パパの目にも涙?父の日のメッセージカードの例文5選!英語の文例も

父の日のプレゼントにメッセージカードは添えましたか?
たかがメッセージカード、されどメッセージカードです。

添えるだけで、貰う方も嬉しさが違います。

でも、一体何を書けば?ということで、父の日のメッセージカードに添えたい例文を5つご紹介します!
テレクサイと言う人には、英語で添えてもおしゃれでイイですよね。

Sponsored Link

伝える言葉はとにかく「ありがとう」

父の日 プレゼント おすすめ 健康グッズ 健康家電

父の日のメッセージなので、やはり伝える気持ちは感謝ですよね。
なので、大抵感謝を書きこみます。

しかし、贈る相手によっては書き方も変えなくてはいけないので、例文とあわせて誰に贈ればいいのかもご紹介しますね。

父の日のメッセージカードの例文その①

まずはこちらです。

「お父さん、いつもありがとう!
この前一緒に行った●●は楽しかった!また行こうね。

気に入ってもらえたらと思ってプレゼント選んでみました。
使ってね。」

思い出を一緒に伝えることで、親密度が高まります。
このメッセージは自分のお父さんに贈るのに一番いいのではないでしょうか

基本的に手書きで伝えるのがいいかと思います。
この機会になにか伝えたいことがあるというのなら思い切って書いてもいいですね。

Sponsored Link

父の日のメッセージカードの例文その②

続いてはこちらです。

「ささやかではありますが、父の日のプレゼントを贈らせていただきます。
日頃からありがとうございます。
心から感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願いします!」

これはよく会う義父さんに添えるメッセージとしてちょうどいいのではないでしょうか?
すぐに会える距離にいるということで、長く書く必要はありません。

父の日のメッセージカードの例文その③

更にこちらも

「ご無沙汰しております。
お父さんはお変わりありませんか?
遠方のため、なかなかお会いすることができませんが、こちらは皆元気に過ごしています。
これから暑くなりますので、身体には気をつけてくださいね。
○月にはまた会いに行きます。」

これはなかなか会えないお父さんに向けてのメッセージです。
お盆などに帰省するつもりがあるのなら、その予定を知らせておきましょう。

更に、あまり会えないので、近況を書き添えてもいいですね。
孫などがいる場合は孫の写真を添えるのも喜ばれます。

父の日のメッセージカードの例文その④

そしてこんなのもどうでしょう。

「毎日傍にいてくれて、ありがとう。
私も●●(子どもの名前)も嬉しいです。
これからもよろしくね。」

これは旦那さんに贈るメッセージとしてどうでしょうか?
なかなか恥ずかしい言葉ではありますが、感謝の言葉が綴られていますよね。

父の日のメッセージカードの例文その⑤

最後に英語での例文をいくつかご紹介します。
日本語だと恥ずかしい言葉も、英語にするとサラリ…と伝えられますよね。

「HappyFather’sDay!」

この意味は父の日おめでとう!です。
文頭にまずこれを書いておいてもいいですね。

この後に「With Love and Prayers!」とつけることで「愛と感謝をこめて!」となります。

「Thank you for Father」

これはそのまま「お父さんありがとう」です。
とにかく、感謝の気持ちを伝えるにはいい言葉ですね。

「The best father in the world on Father’s Day.」

この言葉は「世界一素敵なお父さん、父の日おめでとう。」です。
こんなこと言われたら嬉しくて、泣いちゃうかもしれませんね。

近しければ近しい人ほど照れくさいですよね

メッセージカードというのは、近ければ近いほど恥ずかしいものです。
しかし、何も添えないというよりはメッセージカードを添えて渡した方が絶対に嬉しいはず!

ということで、例文をいくつかご紹介しました。
日本語で恥ずかしいとなれば英語でも大丈夫です。

是非口に出しては言えない言葉をこの機会に伝えてみましょう!

(P.N.オレンジ)

こちらの記事もあわせてどうぞ!


以上「パパの目にも涙?父の日のメッセージカードの例文5選!英語の文例も」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

父の日2015の食べ物ギフト5選!50代60代へのおすすめのお取り寄せは?
父の日の花は何色のバラ?おすすめ花ギフトを紹介!由来や花言葉とともに
父の日の大人気プレゼント2017!花以外のギフトのおすすめは?
バレンタインの父・義父へのプレゼントの予算は?チョコ以外のおすすめについても!

[行事・イベント]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ