サーティナインクルーズの映画公開日と登場人物まとめ!

サーティーナインクルーズ」って知ってますか?
全米では知らない人はいないというぐらい有名な児童書で、子供向け「インディジョーンズ」という代名詞がつく冒険アドベンチャーなんですよ。

その、有名な児童書がこの度、遂に映画化決定!というから、楽しみですよね!!

でも、こういった物語って一体誰がどんなキャストに?!
発売日はいつ?!ってところがすごく気になりますよね。

ということで、今回は、「サーティーナインクルーズ」の映画公開情報と、登場人物のまとめについて詳しくお伝えします。

それでは、早速いってみましょー!(^^)/

Sponsored Link

サーティーナインクルーズの映画化!

ファンは根強く、2008年9月に第1巻が発売されてから今もなお連載を続けている物語です。
2、3カ月に1巻のペースで刊行していますから、もう完結しちゃったのかな?と思いきや、2015年12月に最新刊「アトランティスの謎」が発売され、まだまだ連載はとどまるところを知らないようです。

コンスタンスに翻訳版も発売されているので、長く安心して読める物語なんですよ。

もともと、こどもがはまって読んでいたのに、いつの間にか自分がはまって読んでる、なんていうファンの人も少なくないんだとか。
確かに、これだけ長期連載になると、そうなってくるかもしれませんよね。

そんな息の長い物語が映画化になったというのですから、ファンならずも期待が高まりますよね!
しかも、映画の権利を勝ち取ったのは、どうやら「あの人」らしいんですよ。

Sponsored Link

サーティーナインクルーズのプロデューサーは、スピルバーグ監督!

SFアドベンチャーと言えば、この人をおいてほかにはいませんよね。
第一人者と言っても過言ではありません。

「E.T.」「ジュラシックパーク」「バックトゥーザフューチャー」・・・
USJってほとんどスピルバーグ監督作品じゃないの?!ってぐらいのラインナップ!

もう数え上げるときりがないほどのヒット作を生み出している巨匠です。

実は、この「サーティーナインクルーズ」の映画化の話は、何も今回が初めてではないんですね。
これだけ魅力的な作品ですからね。

引く手あまたです。
でもここまで映画化にこぎつけられなかったのには、理由があるようですよ。

サーティーナインクルーズの権利はドリームワークスに・・・。

最初、映画化権はこの本が出版する前(2008年)にドリームワークスが取得しており、スティーブン・スピルバーグ監督がプロデューサーに就任することまで決まっていました。
でも、このままハイ!映画化!!にはならなかったんですね。

その後、何の理由かは明らかになっていませんが、スピルバーグ監督がプロデューサーから降り、監督として決まっていたブレッド・ラトナーさんもプロジェクトから降りました。
ブレッド・ラトナーさんとは、洋画に詳しい方ならピンとくるかもしれません。

そうでない方のために一応書いておくと「ラッシュアワー」という映画を撮った監督ですね。
ジャッキー・チェンとクリス・タッカーが出演した映画でもあります。


2人共刑事で、異色のコンビを組み、アクションを繰り広げる、という日本でもヒットした映画ですね。

しかし、このブレッド・ラトナーさんも降りちゃって、後任に決まったのは、ショーン・レヴィ監督です。
2012年に就任しており、計画は進んでいるかのように思われたんですね。

ショーン・レヴィ監督と言えば「リアルスティール」という作品で好評を博しました。
この映画の公開が2011年だったので、この好評を受けての抜擢だったんでしょうね。

しかし、この状態で数年が経ち・・・。
企画はストップ状態となっていたんですね。

サーティーナインクルーズの権利交渉は2013年ごろからユニバーサルピクチャーに?

この映画化の権利が一向に前進しない状況を見ていたユニヴァーサルピクチャーが、なんと映画の権利の交渉に乗り出したのが2013年です。
結局、この時監督に決まっていたショーン・レヴィ監督は、降板することになり、ユニヴァーサルピクチャーが買い取ると、監督も別の人物になるようです。

そして、2016年
なんと、ついにスティーブン・スピルバーグが買い取ったのだとか!!

一体何年かかってんねん!っていうツッコミはなしにして、とりあえずの進展、良かったですね。

でも、もともとドリームワークスが持っていた権利を、こうしてスピルバーグ監督が買い取ったということは、ユニバーサルピクチャーが映画化するんですかね?

なんでも、脚本は「キャッチミーイフユーキャン」という映画の脚本を書いたジェフ・ネイサンソンが担当するかも?!っていう情報も。


この映画もスティーブン・スピルバーグ監督がプロデュースした作品でもあるので、脚本家との息もピッタリかもしれませんね。

ということで、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化権を獲得したようですが、どうやら映画をどこから配給するのか?
監督や、脚本、キャストは?!というのは、全て謎のまま
でした(^^;

サーティナインクルーズの映画公開日は一体いつ?!

もちろん、全てがまだ始まったばかりなので、映画の公開日も未定でした。
そこで!!

公開日予想!

してみましょう(^^)

まず、プロデューサーのスティーブン・スピルバーグ監督。
彼は何と最近の映画界のニュースで頻繁に登場しています。

というのはこちら!

♪パーンパラッパー! パーンパパー! パーンパラッパー! パパラララ~♪
有名すぎるメインテーマが聞こえてきませんか?

インディジョーンズが返ってくるんですって!
しかも2019年に。

英語がお得意な方はこちらをどうぞ

どうやら、かつての名コンビ、ハリソン・フォードさんとスティーブン・スピルバーグ監督が再びタッグを組むようです。

ということで、多分今現在、スティーブン・スピルバーグ監督は、「インディジョーンズ」の製作につきっきりだと思いますので、サーティナインクルーズの公開は、2019年より後!ということになるのではないでしょうか?

ファンにしてみれば、本当に長い長い遠距離恋愛をしているようなものですが、きっと素晴らしいでき上がりになると信じて、待ちましょう!!(^^;

サーティナインクルーズの登場人物まとめ!

では、今度は原作の方に目を向けてみましょう。

長く続いている物語と言うのは、それだけで登場人物も増えます。
記憶に新しい所で言うと、「ハリーポッター」がその代表例ではないでしょうか?

やはり、シリーズが増えていくにつれて新しい登場人物が出てきますし、自分のお気に入りのキャラとか、途中でいなくなっちゃったりしませんでしたか?(T^T)

そこで!
今回は魅力的過ぎるサーティナインクルーズのあらすじと、登場人物をまとめてみます!

サーティーナインクルーズのあらすじ

公式サイトに行ってみますと

「世界で最も、強大な力を持ち、歴史を操ってきたケイヒル一族。
一族の力の秘密は、”39の手がかり(サーティーナインクルーズ)”に分けられ世界中に隠された。

ケイヒル一族の女家長であるグレースが、謎の遺言を残して死んだ。
それは『この39の手がかりを探し出したものは世界を支配できるほど強大な力を手に入れることができるだろう』と。

エイミーとダンは、このまま遺産の2億円を手にして終わらすか、この「39の手がかり」を探し出して強大な「何か」を手に入れるかの選択を迫られるのです。
祖母の遺言を信じたエイミーとダンは『39の手がかり』を探す冒険レースに参加することになるのです。」

とあります。
つまり、この39の手がかりを探し出すことで、この大きな一族の謎を解き明かすことができるってことなんですね。

ということは、必然的に完結するのは39巻ってことになるんですね~
2016年3月現在、最新刊は21巻ですので、まだまだ楽しめそうです(^^)

サーティーナインクルーズの登場人物!

この、素晴らしい物語を彩るキャラクターたちは、どうなっているのでしょうか?!
少しだけご紹介しますね。

主人公!ケイヒル一家の末裔で孤児、エイミー

主人公の1人であるエイミーです。
エイミーはもう1人の主人公、ダンのお姉ちゃんでボストンの高校に通う16歳です。(最新刊では)

もともとは内気な性格でしたが、「39手がかり集め」に参加していくうちに自信をつけ、ケイヒル一族の当主として自覚に目覚めます。
中でも得意なのは文献調査です。

主人公!ちょっとドジな弟、ダン

好奇心旺盛な13歳!(最新刊では)
驚異的な記憶力で、「39手がかり集め」の勝利に貢献します。

姉と共に、孤児でありレースに参加しています。

ケイヒル一家の女家長、グレースケイヒル

ケイヒル一家の前当主。
二年前、「39手がかり集め」のレースを指示して、この世を去ります。

謎の力を秘めた、金の指輪を孫のエイミーに託して、遺言を残しました。

グレースの弟!フィスク・ケイヒル

ケイヒル一族を和解させたいという、グレースの遺志を引き継ぐ。
現在は、エイミーとダンの後見人。

ウィリアム・マッキンタイア

グレースの盟友で、弁護士。
グレース亡き後は、彼女の遺志を継ぎ尽力を尽くします。

ネリー・ゴメス

エイミーとダンが姉のように慕う人物。
2人の後見人をしている。

パンク音楽と料理が好き。
22歳。(最新刊)

他にも、たくさんのライバルや、協力者が登場するんですが、この辺は書いちゃうとネタバレになっちゃうので、このくらいにしておきましょうか。
児童書とは思えないほど、ライバルの裏切りや策略が張り巡らせれていて、本当に大人が読んでも読みごたえがあるんですよ。

サーティナインクルーズの魅力!一巻ごとの内容の濃さ!

この作品、特徴的なのは、1巻ごとに作者が違うんですね!
なんと、この物語!アンソロジー形式なんです!!

すごいですよね。
でもだからこその刊行ペースなのかもしれませんが。

何人かの作家さんがぞれぞれ、続きを受け取って、物語を続けていくということなんですね。

なので舞台も違えば、テーマも違ってきます。
大体1巻ずつに1人、偉人に関するテーマが隠されていたりもするんですね。

ということで、これまでの偉人たちの登場をご紹介しましょう!

サーティナインクルーズ、1~21巻までの作者と、偉人一覧!

巻数 作者 舞台 登場する偉人
1 リック・ダイアオン ボストン⇒フィラデルフィア⇒パリ 科学者ベンジャミン・フランクリン
2 ゴードン・コーマン オーストリア⇒イタリア、ヴェネチア 音楽家モーツァルト
3 ピーター・ルランジス 日本⇒韓国 戦国武将豊臣秀吉
4 ジュード・ワトソン エジプト
5 パトリック・カーマン エジプトカイロ⇒ロシア
6 ジュード・ワトソン ロシア⇒オーストラリア
7 ピーター・ルランジス 南アフリカ
8 ゴードン・コーマン 中国
9 リンダ・スー・パーク カリブ海 女海賊
10 マーガレット・ピーターソン ハディックス ロンドン⇒なぞの島
11 リック・リオーダン
12 ゴードン・コーマン
13 ジュード・ワトソン
14 ピーター・ルランジス サマルカンド
15 ローランド・スミス ドイツ
16 リンダ・スー・パーク
17 デヴィット・バルダッチ ギリシア 科学者アルキメデス
18 デヴィット・バルダッチ
19 ジュード・ワトソン
20 ジュード・ワトソン アイルランド
21 ジェフ・ハーシュ アトランティス

ということで、現在この物語、第3部を進行中のようです。
19巻から第3部になっていて、この物語の中で主人公たちも成長してるんですね。

しかし、偉人にまつわる物語なのに・・・あまり調べることができませんでした(^^;
すみません。
補足していただける方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

壮大なサーティーナインクルーズ

これだけの大きな物語ですから、きっと映画化するんならシリーズ物でしょうね。
第1部・第2部・第3部と冒険の目的も変わって行きますから、まさにハリウッド的内容ではないでしょうか?

ちなみに、こんなファンサイトも見つけました!

サーティナインクルーズフリークならぜひとも、試してみて、あなたのハマリ度を試してみてもいいですね(^^)

(P.N.オレンジ)

以上「サーティーナインクルーズの映画公開日と登場人物まとめ!」をお送りしました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

のび子ちゃん・幻の最終回などドラえもんパロディ漫画・動画まとめ
サンジが死んだ?死亡説をワンピース807話から811話までの流れで考察!
ワンピースのサンジの正体は天竜人?手配書や手紙の伏線からネタバレ!
バガボンド最終回のネタバレ予想?今後の展開を井上雄彦の発言から読み解く

[TVドラマ・映画]

Sponsored Link

この記事はいかがだったでしょうか

もし当記事を少しでも楽しんでいただけたなら、
以下のソーシャルボタンで記事を共有していただければ、大変ありがたいです!

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

horisagenuu

こんにちは。なぞの掘り下げ人NUUです。関西で生まれ育ち、できることなら一日中笑って生きていたいオス。
芸能やら流行りものやらインターネットやら祭りやら美味しいものが大好きで、気になったことは「もう一歩!もう一歩踏み込んで知りたい!」と思う性質です。
このサイトでは、特に多くの人に興味を持ったもらえそうなトピックを取り上げ、「正確な情報をわかりやすく!」そして「ときおりバリバリ個人的な意見を交えながら」お送りしますので、お楽しみください♪

ランキング参加してます


人気ブログランキングへ

面白い記事があれば、ぜひクリックをお願いします!
登録ブログランキング

このページの先頭へ