ファンタスティックビーストのあらすじとキャスト!原作本やハリーポッターとの違いにも注目

ハリーポッターシリーズのスピンオフ映画が公開予定なのをご存知でしょうか?

スピンオフ映画のタイトルは「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」
2016年11月23日公開予定となっています。

一体どんな内容なんでしょう?

そこで!
この記事では、そのあらすじやキャスト、ハリポタシリーズとの比較についてお送りします。

Sponsored Link

映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」って?

舞台はハリーたちが活躍する70年前にさかのぼります。

主人公のニュート・スキャマンダーは、魔法省に務める魔法生物の研究家。
魔法生物を愛する彼は周りからは変人と言われているようです。

そんな彼はトランクに魔法生物を詰めてニューヨークを訪れます。
しかし、そこで彼はトランクの中の魔法生物を逃がしてしまいました。

それは、アメリカ魔法界とマグル界(非魔法界)を危機にさらすかもしれない一大事であり…

というストーリーになっています。

Sponsored Link

登場人物とキャストは?

気になる登場人物とキャストをみていきましょう!

ニュート・スキャマンダーって誰?

本作の主人公・スキャマンダーは、ハリポタシリーズで主人公ハリーたちが通うホグワーツの指定教科書「幻の動物とその生息地」の著者
そしてスキャマンダー自身もホグワーツの卒業生でもあります。

予告編では、魔法生物で騒ぎを起こし退学になりかけたところを一人の教師が庇ったため免れたと言われています。

その教師がダンブルドアでした。

残念ながら本作ではダンブルドアの登場はないと発表されていますが、今後の登場が期待されます。

ちなみに「幻の動物とその生息地」は静山社から出版されており、それによるとポーペンチナはスキャマンダーと結婚するようです。
二人の関係にも注目したいですね。

なんとこの本には、ハリーやロン、ハーマイオニーの落書きもあるんですよ!

幻の動物とその生息地 [ J.K.ローリング ]
価格:669円(税込、送料無料)

主人公を演じるのは?

主人公スキャマンダーを演じるのは「レ・ミゼラブル」でマリウスを熱演したエディ・レッドメーン

「博士と彼女のセオリー」ではアカデミー主演男優賞を受賞し、続く「リリーのすべて」で再びノミネートを果たした英国の実力派俳優です。

脇を固めるのは?

本編でスキャマンダーと共に主要キャラクターとなるのが、黒髪の女性・ポーペンチナ(ティナ)と小太りの男性・ジェイコブ

ポーペンチナ(ティナ)はスキャマンダーがニューヨークで出会ったアメリカの魔女であり、アメリカ合衆国魔法会議の職員でもあります。

一方のジェイコブはアメリカ人のマグル(非魔法使い)です。
スキャマンダーに出会って初めて魔法を知ったので初めて見る魔法に目を丸くさせている様子が予告編で見られます。

ハリポタシリーズを含めて初のマグルの主要キャラクターとなります。
ふつうの人間と魔法使いがどんな風に交流していくのか?これもハリポタシリーズにはあまりなかった見どころですよね。

ポーペンチナ(ティナ)を演じるのは、キャサリン・ウォーターストン

彼女は「スティーブ・ジョブズ」などに出演した女優で、今作ではヒロインの魔女に抜擢されました。

そしてジェイコブを演じるのは舞台、映画、ドラマなどで活躍するダン・フォグラーです。

このほか、

  • ティナの妹クィニー:アリソン・スドル
  • 魔法使いクレデンス:エズラ・ミラー
  • アメリカの魔法使いグレイヴス:コリン・ファレル
  • チャスティティ:ジェン・マレー
  • メアリー・ルー:サマンサ・モートン
  • モデスティという少女:フェイス・ウッド-ブラグローヴ
  • ゴブリン:ロン・パールマン

のようなキャストが発表されています。

名前だけでどのような役柄がわからない登場人物もいますが、今後の発表を楽しみに待ちましょう。

ファンタスティックビーストとハリポタシリーズの世界

本作はハリポタシリーズのスピンオフ作品であり、70年前を描いた作品です。
では、本作はハリポタシリーズとどうリンクしているのでしょうか?

ハリーポッターシリーズと大きく違うのはどこ?

本作でもおなじみの魔法や言葉が多く登場しますが、舞台はアメリカのニューヨーク
魔法省も「アメリカの」魔法省であり、この場所がキーとなるようです。

そしてもう一つ、キーとなりそうなのは「魔法使い狩り」です。
ハリポタシリーズでは聞かなかった言葉ですね。

予告編では魔法使い狩りが激化していると報道されている様子が映されています。

これはハリポタシリーズの公式ウェブサイト「Pottermore」にヒントがあるようです。

PottermoreでJ.K.ローリングが掲載した「北アメリカの魔法界の歴史」には魔法族とノーマジとの確執が描かれています。
そのあたりも物語のポイントになりそうです。

アメリカの魔法学校は登場する?

ハリポタシリーズといえば、魔法学校のホグワーツ
では本作ではアメリカの魔法学校が登場するのでしょうか?

J.K.ローリングは自身のTwitterで、

主人公スキャマンダーがアメリカの魔法学校出身の魔法使いと会うことになる

とツイートしています。

また、その学校の創立に先住民の魔法が重要であったとか。

物語にどのように関係していくのか気になりますね。

まとめ

大人気シリーズのスピンオフ作品、しかも原作者のJ.K.ローリングが脚本を執筆する本作。
アメリカの魔法界が描かれることになりますから、ハリポタシリーズとはまたひと味違った作品になるでしょう。

三部作(PART2は2018年、PART3は2020年公開予定)ということなのでこれからも目が離せません!

以上「ファンタスティックビーストのあらすじとキャスト!原作本やハリーポッターとの違いにも注目」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

サーティナインクルーズの映画公開日と登場人物まとめ!
USJよりすごい!ふしぎ発見のハリーポッターのほうきで空飛び体験inイギリス
ハリーポッター仕様のホテルがロンドンに登場!新作短編よりも気になるw
「攻殻機動隊」ハリウッドで実写化!キャストや公開日にファンの反応は?

[TVドラマ・映画]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ