タレント猫あなごの年齢や事務所!出演CMから見える他猫と違うところ

画面に猫が映ると思わず、にっこりしてしまうこともありますよね。
あの独特の「ゆる~い」感じがたまらない!なんてこともあるのではないでしょうか?

中でも、猫の人気を高めたのは、タレント猫あなごではないでしょうか?!

このあなごちゃん、結構なテダレで(笑)今、大注目のタレントさんなんですよ。

あなごちゃんの年齢や事務所も気になりますが、一体他の猫ちゃんと何が違うのか?ってところも興味がありますよね。
そこで今回は、タレント猫あなごちゃんのプロフィールや出演作品など、他の猫と絶対に違うところをご紹介したいと思います。

それでは早速いってみましょー!(^^)/

Sponsored Link

タレント猫あなごちゃんって今何歳?!

このべっぴんさんが「あなご」ちゃんです。

なんでも2015年11月の情報によりますと、御歳17歳とのこと!
これって人間にすると60~70歳ってことになり、もう結構な大御所なんですね!

女優歴も11年とベテランの領域に入っております。
この貫禄と、真っ白な毛並みにメロメロになる人も多いみたいですよ(^^)

主な出演作品は、「猫侍」です。
この映画は寡黙な侍と猫の玉之丞が出会い、様々な出来事を経験していく話です。

あなごちゃんはこの玉之丞をしていて、北村一輝さんと一緒にW主演を果たしているんですよ!
もちろんあなごちゃんがヒロインで、寡黙な北村一輝さんと、あなごちゃんの癒しが話題になったんですよ(^^)

こんな風に北村一輝さんの懐に収まっているあなごちゃんってとっても安心しているようにも見えますよね。

他にもたくさんの主演作品があり、行く先々で話題を呼んでいるんですね。
あれだけ毛並みが綺麗で、清んだ瞳をしているとなると人気も頷けますね♪

所属事務所はどこ?!ってことなんですが、それについては生い立ちが関係してくるんですよ~。

Sponsored Link

タレント猫あなごちゃんの所属事務所はどこ??

実は、このタレント猫のあなごちゃん、旦那さまと、息子ちゃんがいるようです。
9年前に飼い主さんの諸事情で飼えなくなり、動物タレント事務所に預けられたのがきっかけです。

この時に、3匹一緒に預けられたようで、この時から芸能界に入ったということですね。
所属事務所は、アニマル事務所として有名な「ZOO動物プロ」というところです。

実は「あなご」ちゃんの旦那さまの名前は「たらお」
息子くんの名前は「いくら」とのことです。

なんだか日曜の夕方の香りがしてきましたね(^^;

しかしあなごちゃんの旦那さんがたらお・・・
そしてその息子がいくら・・・。

原作の設定無視な名付けですね・・・。
まあそっとしておきましょう。

最初、あなごちゃんは引っ込み思案で中々前に出れる性格ではなかったようです。

しかし、この素晴らしいルックスに「出演してほしい!」という声は尽きなかったんでしょうね。
次第にメディアに出る機会が増えたようです。

そしてあなごちゃんも、次第に経験を積み、今のツンデレな感じを確立していったんですね。

タレント猫あなごちゃんと、北村一輝の息がぴったりな理由!

実は、こんなにも「猫侍」というドラマや映画で、あなごちゃんの出番が増えたのは北村一輝さんのおかげのようです。
というのも、「猫侍 南の島に行く」という映画第2段の大ヒット御礼挨拶で分かったことなんです。

この日、もちろん主演の北村一輝さんと一緒に登場したんですが、更にもう1人!
専属トレーナーの北村まゆみさんとも登場したんですね。

そこで北村まゆみさんは、一般的に神経質と言われている白猫がなんでこんなにも楽しく撮影できたのか?!という裏話を教えて下さったんです。
それは

「北村さんはあなごを守るというスタンスを通してくださる。
あなごは絶対的な信頼を寄せています。」

とのこと。

更に

「北村(一輝)さんはネコの扱いが本当にお上手。
自然体で接してくださるので、心を許しているのがわかりました。」

だそうです。

撮影でも北村一輝さんが、あなごちゃんの出番を増やしてくれるのに一役かったようです(^^)

こんなにも全身で自分のことを守ってくれているんですから、信頼を寄せるのも分かりますよね。
そして信頼関係の強さがドラマから映画へと発展していったということではないでしょうか?!

タレント猫あなごちゃんは他にもたくさん出ています

この「大女優」の貫禄を見せるあなごちゃんですが、他にもたくさんのCMやドラマに出ているんですよ。
少しあげてみますと

<大河ドラマ>

  • 福山雅治さん主演「龍馬伝」
  • 松山ケンイチさん主演「平清盛」

<映画>

  • ねこタクシー
  • 猫侍シリーズ
  • ネコのお葬式

などなど、本当に話題作に出演していますね。

更にCMにも多数出演しているようで、実は、まねきねこダック!のCMをしているんですね!

まねきねこダックと言えば、一世を風靡したアフラックの保険CMですよね。
♪猫とアヒルが皆のしあわせを~~~~~♪
と歌っていたのが懐かしくも感じます。

あのまねきねこが「あなごちゃん」だったなんて何とも驚きではないですか?!

確かに綺麗だし、すごく可愛いですもんね。
あの頃から徐々に頭角を現し始めていたんですね。

あなごちゃんと他の猫ちゃんたちって何が違うの?

素晴らしいビジュアルを持つあなごちゃんですが、その種類って何になるのかと言いますと、ルーツは奈良時代まで遡る「和猫」ということになるようです。
日本古来の種で、格式高い感じですよね。

特徴は、毛が短く鼻筋が通っていて尻尾も短い、ということです。

確かにこうしてみると凛としている感じがしますよね。
大人っぽいというか、エレガントというか(^^)

素敵です♪

更に、あなごちゃんの性格についても他の猫とは違う!ってことで比較してみましょう!

あなごちゃんの女優たる性格!その①「内向的」

実はあなごちゃん、極度の人見知りだそうで、最初のころは撮影などに出かけてもストレスをためることが多かったようです。
猫ちゃんって元々内向的な性格が多いですよね。

中でもあなごちゃんは極度の人見知りだったようで、あまりなつかなかったみたいですね。

まあ、人見知りをするってことはそれだけ、周りの状況が判断出来て、様子をうかがうことができるってことですので、賢いんですね(^^)

あなごちゃんの女優たる性格!その②「何と甘え上手!」


他のネコちゃんたちと全く違うのは、甘え上手なんだそうです!

共演した北村一輝さんも

「こっちが呼んだ時は『別に』って感じなのに、意表を突いた時にゴロゴロンとかニャンニャンとかやるもんだから、やられちゃうんです。」

と言っています!

つまり、魔性の女なんですね!

極度のツンデレ、とも言いますが・・・(^^;

あなごちゃんの女優たる性格!その③「気分屋さん」

こんなにも素晴らしい演技を見せるのに、あなごちゃんすんごい気分屋さんなんですって!!
自分の気にいるタイミングじゃないと、台本通りには絶対に動かないそうです。

「あとは、機嫌がいい時だけ目が合うと返事をする。
こっちが何とか合わせようとしても、気が向かなかったら絶対に鳴かないですし(笑)」

やはりこれも北村一輝さんからの証言です(^^)
これだけの気分屋さんなのにこれだけ可愛がられるのは、あなごちゃんの美貌と、才能のお陰かも知れませんね★

クオリティが違う!あなごちゃんの魅力

別段、猫の代表的な性格と一見違わないように見えるあなごちゃんですが、でもやっぱりこの格式が違うんですね。
きっと。

フン!ってしちゃう時は、周りが何をいっても流されない!
そして甘えたい時は「ごろにゃ~ん」て感じで必殺スマイルを炸裂させちゃうんでしょうね♪

こんなにも「ツンデレ」の師匠のようなあなごちゃんが、皆をメロメロにするのは当然かもしれないですね(^^)
17歳に見えないという美貌の持ち主でもありますから、これからの活躍も期待したいですね。

(P.N.オレンジ)

以上「タレント猫あなごの年齢や事務所!出演CMから見える他猫と違うところ」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

長瀬智也の猫みーちゃんの種類は?微笑ましい写真やエピソード!
ドラマ怪盗探偵山猫の放送日はいつ?亀梨和也などキャストを紹介!
NEWS加藤シゲアキの実家の場所は?父親や母親やプロフィールの謎にも迫る!
ライザップの評判まとめ!リバウンドによる苦情や料金トラブル CMのやらせやうそ疑惑の真相!

[芸能人・有名人のウワサ話]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ