映画秘密 THE TOP SECRETのあらすじをネタバレ!原作漫画の伏線も考察!

清水玲子さんを知っていますか?
白泉社という出版社を中心に、様々な漫画を描いている方です。

そんな清水玲子さんが手がけたものは「月の子」、「輝夜姫」、「WILD CAT」とどれもこれも秀逸なものばかり。
中でも「秘密ーTOP secretー」はすご~っく面白いと評判なんですよ。

そんな「秘密ーTop secretー」が2016年!
ついに映画化するようですよ!!

今回はその詳細について、詳しくご紹介しますね。
また原作にある伏線なんかもまとめてみたいと思います。

ではでは早速いってみましょー!(^^)/

Sponsored Link

映画「秘密ーTop secretー」のキャスト、大公開

原作を知っている人も、そのキャラのイメージがありますよね。
そこで、気になるのは自分のお気に入りのキャラを一体誰がやるのか?!ってことじゃないでしょうか?

そこで、今回は今までに発表されているキャストについてご紹介します。

主人公、薪剛役・・・生田斗真

原作の設定では、33歳なのにどう見ても未成年にしか見えない、ってか女性?!って間違われるほどの美貌を持っている。
更にとってもIQが高く、異例の出世をしているが、毒舌で中々人を寄せ付けない。

薪の相棒 青木一行役・・・岡田将生

新人ながらも薪の相棒として活躍する。
メガネをしており、一見冷静沈着かと思いきや、実は天然で行動力のある熱血漢。

唯一のヒロイン 三好雪子役・・・栗山千明

法医第一研究所の監察医であり、薪とも古い友人。
かつての恋人は薪の元相棒である鈴木という人物であり、鈴木を亡くしている。

映画オリジナルキャラ 眞鍋駿介役・・・大友南朋

映画、オリジナルキャラの熱血刑事。
何をどう絡んでいくんでしょうかね??

その他のキャストについてはまだ発表されていませんでした。
公開までまだまだありますからね。
早くから発表しちゃうと内容がばれちゃうのかもしれませんね~。

今回、映画のメガホンを取ったのは、大友啓史監督です。

この方、「るろうに剣心」の映画を撮った方です。
他にも「ちゅらさん」や大河ドラマ「龍馬伝」を撮ってます。

漫画の実写化には定評のある大友監督ですが、「秘密ーTop secretー」に対してはどうなんでしょうね?

Sponsored Link

実写化することへの反応

ネット上では、やはりコアなファンの人から不安な意見が多いようです。

「清水玲子はアニメ向きではないと思っていたが、実写化はもっとダメだ。
薪さんの奇跡の美貌は表現できんやろ…
人気マンガ「秘密」実写映画化!」

「秘密 トップシークレット実写映画化って今日知ったんだけど、薪さんはhydeしかいないでしょ…どう見てもhydeだよ…生田斗真ではない。
しかしhydeがやるには若いし、なによりhydeは演技力皆無だった」

薪剛のモデルは、作者である清水玲子さん曰く、hydeさんらしいです。

「秘密-トップ・シークレット-の実写版キャスト、薪さんが生田斗真で青木が岡田将生に決定というニュースを見たときの曲です。
それではどうぞお聴き下さい。
鈴木雅之で『違う、そうじゃない』」

「一巻から読み直してるけどやっぱ薪さん麗しい可愛い素敵????
そして、やっぱこれをどう見たら斗真キャスティングになるのか問いたい 斗真好きだけど違う pic.twitter.com/sGFav02ajy」

生田斗真さんが嫌いとかそういう次元の話ではないようです。

やはり主人公薪剛さんへの配役の不安が多いようです。

なんせ、この美貌ですからね!

少女マンガの実写化なんだよね?

生田斗真さんと岡田将生さん出演、しかもヒロインは栗山千明さん。
原作は少女漫画ってことは、恋愛要素があるの?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、言っておきましょう。
原作での「秘密ーTop secretー」は少女漫画なのに恋愛要素は99%ありません

中身は、といいますと、ちょっとグロイ表現もたくさんある感じのストーリーなんです。

というのも、清水玲子さん、超美麗な漫画を描かれるんですが、内容はというと、人肉食や同性愛、クローン人間、猟奇殺人など、禁忌とされるテーマを描かれることが多いのです。

中でも人肉食について描くことが多く、そのことについて聞かれると、清水玲子さんは

「みんながハッピーエンドになるなんて嘘くさい。
生き物は生き物を食べて生きるし、生きること、成長することには『犠牲』が伴うという感覚がある。
だから『人が人を食べる』ということにも他の人ほど抵抗がないのかもしれない。
むしろ犠牲を引き継いで生命を繋げていくという感覚の方が強い。
親は子のこやしであり、礎になっていくもの」

と、おっしゃっています。

独特なイメージというか感覚を持った方で、その独特の世界観が根強いファンを作っているんでしょうね。

原作ってどんなあらすじだったっけ??

このことを頭に入れていただいて、いよいよ「秘密ーTop secretー」のあらすじに行きたいと思います。

原作での「秘密ーTop secretー」は一応、完結しています。
しかし、その人気は根強くスピンオフ作品が、超ゆったりペースで連載されているんです。

続きがいつでるのか??

そんなこと、作者じゃないと分かりません!状態です(笑)

一応、完結している「秘密ーTop secretー」ですが、その内容というのは、薪剛属する「科学警察研究所 法医第九研究室」通称、第九といわれる警察組織内の部署が舞台になります。
時代は2060年と、近未来SFになっており、ここも、清水玲子さんって感じ~なところです。

その「第九」での捜査方法というのは、MRI捜査
犯罪被害者や、関係者の脳から生前の記憶を映像化することで事件を解決に導いていくという話です。

この捜査の対象になるものはどれもこれも特殊犯罪ばかり。
普通の捜査では全く効果が上がらない難事件です。

時には容疑者の脳もスキャンして映像を見ることから、中には発狂してしまう人もいます。

主人公、薪剛はとっても優秀な捜査官なのですが、ぐっすり眠れたことがない、過去に「トラウマ」を持っている、など、とても孤独な「秘密」を抱えて生きているのでした。

そんな中で次々に難事件を解決していくのですから、映画化されることになり、一体どこをどういう風にストーリー展開としてもってくるのかあな?!って思いませんか??

やっぱり薪剛の過去のことは絡めてくるかなあ、と思うんですよね。
そしてその過去に深く関わっている事件も絡んでくるでしょう。

更には、原作の中で最も重要な事件として描かれていた最後の最後の事件もきっと描かれちゃうんじゃ?!と期待しています。

でも、この辺は、大友監督のサジ加減ですので、何がやってくるのか分かりませんけどね。
どちらにしても、原作の「秘密ーTop secretー」はどのエピソードも見ごたえがありますので、どれが来ても楽しみです!(*^_^*)

原作漫画の伏線についてまとめてみましょう!

この漫画、息抜きに読もう~っと手を出すには少し難易度が高いというか、な本です。

まず貼られている伏線の数に回収するのも一苦労なんです。

そこで、まずは伏線をちょっと思いつくだけやってみて、それでもって映画にどうなっていくのか考えちゃいましょうか!

薪剛の性格

彼は33歳のクセに未成年にしか見えない、そして毒舌。人使いは荒い、恐ろしくS。キレるとなんにでもすぐ当たる。
しかしその美貌から殆どのことが許されるという鬼の警視正です。

そんな彼、過去が壮絶すぎるんですよね。

過去の出来事こそ、その人の人格を形成する上で大切なことですよね。
薪さんの過去には、鈴木という元相棒が絡んできます。

というのも、薪さんはずっとこのMRI捜査の最前線で戦ってきました。
そこに鈴木という親友でもあり、相棒でもある人物がいたんです。

MRI捜査は諸刃の剣

しかしこのMRI捜査。
非常に便利でもあり、そして捜査するものの精神を破壊してしまう危険があるという諸刃の剣の一面も持っているんですね。

鈴木が死んでしまう原因となってしまったのも、2058年に起こった「28人連続殺人事件」です。
この時、MRI捜査に臨んでいたのは薪も含め5人。
犯人は貝沼という男でした。

貝沼という男、実は以前、万引きをしたところ、若かりし日の薪さんに逮捕されそして見逃してもらっているのです。
そこで貝沼は薪さんに心を奪われてしまうのですね。

貝沼という男

その後、狂った貝沼の愛情は、薪さんに良く似た美少年ばかりを28人殺しバラバラにするという事件に発展するのです。
貝沼はもちろんこんな凶悪事件を起こせば自分の脳みそがMRI捜査にかけられると知っていました

そしてそこに薪さんがいることも知っていたんです。
その上で貝沼は拘置所で自殺。
しかもその最後には薪さんにあてたメッセージも残すという周到ぶり。

この映像を見た第九のメンバー5人は精神を破壊され、薪さんの親友でもあり、相棒でもあった鈴木は錯乱状態に陥ります。
最後は薪さん自身が鈴木に銃を撃ち、終わらせるという何とも最低なエピソードなんです。

しかも、このことから薪さんはより一層孤独になり、MRIの映像も自分一人で見るようになります。
貝沼事件のことが思い出すと(鈴木のことが主ですが)、今でも精神が不安定になってしまうのでした。

しかし!!
薪剛にはまだまだ秘密が隠されていたようで、もっと幼少期にも何かトラウマになる体験をしているようなんです。

その体験というのは作中では殆ど語られることはありませんでした。
しかし、ある事件をきっかけに、その過去が少しだけ見えてきたような場面があるんですよ。

薪剛と誘拐事件

それというのは、薪さんがある事件にかかわった時でした。

大臣の娘が誘拐されるという事件が起きます。
そこで大臣が自分の立場から中々娘の誘拐事件を解決しようと積極的に動かないところをみて、薪さんは激しくおこります。

傍目で見ているにも、すごく苦しそうにしているし、事件解決後も大臣に対してあからさまな嫌味を言ったりします。
また珍しいことに、青木にしがみついてしまったりもしていることから、薪さんの育ってきた環境というのはとても深い闇が隠されているんじゃないの?!なんて思っちゃいませんか??

この辺の「秘密」は現在スピンオフの方で描かれていますから、そちらを読んでみて全部読み終えたら明らかになるのかもしれませんね。

薪剛と青木一行

「秘密ーTop secretー」は青木という新しい相棒が第九に配置されたことから物語が始まります。

薪剛のシゴキに耐えながらも捜査をしていく青木を描いているんですが、薪剛にはそれ以上に青木に冷たく当たってしまう理由がありました。

それもまた「貝沼事件」と関わってくるのですが、ここで死んでしまった元・相棒の鈴木。
この人に青木がそっくりという事実です。

姿などは言うまでもなく、その発言の端々に鈴木と同じ匂いを感じることで薪さんは苦しみます。
詳しく描かれてはいませんが、薪さんはおそらく鈴木に恋愛感情を抱いていたんじゃないかとも思います。
ほんのり臭わせる程度ですがそれでも、そう、と分かるように描かれています。

そんな青木を傍において捜査をしていく中で、薪さんは青木もまた鈴木のように狂って自分が殺すことになってしまわないのかという不安といつも戦っているんです。

薪と、青木と、雪子

そんな中、今度は三好雪子という人物も登場してくるんですね。
彼女、鈴木の恋人で婚約者でもあったんです。
そんな雪子が青木をみて何も思わないことがありません。

密かな恋心を青木に対して抱くんです。
でも、この女性の心、なんとも複雑なんですよね!!!

青木は雪子さんに次第に惹かれていきます。
そして付き合うようにもなります。
更には婚約もしちゃいます!
しかし付き合っていく中で違和感を感じます。

それは雪子さんは自分じゃない誰かを見つめているってこと!

そうです、雪子さんは薪さんに想いを寄せているんでした。

何とも割り切れない想い

鈴木を失い、その傷をなめ合う者同士でそうなっちゃったの?と思うかもしれませんが、実はここには更に報われない恋心が隠されているんです。

鈴木がまだ生きているころ、鈴木は雪子先生の想いに気付きます。
雪子先生は実は薪さんに想いを寄せていること。

そして薪さんは鈴木に想いを寄せていることを雪子先生は気付きます。
更に鈴木は雪子先生のことを愛していることを薪さんは知っています。

この「ザ・三角関係」にはまり込んでいた3人!
その結末は鈴木の死という形で終止符を打ちますが、そこに今度は鈴木にそっくりの青木がきちゃうんですから、そりゃただじゃすみませんよね!!

女性の勘を働かせたのか、それとも雪子先生が薪さんや青木よりも1枚上手だったのか。
薪さんと青木の無自覚な相思相愛関係も見抜いちゃうんですね。

ここで雪子先生は過去を断ち切るためにも青木と付き合うのをやめちゃいます。
自分を好きな男性を振って、自分が好きな男性の恋を後押しするって一体どんな感情になっちゃうんだろう?!と思って1人切なくなりました。

是非ともこの辺は映画に絡めてほしいけど・・・無理、かなあ・・・。

貝沼はしつこい

獄中死した貝沼ですが、薪さんにメッセージを送っただけでは飽き足らず、更にもう一つの事件を起こしています。

おそらく貝沼はサイコパスだったんでしょうね。
第九のメンバーが精神を病んでいったのも、貝沼のサイコパスな過去を次々と映像として目の前に繰り広げられちゃったからじゃないんでしょうか?
MRIってどこが犯罪にかかわってる部分か分からないからその人の一生分の記憶を映像化しちゃうんですよね。
記憶にある、ないを問わず。

改めて大変な任務だなあ、と思いますよ。
いわば、他の人の秘密を抱え込んでそして黙ってないといけないんですからね。
相当強くないといけません。

未成年者だけが何かに追われるように自殺していく

そんな貝沼が仕込んでいたもう一つの事件、それは「未成年連続自殺事件」となるんです。
これは貝沼が薪さがんを苦しめるというその目的だけに少年院の少年たちに催眠術を仕込んでいたものです。

何かのきっかけで訳もなく自殺しちゃうってことですね。

この事件を通して、また薪さんは自分のことを思い出してくれるという自己満足のためだけに貝沼はしていたことでした。
本当に、しつこい(-_-)

最後で最大の事件!

「秘密ーTop secretー」史上、最後にして最大の事件が発生します。
それが「カニバリズム」(人肉食)です。

最後にこのテーマを持ってくる辺り、なんと言いますか。

まず、このテーマはもう2010 END GAMEとテーマがなっています。
つまり「あの世からのメッセージ」的なところもあるんですね。

そんな今回のエピソード、なんと青木の姉夫婦が何者かに命を奪われる!という衝撃的なところから始まります。

殺害された青木の姉夫婦の脳を見てみると、そこには真の狙いは薪さんであるという事実が浮かび上がってきます。
そこには「カニバリズム」というエピソードが関わってきます。

「カニバリズム」の秘密

その事件は、ある地震で生き残った人物がおりその人が生還したあと、

「私が生き延びたのは人肉を食べたからで、この脳の中を見てほしい」

というものでした。

そこでその映像を見たのは薪さん。
そしてその後、その映像は誰にも見られないようにしていたんです。

そんな重要な秘密を1人で抱えていた薪さんにはこれまでもいやがらせがありました。
今回の青木のお姉さんの殺害もそんな圧力が行き過ぎてしまったものでした。

そんな時、あるメンバーが第九に復活します。

復帰した同僚は、本物??

それは「滝沢」。

この男、貝沼事件で貝沼の脳をみて精神障害に陥り、療養しているはずの人物でした。
怪しんだ薪は身元を調査します。
するとやはり「滝沢」は偽物で、チメンザール軍のスパイなのでした。

は?!
なんでチメンザール?!いったいどこからわいてきた?!と思われました?

そうです。
もうこの最後の事件は、伏線の上に伏線が張られてきて何がどうなっているのか脳みそがついていかない!という状況になってしまったんです。
何故、スパイが入り込んできたのかというと、先ほどの「カニバリズム事件」が大きく関わってきます。

「カニバリズム」事件の真実

人肉食であることから危険映像として保管されてたデータでしたが、その内容は全く別のものだったんです。

そこには、ある国の王族がチメンザール軍によって虐殺される映像があるのでした。

それを公表されたら困るので、薪さんに対する圧力をかけちゃってるんですね。

最後の最後、滝沢にばけていたスパイは銃殺されちゃいます。
そして最後は、チメンザール軍に資金提供をしていたのが中国だと全世界に分からせるため、薪さんはこの捜査データを公表するのでした。

なんというか、いろんな物語が絡んできて、伏線がどうなってるのか、本当にもう分かりにくいですよね。
でも、最後の最後、ハッピーエンドとして描かれてますからそこまでの後味の悪さは感じませんよ。
是非とも、読んでほしい作品ですね。

「秘密ーTop secretー」の伏線は映画でどうなる?

こんな反応があります。

「色々伏線たっぷり巻。
相変わらず内容が濃い重い面白い。
人間の狂気や倫理を題材にした漫画は色々あるけど、設定や話の完成度がここまで高いものってなかなかない。
加えて、薪さんの魅力がハンパない。」

「秘密ーTop secretー」の魅力はその完成度の高さと、伏線ですよね。
しかもこの伏線の回収率が半端なく、謎が謎を呼ぶ物語なんだけど、後味は決して悪くない作品なんですよ。

そこで、今回、映画化されるにあたって、どこをどんな風に映画にするんでしょうか?

やっぱり、今回ネタバレしたように「貝沼事件」と「2010END GAME」は盛り込まれるんじゃないかなあと思います。
全部の漫画での伏線をタカが2時間程度の映画に全部盛り込むのは神様でも無理です。
それこそ、伏線だけの映画になっちゃいますからね。
それぐらい、濃い内容なんですよ。

だから、鈴木のエピソードとか、雪子さんが出ることから切ない三角関係!「ザ・地獄」まで描いてくれないかなあと思ってます。

作者の清水玲子先生も、こんなコメントを寄せていますよ。

「漫画はワンマンで配役から脚本まで自由に決められますが、感動するには読者の想像力を必要とします。
そんな紙の上の2次元で生まれた薪と青木、そして「秘密」の世界が今回、大友監督という希有な監督により3次元で映像化される機会に恵まれました。
大友監督の新作というだけなら単純にわくわくして待っていられるのに、そこに自分が関わってくるとなると申し訳ないような怖いような「楽しみ」+「?」な感じです。」

大友監督も実はこの映画4年前から企画していたようで、気合十分のようです!

とにかく、2016年夏公開ということでまだまだ全容はベールに包まれた状態ですが、少しずつ秘密が見えてきた時にまた新しい「秘密」を見せてくれるのかもしれませんね。
どうせなら、連続ドラマとかになんないかな~~。

あと、原作を夜中でも今すぐに、しかも安く読める方法をご紹介しておきますね。

こちらのコミックシーモアという電子書籍のサイトを使うと、書店に買いに行く必要なく今すぐに読めます。
登録は必要ですけど、Gmailなどのフリーアドレスを使っても大丈夫ですし、登録は無料です。

それと書籍で買うと730円ですけど、コミックシーモアなら635円(税抜)・・・というか、新規登録なら半額キャンペーンで318円になりますね。(キャンペーン実施期間は一応チェックしてくださいね)

※パソコンから利用される場合は、DMM電子書籍の方をおすすめしています。

(P.N.オレンジ)

以上「映画秘密 THE TOP SECRETのあらすじをネタバレ!原作漫画の伏線も考察!」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

MOZUスピンオフ大杉探偵事務所のキャストとあらすじ!香川照之のコメントも紹介
映画デスノート2016のキャストは?ネット上の予想と期待の声まとめ
映画グラスホッパーのキャスト一覧!銀髪の殺し屋の山田涼介が話題!
フラジャイル病理医岸京一郎の所見がドラマ化!原作漫画の登場人物とあらすじ

[TVドラマ・映画]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ