ハリウッドザコシショウのwiki的プロフィール!コンビ時代のネタ動画も

2016年3月6日に放送されるR-1グランプリ、決勝に勝ち上がった芸人さんたちの中で、あまり名前を聞かなかった芸人さんが何組かいますよね。
無名の芸人さんが、日の目を見る機会として、期待されるグランプリだけに、注目度も大きいんですよ。

中でも、この「ハリウッドザコシショウ」さんをご存知の方は少ないかと思います。

名前だけでもインパクトのあるこの芸人さん、一体どんな方なんでしょうか?
今回は、ハリウッドザコシショウさんのプロフィールや、芸名の由来についてもご紹介します。

Sponsored Link

ハリウッドザコシショウって誰?

名前:ハリウッドザコシショウ
本名:中澤滋紀
生年月日:1974年2月13日
出身地:静岡県静岡市
最終学歴:NSC大阪校11期生
所属事務所:SMA NEET Project

若手さんかと思ったら、2016年現在42歳、とのことです。
更に、NSCの同期にはケンドーコバヤシさんや、陣内智則さん、中川家などがいます。

どの人たちも、有名な芸人さんですよね。
(参考動画はこちら

ケンドーコバヤシさんとは、普段からも仲が良いようで、劇場では一緒に限定ユニットを組んでネタを披露したりもしているようです。

2007年10月から始まった「あらびき団」には初回からレギュラー出演していて、自分の結婚披露宴にもこの番組で仲の良かった人たちをたくさん呼んでいるみたいですよ。

Sponsored Link

ハリウッドザコシショウは事務所を転々と・・?

ハリウッドザコシショウさんも、最初はコンビを組んでいて、静岡茶っぱさんと「G★MENS」としてデビューしています。
最初は吉本興業が所属事務所だったんです。
(動画はこちら

当時出演していた心斎橋二丁目劇場がなくなり、baseよしもととして再出発した時に、一番下のランク付けになっちゃったんですね。
こうなると劇場に出るにも、オーディションから勝ちぬかなくてはいけなくなり、それなら!と2003年に東京に進出することになります。

この時、吉本興業を辞め、ワタナベエンターテイメントに所属することになりました。
しかし2002年に相方さんが芸人を辞めちゃって、これを機にピン芸人として活躍を始めるんですね。

すると事務所と、衝突してしまい、ここでワタナベエンターテイメントも辞めちゃうんですね。
で、どうしたのか?というと、3年ほどお笑いを辞めちゃったそうです。

何もしなくて、マンガを描いたりもして、出版社に持って行ってたみたいですが、ハシにも棒にも引っかからず。
今度はソニーミュージックアーティスツがお笑い部門を立ち上げた、ときき、オーディションに行き、見事合格、という事務所遍歴をお持ちなんですね。

結構、渡り鳥のように事務所を変わっていますよね。
ご自身では、これはその時の「流れ」と言っています。

事務所を変わったことに対して、

「吉本では”就業” 
ワタナベエンターテイメントでは”調整” 
SMAでは”活躍”としたいですね。」

とも語っています。

R-1グランプリで優勝すれば、もしかするとそうなるかもしれませんよね。

ハリウッドザコシショウ、ものまねのレパートリーは2兆個

どこかで聞いたフレーズですが、ハリウッドザコシショウのものまねは2兆個あるようです。
2兆1個めはなく、ぴったり2兆個。

この中からネタを選び、披露しているとのことです。

2007年から始まっている「あらびき団」には多数出演し、ネタを披露しています。
その中でも、段ボールでモビルスーツを作り、「ガンダム漫談」を披露したのは、芸人の中でも絶賛されるほど!

どうして「モビルスーツにしたのか?」というと

「漫談といえばスーツ姿だけど、間違えてモビルスーツを着てきた」

何とも、奇抜なアイデアですね(^^)

他にも、ものまねネタは多数あり、ドラクエのキャラクターのものまねはネットでも反響を呼んでいるようですよ。
その一例がこちら

128という数字が示すように、128個あります(笑)
マニアにはたまらないクオリティなのも面白いですよね。

スライムタワーというところにあえて切り込んだのが素敵です。
自分の顔写真を貼りつけるなんて、結構な力の入れようです。

ドラクエ以外にも、ご自身が好きなんでしょうね。
「ストリートファイターⅡ」の顔真似もやっていて、衝撃過ぎる、と話題になっていますよ。

確かに、衝撃・・・(^^;

R-1グランプリの優勝を逃したとしても、これだけのインパクトを残せば、「あの人、気になる!」ってことで、ブレイクしていく、という可能性もありますよね。

ハリウッドザコシショウって何が由来?

芸名に由来を求めるのも、変な話ですが、このハリウッドコシショウさんには、譲れない由来があるようなので、ご紹介します。

まずこの名前、ハリウッド/ザコシショウという区切りになるようです。
この辺にもちょっとしたこだわりを感じますよね。

芸名ハリウッドに隠された由来!

このハリウッドとは、アメリカのあのハリウッドからとったのではありません。
プロレスラー「ハリウッド・ハルク・ホーガン」からとったんですって。

この人ですね。

ちょっとビジュアルも似ているような気もしませんか?

ハルク・ホーガンは今ではヒール役のレスラーと言うイメージが強いかもしれませんが、実は最初は、善玉レスラーだったんですね。
しかし、40歳を機にヒールに転身します。

この時の衝撃を受け、自分もピン芸人になったことから、今までのザコシショウという芸名に、ハリウッドを加えた、ということらしいです。

テンガロンハットをかぶっているのは、ジョンレイフィールドというプロレスラーさんからだそうです。

芸名ザコシショウに隠された由来!

これはデビュー当時から使っている芸名なんですね。
「ザコシショウ」とは「雑魚師匠」という意味らしく、これは元相方さんに由来するようです。

高校の同級生だった相方さんは、いじめられっ子だったようです。
なので、相方さんのことをよく「おまえは、ザコの師匠だな」と言っていたようなんです。

デビューするに当たって、相方さんにこの芸名を提案したんですが、拒否され、そのまま捨てるのは惜しい!ということで自分の芸名になったようです。

ハリウッドザコシショウのR-1優勝はある?

初の決勝進出となったわけですが、このR-1グランプリで優勝の可能性はあるんでしょうか?

決勝進出者は

  • エハラマサヒロ
  • 小島よしお
  • シャンプーハットこいで
  • おいでやす小田
  • 横澤夏子
  • 厚切りジェイソン
  • ゆりやんレトリィバァ
  • とにかく明るい安村

これに、敗者復活で勝ち上がってきた上位3名が加わります

見てみると、有名な人も、そうでない人もいますよね。
過去の優勝者を見てみると、決して有名だからってだけでは優勝できてないんですよ。

このハリウッドザコシショウのように、ダークホース的な出場者が優勝することは多々あります。
ネタを知られていなければいないほど、審査員に新鮮に映り、勝ち上がる確率は高くなるんですよね。

ハリウッドザコシショウもインタビューを受けて、

「大会をかき回す自信はありますよ。
テレビでこのネタをやれたら、たぶん爆発するな、とは昔から思っていました。
今年ガーッと行かなかったら次はないな、という焦りもあります。
今回が時空の歪みの中心。
僕が選ばれたのは事件ですから(笑)。
今年で決めます。」

とコメントしています。

更に、R-1を意識して、ネタも無駄を省いて仕上げてきているようです。

「3年くらい前のネタとは全然違うんです。
より“間詰め”して、要らないところは取っているので、笑いの量は多いんだろうなと自分では思っています。」

芸歴24年の大ベテランが、どこまで活躍していくのか、とっても注目してみたいところですね(^^)

そしてもう1人の注目株、おいでやす小田さんいついてもご紹介していますので、こちらの記事もぜひどうぞ。


(P.N.オレンジ)
以上「ハリウッドザコシショウのwiki的プロフィール!コンビ時代のネタ動画も」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コロコロチキチキペッパーズのナダルの本名や名前の由来!いい声やハーフ疑惑の真相に迫る!
ピスタチオ伊地知がイケメン!ホスト時代の店の場所や私服についても【画像】
厚切りジェイソンの会社はなんというIT企業?漢字ネタの動画まとめ
エネルギー森一弥の年齢や年収などのプロフィール!さとう珠緒と破局の原因は?

[芸人]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ