外は箱の中・・・ではお雛様も泣いてしまいます。

せめて、一年に一度は出してあげて、飾るのも素敵ですよね。
ちなみに、こんな商品もありますので、虫食いなどが心配な方はこういった飾り方もいいかもしれませんね。

(P.N.オレンジ)

こちらの記事もあわせてどうぞ!

 

以上「雛人形の飾り方!五人囃子の順番やお内裏様の刀など小物について」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

五月人形を処分する一番後悔しない方法は?
スマホ老眼の症状と原因!予防対策に筋トレが効果的?子供も20代も!
母の日は孫から手作りプレゼント!子供にも簡単なカーネーションの作り方
子供のホワイトデーにかわいいお返し!手作りレシピの人気7選!

[生活・育児の豆知識]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ